2021年10月19日 (火)

コスモス寺花だより

10・19

〔開花情報〕

◇ コスモス(秋桜):≪満開≫
「今年は背が高いですね」と、毎年来られるお客さんが口々におっしゃいます。たしかに高いものでは180㎝以上もあります。これは秋に雨が多かったのと台風をのがれたおかげでしょう。高い枝先に大輪の色鮮やかな花が咲き、たいへん見栄えのするコスモスとなっています。

「鉄柵の中コスモス咲きみちて揺る」種田山頭火
「朝夕を風のコスモス見て機嫌」鈴木真砂女

*花の見ごろは10月~11月。
・本数は15万本。
・種類は20種。

〔お茶の名産地復活をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山の一つ(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)に数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」。あめ

〔四季の花暦〕
・春:桜・山吹(4月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔お知らせ〕
*ご参詣者用駐車場のご利用について。(10月1日より)

① 入口で駐車券を受け取り、お帰りの際、係員に券をお返しください。
② 決められた時間(平日は基本的に60分、満車状態に近づくと30分)内は無料ですが、超過の場合、入場時間より2時間ごとに500円を協力金として申し受けます。
③ 駐車は80台可能ですが、満車になれば駐車をお断りしなければなりません。
(駐車場入口前の道は交通量が多く、路上に車が並ぶと危険です。休日はゆずり合いの心で、長時間駐車は御遠慮ください。) 

*団体の特別割引について
・年内は現行の団体特別割引を行ないます。30人以上2割引きです。
・来年(2022)からは団体特割引を廃止し、個人様と同等に扱います。
・秋のコスモス開花期の休日(土・日・祝)には混雑して危険なため、大型バスの駐車をお断りします。
・堂内密集を避けるため、法話・説明は致しません。
・そして将来的には、「観光バスの行かない・・・」をめざします。


| | コメント (0)

2021年10月18日 (月)

コスモス寺花だより

10・18

〔開花情報〕

◇ コスモス(秋桜):≪満開≫
「今年は背が高いですね」と、毎年来られるお客さんが口々におっしゃいます。たしかに高いものでは180㎝以上もあります。これは秋に雨が多かったのと台風をのがれたおかげでしょう。高い枝先に大輪の色鮮やかな花が咲き、たいへん見栄えのするコスモスとなっています。

「コスモスや花おとろへずみだれそめ」水原秋櫻子
「鉄柵の中コスモス咲きみちて揺る」種田山頭火

*花の見ごろは10月~11月。
・本数は15万本。
・種類は20種。

〔お茶の名産地復活をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山の一つ(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)に数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」。あめ

〔四季の花暦〕
・春:桜・山吹(4月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔お知らせ〕
*ご参詣者用駐車場のご利用について。(10月1日より)

① 入口で駐車券を受け取り、お帰りの際、係員に券をお返しください。
② 決められた時間(平日は基本的に60分、満車の状態に近付けば30分)内は無料ですが、超過の場合、入場時間より2時間ごとに500円を協力金として申し受けます。
③ 駐車は80台可能ですが、満車になれば駐車をお断りしなければなりません。
(駐車場入口前の道は交通量が多く、路上に車が並ぶと危険です。休日はゆずり合いの心で、長時間駐車は御遠慮ください。) 

*団体の特別割引について
・年内は現行の団体特別割引を行ないます。30人以上2割引きです。
・来年(2022)からは団体特割引を廃止し、個人様と同等に扱います。
・秋のコスモス開花期の休日(土・日・祝)には混雑して危険なため、大型バスの駐車は不可とします。
・堂内密集を避けるため、法話・説明は致しません。
・そして将来的には、「観光バスの行かない・・・」をめざします。

| | コメント (0)

2021年10月17日 (日)

