« 開花情報  満開です | トップページ | 開花情報  見ごろ・ 満開を少しこえました »

2010年10月24日 (日)

開花情報  満開です

今日は曇りから雨になりそうです。夜の「花あかり」の時分はすこし雨がありそうです、たいした雨でなければいいんですが心配です。

きのうは晴れたり曇ったりですっきりした秋晴れとは行かなかったのですが、コスモスはきれいでした。奈良は正倉院展が始まって秋本番、人出はピーク。当寺でも花まっさかりで大勢の参詣客で賑わいました。「花あかり」と「コンサート」も毎回大盛況でマリンバ演奏の方々も前回に増しての熱演でした。何回聞いても生演奏はすばらしいです。

今日の演奏は「大正琴」です。《琴雪会》の皆様5人で琴を奏でていただきます。「花あかり」では初めてのことです。楽しみですね。

そして今、「秘仏公開」も日に日に好評を博しお堂内は連日満員です。白鳳仏は勿論ですが、特にミニ仏像に人気が出ています。身の丈一寸というような小さな大日さま、華麗なきり金の衣をまとい立派な錫杖を持つ地蔵さま、金鍍金を施した金銅の観音さま、といずれも指ほどの大きさの仏たち。いずれも守り本尊、念持仏。こんなかわいい仏像をだれが祀っていたのかと想像をかきたてられます。平安宮廷のうら若き姫君か、もしくはろうたけた女房殿か、後生を願って日々手を合わせている姿がほうふつさせられます。いずれにしろ平安の世にこのような小さな仏に自らの人生を委ねていた女人がいたことがしのばれます。この秘仏公開は今日で終わる予定でしたが、続けてほしいとのご要望の声が多く、正倉院展の期間中は随時開くことにします。花と仏、どちらもすばらしき般若寺です。

〔寺宝詠句〕

・神功皇后の三韓入征図絵馬を詠める

「大絵馬に つわもの猛し 神功の」

・嵯峨天皇御真筆の勅額を

「見上げれば 門額に見ゆ 三筆や」

・旧の十三重石宝塔相輪を

「青さびし 九輪の表 み名きざむ」

〔秋桜寺句作〕

「コスモスに そっと語らう 乙女あり」

「コスモスに 露を置ける日 朝寒し」

「わっという 歓声あがる コスモスに」

「楼門の 向こうにみゆる 花と塔」

〔和歌〕

「吹きしほる 四方の草木の うら葉みえて

風にしらめる 秋のあけぼの」

永福門院内侍・玉葉

「吹きたわませる野分に、あたり一面の草木の葉裏が白々と見えて、強風の中に次第に明るくなって来た、秋の曙よ。」

Img_8841

Img_8850

Img_8853

Img_8808

|

« 開花情報  満開です | トップページ | 開花情報  見ごろ・ 満開を少しこえました »

コメント

こんばんは。アメーバでブログを書いてます。
愛知のakihitoです。先日は般若寺でどうもありがとうございました。
こちらのページもいつも、楽しく読ませて頂いています。

とても興味があった、白鳳の秘仏公開の仏さまを、正倉院展が終わる来月の11日まで見られるんですね。
とても嬉しいことでございます。
あんな小さな仏さまを、平安の時代から、ずっと今まで、大切に守られてきた人々たちの、顔が浮かばれます。命にかえてでも、仏さまを大事にしてこられた、心は、とてもすごいものと、感動いたしております。

わたくし事ですが、体調がまだ悪く、なかなかうまく動けそうにありません。
般若寺さんにまた参拝参詣させて頂きたいです。
よろしくお願いいたします。

投稿: 愛知のakihito | 2010年10月24日 (日) 19時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開花情報  満開です:

« 開花情報  満開です | トップページ | 開花情報  見ごろ・ 満開を少しこえました »