« 般若寺水仙:12月~2月 | トップページ | 花だより  11・26 »

2010年11月25日 (木)

般若寺水仙:12月~2月

きのうから境内の土起こしを始めました。コスモスの生えていた花壇をスコップで掘り返します。土の上下をひっくり返すのを農家では天地返しと言うそうです。土に空気を入れて柔らかくするのと草の根、とくにドクダミとヤブカラシの根を抜き取るのが目的です。耕運機で掘り返してもいいんですが草の根が千切れて土の中に残り、翌年は数を増やしてはびこるのです。だから少しずつでも人手でやったほうがうまくいくのです。春まで時間はたっぷりありますからゆっくりじっくりやります。これをすると体は温まるし、手足の筋肉が丈夫になります。ちょっと腰に来ますけど冬場のいい運動、健康法です。寺では童謡にある「モグラのとうさん道普請」と言われています。

「水仙が 般若寺の冬 きわだたす」

〔俳句〕

「咲くままに 水仙畦に 乱れたり」  高浜年尾

「水仙は 水仙のみを 挿したしや」  大橋敦子

「野水仙 神にゆるされし ごとひらく」 長尾康子

〔和歌〕

「もずのいる まさきのすゑは 秋たけて

わら屋はげしき 峯の松風」

定家・風雅703

「鵙のとまっている、まさきの枝先は秋深い風情になって、藁屋根の貧しい家に、激しく峯の松風が吹きおろす。」

〔釈教歌〕

「人しれず 法にあうひを たのむかな

たきぎつきにし あとに残りて」

藤原忠通・玉葉2643

「人しれずひそかに、真実の仏法にめぐり遇う日が来る事を願うことだ。釈尊が入滅なさった後に残ったわたしは。」

Img_2028

第一番 那智山 青岸渡寺 如意輪観音↑

Img_2037

Img_2039

 

|

« 般若寺水仙:12月~2月 | トップページ | 花だより  11・26 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 般若寺水仙:12月~2月:

« 般若寺水仙:12月~2月 | トップページ | 花だより  11・26 »