コスモス寺花だより

10・17

〔開花情報〕
昨夜は天気予報どおりに雨が降り、暑さと乾燥で弱っていたコスモスは生気を取り戻し生き返ったようです。そしてようやく秋らしい涼しさがやって来ました。この涼しさをコスモスの花も喜ぶでしょう。

◇ コスモス(秋桜):≪満開≫

「望郷や土塀コスモス咲き乱れ」星野立子
「コスモスや花おとろへずみだれそめ」水原秋櫻子

*花の見ごろは10月~11月。
・本数は15万本。
・種類は20種。

〔お茶の名産地復活をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山の一つ(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)に数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」。あめ

〔四季の花暦〕
・春:桜・山吹(4月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔お知らせ〕
*ご参詣者用駐車場のご利用について。(10月1日より)

① 入口で駐車券を受け取り、お帰りの際、係員に券をお返しください。
② 決められた時間(本日は30分)内は無料ですが、超過の場合、入場時間より2時間ごとに500円を協力金として申し受けます。
③ 駐車は80台可能ですが、満車になれば駐車をお断りしなければなりません。
(駐車場入口前の道は交通量が多く、路上に車が並ぶと危険です。休日はゆずり合いの心で、長時間駐車は御遠慮ください。) 

*団体の特別割引について
・年内は現行の団体特別割引を行ないます。30人以上2割引きです。
・来年(2022)からは団体特割引を廃止し、個人様と同等に扱います。
・秋のコスモス開花期の休日(土・日・祝)には混雑して危険なため、大型バスの駐車は不可とします。
・堂内密集を避けるため、法話・説明は致しません。
・そして将来的には、「観光バスの行かない・・・」をめざします。

| | コメント (0)

2021年10月16日 (土)

コスモス寺花だより

10・16

〔開花情報〕

◇ コスモス(秋桜):≪満開≫

「コスモスの咲き乱るるよ旅人に」村山古郷
「望郷や土塀コスモス咲き乱れ」星野立子

*花の見ごろは10月~11月。
・本数は15万本。
・種類は20種。

〔お茶の名産地復活をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山の一つ(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)に数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」。

〔四季の花暦〕
・春:桜・山吹(4月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔お知らせ〕
*ご参詣者用駐車場のご利用について。(10月1日より)

① 入口で駐車券を受け取り、お帰りの際、係員に券をお返しください。
② 決められた時間(本日は30分)内は無料ですが、超過の場合、入場時間より2時間ごとに500円を協力金として申し受けます。
③ 駐車は80台可能ですが、満車になれば駐車をお断りしなければなりません。
(駐車場入口前の道は交通量が多く、路上に車が並ぶと危険です。休日はゆずり合いの心で、長時間駐車は御遠慮ください。) 

*団体の特別割引について
・年内は現行の団体特別割引を行ないます。30人以上2割引きです。
・来年(2022)からは団体特割引を廃止し、個人様と同等に扱います。
・秋のコスモス開花期の休日(土・日・祝)には混雑して危険なため、大型バスの駐車は不可とします。
・堂内密集を避けるため、法話・説明は致しません。
・そして将来的には、「観光バスの行かない・・・」をめざします。

| | コメント (0)

コスモス寺花だより

10・16

〔開花情報〕

◇ コスモス(秋桜):≪満開≫

「コスモスの咲き乱るるよ旅人よ」村山古郷
「望郷や土塀コスモス咲き乱れ」星野立子

*花の見ごろは10月~11月。
・本数は15万本。
・種類は20種。

〔お茶の名産地復活をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山の一つ(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)に数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」。

〔四季の花暦〕
・春:桜・山吹(4月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔お知らせ〕
*ご参詣者用駐車場のご利用について。(10月1日より)

① 入口で駐車券を受け取り、お帰りの際、係員に券をお返しください。
② 決められた時間(本日は30分)内は無料ですが、超過の場合、入場時間より2時間ごとに500円を協力金として申し受けます。
③ 駐車は80台可能ですが、満車になれば駐車をお断りしなければなりません。
(駐車場入口前の道は交通量が多く、路上に車が並ぶと危険です。休日はゆずり合いの心で、長時間駐車は御遠慮ください。) 

