2020年4月 4日 (土)

コスモス寺花だより

「般若寺は 端近き寺 仇の手を
逃れわびけむ 皇子し思ほゆ」

森鷗外(『奈良五十首』所収)

*皇子=大塔宮護良親王(1308-1335)のこと。
般若寺には、宮様が追っ手の危難を遁れられた
大般若経の唐櫃が遺ります。
また、追善の供養塔(五輪塔)が建てられ、
御位牌が奉納されてお祀りしています。

〔いま咲いている花〕

◇椿:≪見ごろ≫ 
◇桜:≪見ごろ≫
◇連翹:≪見ごろ≫
◇桃:≪見ごろ≫
◇ツルニチニチソウ:≪見ごろ≫
◇山吹:≪咲きはじめ≫

「定家(さだいえ)に手向けむ花やはつか草」

片桐良保(かたぎりりょうほ、生没年不詳、京都の人、貞門)
*はつか草=牡丹のこと。その花期がほぼ二十日間であるところからいう。
 艶麗な歌を詠んだ藤原定家の命日が二十日であるので、はなやかな牡丹の花を霊前に手向けたいものと。

〔今年のコスモス〕
・初夏のコスモス:5月下旬~6月下旬。5万本。

*只今、苗を育成中です。

・秋のコスモス:9月中旬~11月上旬。15万本。

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏のコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1185
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

(休止中)

| | コメント (0)

2020年4月 3日 (金)

コスモス寺

「般若寺は 端近き寺 仇の手を
逃れわびけむ 皇子し思ほゆ」

森鷗外(『奈良五十首』所収)

*皇子=大塔宮護良親王(1308-1335)のこと。
般若寺には、宮様が追っ手の危難を遁れられた
大般若経の唐櫃が遺ります。
また、追善の供養塔(五輪塔)が建てられ、
御位牌が奉納されてお祀りしています。

〔いま咲いている花〕

◇椿:≪見ごろ≫ 
◇桜:≪見ごろ≫
◇連翹:≪見ごろ≫
◇桃:≪見ごろ≫
◇ツルニチニチソウ:≪見ごろ≫
◇山吹:≪咲きはじめ≫

「さほ姫のかく恋草や土の筆」

山本西武(やまもとさいむ、1610-1682、京都三条の人)
*さほ姫=春の自然をつかさどる女神。佐保姫(さおひめ)。
*土の筆=つくし。

〔今年のコスモス〕
・初夏のコスモス:5月下旬~6月下旬。5万本。

*只今、苗を育成中です。

・秋のコスモス:9月中旬~11月上旬。15万本。

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏のコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1185
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

(休止中)

| | コメント (0)

2020年4月 2日 (木)

コスモス寺花だより


「般若寺は 端近き寺 仇の手を
逃れわびけむ 皇子し思ほゆ」

森鷗外(『奈良五十首』所収)

*皇子=大塔宮護良親王(1308-1335)のこと。
般若寺には、宮様が追っ手の危難を遁れられた
大般若経の唐櫃が遺ります。
また、追善の供養塔(五輪塔)が建てられ、
御位牌が奉納されてお祀りしています。

〔いま咲いている花〕

◇椿:≪見ごろ≫ 
◇桜:≪見ごろ≫
◇連翹:≪見ごろ≫
◇桃:≪見ごろ≫
◇ツルニチニチソウ:≪見ごろ≫
◇山吹:≪咲きはじめ≫

「花に来ぬ人笑ふらし春の山」

杉木望一(すぎきもいち、1585-1667、伊勢山田の人)

〔今年のコスモス〕
・初夏のコスモス:5月下旬~6月下旬。5万本。

*只今、苗を育成中です。

・秋のコスモス:9月中旬~11月上旬。15万本。

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏のコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1185
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

(休止中)

| | コメント (0)

2020年4月 1日 (水)

