« 開花情報  見ごろ・満開は過ぎ、花は七分ていど咲いています | トップページ | 開花情報  見ごろ・花は五・六分ていど咲く »

2010年10月30日 (土)

開花情報 見ごろ・満開は過ぎ、花は七分ていど咲いています

台風14号は予想より南を通過したため奈良ではほとんど影響はありませんでした。今朝は雨、霧のような雨がしとしとと降っていました。午後からは曇りがち、まだ秋雨前線が居座っているのでしょうか。

コスモスは雨にぬれ、大きな花は重そうに下を向き、色はあざやかさを増しています。雨が上がればまた空に向かって咲きほこることでしょう。

〔秋桜寺句作〕

「宋人が 歴史を語る 笠塔婆」

「コスモスの 花たむけるや 文殊尊」

「夕焼けを 鳥の渡るか 秋桜」

「コスモスに 若返りたる 心地して」

〔和歌〕

「色かわる 木ずゑをみれば さほ山の

あさ霧がくれ 雁は来にけり」

為家・風雅

「赤に黄に、色の変る梢を見ると、佐保山の朝霧にかくれて、ああ、雁がやって来たのだなあ、そういう季節になったのだなあ、と実感されるよ。」

  さほ山=大和の歌枕、佐保山。

奈良市

北郊の丘陵。紅葉の名所。

* 佐保山は般若寺から西へ向かってなだらかに続く丘陵地で、不退寺近くで果てる奈良山の一部でもあります。そして南ふもとを東から西へ佐保川が流れます。山と川が形成する一帯を佐保の里とも言います。この地は古代の豪族大伴氏の本貫地で万葉集にも数々の名歌が残されました。また天平びとの奥津城(お墓)でもあり聖武天皇をはじめ数々の御陵が点在します。春の女神、佐保姫が住まわれるこの佐保山が紅葉の名所であったなんて、恐らく地元の人も知らないことでしょう。

Img_0209

Img_0201

Img_0223

Img_0208

Img_0219

Img_0213

|

« 開花情報  見ごろ・満開は過ぎ、花は七分ていど咲いています | トップページ | 開花情報  見ごろ・花は五・六分ていど咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開花情報 見ごろ・満開は過ぎ、花は七分ていど咲いています:

« 開花情報  見ごろ・満開は過ぎ、花は七分ていど咲いています | トップページ | 開花情報  見ごろ・花は五・六分ていど咲く »