*団体の特別割引について
・年内は現行の団体特別割引を行ないます。30人以上2割引きです。
・来年(2022)からは団体特割引を廃止し、個人様と同等に扱います。
・秋のコスモス開花期の休日(土・日・祝)には混雑して危険なため、大型バスの駐車は不可とします。
・堂内密集を避けるため、法話・説明は致しません。
・そして将来的には、「観光バスの行かない・・・」をめざします。

| | コメント (0)

2021年10月15日 (金)

コスモス寺花だより

10・15

〔開花情報〕

◇ コスモス(秋桜):≪満開≫
コスモスの花は今が一番きれいです。赤・白・ピンク・黄色の花が秋の青空に映えて色あざやかです。今日も晴れるでしょう。

「コスモスに日の匂ひして人近づく」細見綾子
「コスモスの咲き乱るるよ旅人よ」村山古郷

*花の見ごろは10月~11月。
・本数は15万本。
・種類は20種。

〔お茶の名産地復活をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山の一つ(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)に数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」。

〔四季の花暦〕
・春:桜・山吹(4月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔お知らせ〕
*ご参詣者用駐車場のご利用について。(10月1日より)

① 入口で駐車券を受け取り、お帰りの際、係員に券をお返しください。
② 決められた時間(本日は30分)内は無料ですが、超過の場合、入場時間より2時間ごとに500円を協力金として申し受けます。
③ 駐車は80台可能ですが、満車になれば駐車をお断りしなければなりません。
(駐車場入口前の道は交通量が多く、路上に車が並ぶと危険です。休日はゆずり合いの心で、長時間駐車は御遠慮ください。) 

*団体の特別割引について
・年内は現行の団体特別割引を行ないます。30人以上2割引きです。
・来年(2022)からは団体特割引を廃止し、個人様と同等に扱います。
・秋のコスモス開花期の休日(土・日・祝)には混雑して危険なため、大型バスの駐車は不可とします。
・堂内密集を避けるため、法話・説明は致しません。
・そして将来的には、「観光バスの行かない・・・」をめざします。

| | コメント (0)

2021年10月14日 (木)

コスモス寺花だより

10・14

〔開花情報〕

◇ コスモス(秋桜):≪満開≫
コスモスの開花状態は今が一番きれいです。適度に雨が降っているので葉が生き生きしていて、赤白ピンク黄色の花の色があざやかです。

「コスモスのいよよみだるる影も添ひ」山口青邨
「コスモスに日の匂ひして人近づく」細見綾子

*花の見ごろは10月~11月。
・本数は15万本。
・種類は20種。

〔お茶の名産地復活をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山の一つ(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)に数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」。

〔四季の花暦〕
・春:桜・山吹(4月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔お知らせ〕
*ご参詣者用駐車場のご利用について。(10月1日より)

① 入口で駐車券を受け取り、お帰りの際、係員に券をお返しください。
② 決められた時間(平日60分、休日30分)内は無料ですが、超過の場合、入場時間より2時間ごとに500円を協力金として申し受けます。
③ 駐車は80台可能です。しかし、満車になれば駐車をお断りしなければなりません。
(駐車場入口前の道は交通量が多く、路上に車が並ぶと危険です。休日はゆずり合いの心で、長時間駐車は御遠慮ください。) 

*団体の特別割引について
・年内は現行の団体特別割引を行ないます。30人以上2割引きです。
・来年(2022)からは団体特割引を廃止し、個人様と同等に扱います。
・秋のコスモス開花期の休日(土・日・祝)には混雑して危険なため、大型バスの駐車は不可とします。
・堂内密集を避けるため、法話・説明は致しません。
・そして将来的には、「観光バスの行かない・・・」をめざします。

| | コメント (0)