コスモス寺花だより


四月、卯月となりました。陰暦ではこの月より夏となります、

「般若寺は 端近き寺 仇の手を
逃れわびけむ 皇子し思ほゆ」

森鷗外(『奈良五十首』所収)

*皇子=大塔宮護良親王(1308-1335)のこと。
般若寺には、宮様が追っ手の危難を遁れられた
大般若経の唐櫃が遺ります。
また、追善の供養塔(五輪塔)が建てられ、
御位牌が奉納されてお祀りしています。

〔いま咲いている花〕

◇椿:≪見ごろ≫ 
◇桜:≪見ごろ≫
◇連翹:≪見ごろ≫
◇桃:≪見ごろ≫
◇ツルニチニチソウ:≪見ごろ≫
◇山吹:≪咲きはじめ≫

「何と世に桜も咲かず下戸ならば」

井原西鶴(いはらさいかく、1642-1693、大坂の人)

*何と世に=『伊勢物語』にある業平の歌、
「世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」による。
*下戸=酒の飲めない人。

〔今年のコスモス〕
・初夏のコスモス:5月下旬~6月下旬。5万本。

*只今、苗を育成中です。

・秋のコスモス:9月中旬~11月上旬。15万本。

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏のコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1185
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

(休止中)

| | コメント (0)

2020年3月31日 (火)

コスモス寺花だより


「ならさかのいしのほとけのおとかひに
      こさめなかるるはるはきにけり」
秋艸道人(会津八一)

(奈良坂の石の仏の頤に 小雨流るる春は来にけり)
*直筆の歌碑が般若寺境内にあります。

〔いま咲いている花〕

◇椿:≪見ごろ≫ 
◇桜:≪見ごろ≫
◇連翹:≪見ごろ≫
◇桃:≪見ごろ≫
◇ツルニチニチソウ:≪見ごろ≫
◇山吹:≪咲きはじめ≫

「耕すやむかし右京の土の艶」

炭太祇(たんたいぎ、1709-1771、江戸の人、京都へ移住)

〔今年のコスモス〕
・初夏のコスモス:5月下旬~6月下旬。5万本。

*2月に種まきしたコスモスは、無事に発芽し育成中です。

・秋のコスモス:9月中旬~11月上旬。15万本。

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏のコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1185
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

(休止中)

| | コメント (0)

2020年3月30日 (月)

コスモス寺花だより


「ならさかのいしのほとけのおとかひに
      こさめなかるるはるはきにけり」
秋艸道人(会津八一)

(奈良坂の石の仏の頤に 小雨流るる春は来にけり)
*直筆の歌碑が般若寺境内にあります。

〔いま咲いている花〕

◇椿:≪見ごろ≫ 
◇桜:≪見ごろ≫
◇連翹:≪見ごろ≫
◇桃:≪見ごろ≫
◇ツルニチニチソウ:≪見ごろ≫
◇山吹:≪咲きはじめ≫

「春水(しゅんすい)や四条五条の橋の下」

与謝蕪村(よさぶそん、1716-1783、摂津東成毛馬村に生まれ江戸に出、そして京に住む)

*春水=春の日をあびて土や石の上から立ちのぼる水蒸気のこと。

  
〔今年のコスモス〕
・初夏のコスモス:5月下旬~6月下旬。5万本。

*2月に種まきしたコスモスは、無事に発芽し育成中です。

・秋のコスモス:9月中旬~11月上旬。15万本。

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏のコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1185
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

(休止中)

| | コメント (0)

2020年3月29日 (日)

コスモス寺花だより


「ならさかのいしのほとけのおとかひに
      こさめなかるるはるはきにけり」
秋艸道人(会津八一)

(奈良坂の石の仏の頤に 小雨流るる春は来にけり)
*直筆の歌碑が般若寺境内にあります。

〔いま咲いている花〕

◇侘助:≪見ごろ≫
◇椿:≪見ごろ≫ 
◇桜:≪見ごろ≫
◇連翹:≪見ごろ≫
◇桃:≪見ごろ≫
◇ツルニチニチソウ:≪見ごろ≫
◇山吹:≪つぼみ≫

「世の中は三日見ぬ間に桜かな」
  大島蓼太(おおしまりょうた、1718-1787、信濃国伊那に生まれ江戸に出る)

