« 般若寺 春の花だより   4・13 | トップページ | 般若寺 春の花だより   4・15 »

2012年4月14日 (土)

般若寺 春の花だより   4・14

◎桜、椿: ≪満開≫

・レンギョウ、黄水仙、桃、グミ、ツルニチニチ草 ≪満開・見ごろ≫

◎山吹: 黄色一重咲 ≪五分咲き≫

     黄色八重咲、白山吹 ≪咲きはじめ≫

・シャガ、紫雲ラン、牡丹、桜草、などは4

・矢車草、鉄線、空木、黄菖蒲、などは5

・山アジサイ、早咲コスモス、アジサイ、などは6

*朝から雨です。花散らしの雨でないことを願います。

本日、午後2時半から「若草公民館」で「佐保川診療所」の集いで講演を依頼されました。地元の方が中心ですので身近な「佐保川地域の歴史と文化財」という題でお話しさせていただくことにしました。以下に話の内容とするメモを記します。

この地域は日本でも有数の長くて豊かな歴史と文化財を秘めています。

[ふる里の山、河、道に歴史あり]

・山―若草山、三笠山、春日山、

奈良山:佐保山、多聞山、黒髪山、

文殊山、北山、

・河―佐保川、吉城川

・道―京街道(東京極路、山の辺道の延長)、

佐保路(一条通)、二条大路(平城京の朱雀門へ通ず・油留木、鍋屋)

伊賀・伊勢道(般若寺から東へ)、梅谷道(浄水場のある平野から北へ)

・坂道―奈良坂(般若坂、千坊坂、東の坂、大日坂)

・東大寺の門―南大門、西大門(二条大路門、正門であり最大規模)、中御門(焼け門)、転害門(一条大路)、北御門

・町―東大寺門前七郷(中世東大寺境内と門前町の町衆による自治組織)

・町名地名:鼓阪、雑司、今在家、手貝、北御門、川上、雑司、油蔵、伴墓、水門、押上、今小路、中御門、川窪、包永、笹鉾、後藤、油留木、今在家、東の坂、興善院、般若寺、奈良坂、中の川 など 

・新しい町:青山、奈保、飯盛、

・学校―鼓阪小学校(東大寺尊勝院跡、坂は正倉院の敷地内にあり)

若草中学校(多聞山城跡、聖武天皇・光明皇后陵を含んでいる

―眉間寺跡、多聞町、呉竹町)

[歴史文化遺産]

・国宝:東大寺転害門、正倉院、般若寺楼門

・重要文化財:奈良女子大建築、般若寺建築と仏像、工芸、文書、

西福寺仏像 五劫院仏像、

・奈良県・奈良市指定文化財:奈良豆彦神社、氷室神社、手向山八幡社、

・未指定:奈良少年刑務所、佐保川石橋、祇園社、吉城川川床石敷き、

旧水道局計器建造物、女子大前旧交番、

・古典文学:万葉集、保元物語、平家物語、太平記、

・近現代文学:宮本武蔵(吉川英治)、平城山を越えた女(内田康夫)、

奈良五十首(森鴎外)、南京新唱(会津八一)、

・史跡:多聞城址、佐保山陵、奈保山陵、北山十八間戸、

〔短歌〕

「恋ゆゑに 人をあやめし たをや女の

墓ある寺の 紅梅の花」

木下利玄・銀

〔俳句〕

「一花だに 散らざる今の 刻止まれ」林翔

〔和歌〕

「のどかなる いりあひのかねは ひびきくれて

をとせぬ風に 花ぞちりくる」

前参議清雅・玉葉259

「のどかな入相の鐘の音は、夕暮の空に静かに響きつつ消えて行き、音もせぬ風に誘われて、一ひら二ひら、花が散って来る。」

・ひびきくれて=鐘の音が響く中で、次第にあたりが暮れて行く情景。

Img_8093

Img_8051

Img_8102

|

« 般若寺 春の花だより   4・13 | トップページ | 般若寺 春の花だより   4・15 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 般若寺 春の花だより   4・14:

» ケノーベルからリンクのご案内(2012/04/15 08:44) [ケノーベル エージェント]
奈良市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2012年4月15日 (日) 08時45分

« 般若寺 春の花だより   4・13 | トップページ | 般若寺 春の花だより   4・15 »