2021年10月13日 (水)

コスモス寺花だより

10・13

〔開花情報〕

◇ コスモス(秋桜):≪満開≫
コスモスの開花状態は今が一番きれいです。昨日の雨で茎も葉っぱも濃いみどりがよみがえり、赤白ピンクの花の色があざやかになりました。

「コスモスに藍濃き衣を好み着る」三橋鷹女
「コスモスのいよよみだるる影も添ひ」山口青邨

*花の見ごろは10月~11月。
・本数は15万本。
・種類は20種。

〔お茶の名産地復活をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山の一つ(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)に数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」。

〔四季の花暦〕
・春:桜・山吹(4月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔お知らせ〕
*ご参詣者用駐車場のご利用について。(10月1日より)

① 入口で駐車券を受け取り、お帰りの際、係員に券をお返しください。
② 決められた時間(平日60分、休日30分)内は無料ですが、超過の場合、入場時間より2時間ごとに500円を協力金として申し受けます。
③ 駐車は80台可能です。しかし、満車になれば駐車をお断りしなければなりません。
(駐車場入口前の道は交通量が多く、路上に車が並ぶと危険です。休日はゆずり合いの心で、長時間駐車は御遠慮ください。) 

*団体の特別割引について
・年内は現行の団体特別割引を行ないます。30人以上2割引きです。
・来年(2022)からは団体特割引を廃止し、個人様と同等に扱います。
・秋のコスモス開花期の休日(土・日・祝)には混雑して危険なため、大型バスの駐車は不可とします。
・堂内密集を避けるため、法話・説明は致しません。
・そして将来的には、「観光バスの行かない・・・」をめざします。

| | コメント (0)

2021年10月12日 (火)

コスモス寺花だより

10・12

〔開花情報〕

昨夜から雨になりました。奈良では16日ぶりの久しぶりの雨です。今朝、境内を見回ってみると、大きな木も小さな草も生き返ったように葉が光り輝いていました。ほんとうに恵みの雨です。
コスモスは満開を迎えていますが、この雨でみずみずしい花を見せてくれるでしょう。

◇ コスモス(秋桜):≪満開≫

「コスモスの繚乱たるは景をなし」清崎敏郎
「コスモスに藍濃き衣を好み着る」三橋鷹女

*花の見ごろは10月~11月。
・本数は15万本。
・種類は20種。

〔お茶の名産地復活をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山の一つ(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)に数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」。

〔四季の花暦〕
・春:桜・山吹(4月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔お知らせ〕
*ご参詣者用駐車場のご利用について。(10月1日より)

① 入口で駐車券を受け取り、お帰りの際、係員に券をお返しください。
② 決められた時間(平日60分、休日30分)内は無料ですが、超過の場合、入場時間より2時間ごとに500円を協力金として申し受けます。
③ 駐車は80台可能です。しかし、満車になれば駐車をお断りしなければなりません。
(駐車場入口前の道は交通量が多く、路上に車が並ぶと危険です。休日はゆずり合いの心で、長時間駐車は御遠慮ください。) 

*団体の特別割引について
・年内は現行の団体特別割引を行ないます。30人以上2割引きです。
・来年(2022)からは団体特割引を廃止し、個人様と同等に扱います。
・秋のコスモス開花期の休日(土・日・祝)には混雑して危険なため、大型バスの駐車は不可とします。
・堂内密集を避けるため、法話・説明は致しません。
・そして将来的には、「観光バスの行かない・・・」をめざします。

| | コメント (0)

2021年10月11日 (月)

コスモス寺花だより

急なことですが!!

本ブログで平日の駐車は
60分無料とお知らせしていますが、
午前10時現在、80%の駐車状態になり、
このままでは収容不可となりお断りしなければなりません。

よって本日は休日並みの30分無料に変更します。

住職より

| | コメント (0)

«コスモス寺花だより