〔今年のコスモス〕
・初夏のコスモス:5月下旬~6月下旬。5万本。

*2月に種まきしたコスモスは、無事に発芽し育成中です。

・秋のコスモス:9月中旬~11月上旬。15万本。

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏のコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1185
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

(休止中)

| | コメント (0)

2020年3月28日 (土)

コスモス寺花だより


「ならさかのいしのほとけのおとかひに
      こさめなかるるはるはきにけり」
秋艸道人(会津八一)

(奈良坂の石の仏の頤に 小雨流るる春は来にけり)
*直筆の歌碑が般若寺境内にあります。

〔いま咲いている花〕

◇侘助:≪見ごろ≫
◇椿:≪見ごろ≫ 
◇桜:≪見ごろ≫
◇連翹:≪咲きはじめ≫
◇桃:≪咲きはじめ≫
◇ツルニチニチソウ:≪咲きはじめ≫
◇山吹:≪つぼみ≫

「たんぽぽや荒田に入るる水の上」
  稲津祇空(いなつぎくう、1663-1733、大阪の生まれ江戸に移住、蕉門)

〔今年のコスモス〕
・初夏のコスモス:5月下旬~6月下旬。5万本。

*2月に種まきしたコスモスは、無事に発芽し育成中です。

・秋のコスモス:9月中旬~11月上旬。15万本。

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏のコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1185
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

(休止中)

| | コメント (0)

2020年3月27日 (金)

コスモス寺花だより


「ならさかのいしのほとけのおとかひに
      こさめなかるるはるはきにけり」
秋艸道人(会津八一)

(奈良坂の石の仏の頤に 小雨流るる春は来にけり)
*直筆の歌碑が般若寺境内にあります。

〔いま咲いている花〕

◇侘助:≪見ごろ≫
◇椿:≪見ごろ≫ 
◇連翹:≪咲きはじめ≫
◇桃:≪咲きはじめ≫
◇ツルニチニチソウ:≪咲きはじめ≫
◇桜:≪5分咲き≫
◇山吹:≪つぼみ≫

「一昨日(をととひ)はあの山こえつ花ざかり」
  向井去来(むかいきょらい、1651-1704、長崎に生まれ京都に移住、蕉門)

〔今年のコスモス〕
・初夏のコスモス:5月下旬~6月下旬。5万本。

*2月に種まきしたコスモスは、無事に発芽し育成中です。

・秋のコスモス:9月中旬~11月上旬。15万本。

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏のコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1185
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

(休止中)

| | コメント (0)

2020年3月26日 (木)

コスモス寺花だより


「ならさかのいしのほとけのおとかひに
      こさめなかるるはるはきにけり」
秋艸道人(会津八一)

(奈良坂の石の仏の頤に 小雨流るる春は来にけり)
*直筆の歌碑が般若寺境内にあります。

〔いま咲いている花〕

◇侘助:≪見ごろ≫
◇椿:≪見ごろ≫ 
◇連翹:≪咲きはじめ≫
◇ツルニチニチソウ:≪咲きはじめ≫
◇桜:≪咲きはじめ≫
◇山吹:≪つぼみ≫

「傾城(けいせい)の畠見たがるすみれかな」
  岩田涼菟(いわたりょうと、1659-1717、伊勢山田の人、蕉門)

〔今年のコスモス〕
・初夏のコスモス:5月下旬~6月下旬。5万本。

*2月に種まきしたコスモスは、無事に発芽し育成中です。

・秋のコスモス:9月中旬~11月上旬。15万本。

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏のコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1185
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

(休止中)

| | コメント (0)

«コスモス寺花だより