« 般若寺 水仙花だより  2・14 | トップページ | 般若寺 水仙花だより  2・16 »

2013年2月15日 (金)

般若寺 水仙花だより  2・15

 

◎水仙: ≪満開≫ 

・開花:2月~3月上旬

寒さのため開花が遅れました。

今が見ごろです。

・球根の数:1万~2万 

 

*雨。本日予定されていた「奈良ボランティアガイドの会」の作業奉仕が雨のため中止になりました。来週に延ばされたようです。昨年も同会によるご奉仕があって大助かりでした。30人ほど来られるので何をしていただこうかと思案しますが、今ちょうどコスモスの苗床プランターをならべる準備をしているので、それをしていただこうと思います。千鉢ありますから一仕事です。ならべた後、種まき培養土を補充する仕事もあります。こちらは急ぎませんのでまた後日にでもできます。この苗床を実際に使用するのは5月中ごろですからそれまで雨にあてて腐葉土をなじませておきます。いよいよコスモス寺のシーズン始動です。

 

〔短歌〕

「泊る町へ 春日夕づき 未だつかず

        だまりこくりて 歩く久しさ」

          木下利玄・一路

〔俳句〕

「生花の 留めの水仙 灯に匂ふ」鵜飼紫生

〔和歌〕

「けふよりは 君にひかるる ひめこ松

いく万代か 春にあふべき」

   後法性寺入道前関白太政大臣(九条兼実)・玉葉13

「入内の今日からは天皇の御愛情に包まれる私の愛娘よ。〈君にひかれて万代や経む〉の古歌のように、何万年のめでたい春に逢うことだろうか。」

・ひめこ松=姫小松。兼実の娘任子(宜秋門院)をたとえる。

・参考:「千歳まで限れる松も今日よりは君にひかれて万代や経む」(拾遺24、能宣)

 

*『平家物語』を読む。

「老馬」の段、

「 武蔵坊弁慶老翁を一人具してまいりたり。御曹司〈あれはなにものぞ(その老人は何者か)〉と問はれければ、〈此の山の猟師で候〉と申す。〈さては案内し(知)ッたるらん、ありのままに申せ〉とこその給ひけれ。〈いかでか存知仕らで候べき〉。〈是より平家の城郭一谷へおとさんと思ふはいかに〉。〈ゆめゆめかなひ候まじ(とても不可能でしょう)。三十丈の谷、十五丈の岩さきなンど申すことろは、人のかよふべき様候はず。まして御馬なンどは思ひもより候はず〉。〈さてさ様の所は鹿は通ふか〉。〈鹿はかよひ候。世間だにも暖かになり候へば(世の中が暖かになりさえすれば)、(途中の山が険しかろうと)草の深いに伏さうどて、播磨の鹿は丹波へ越え、世間だに寒うなり候へば、雪の浅きには(食)まうどて、丹波の鹿は播磨の印南野(ゐなみの、兵庫県印南郡付近の平野)へかよひ候〉と申す。御曹司〈さては馬場ござむなれ([にこそあるなれ]から変化。ちょうどよいうまのれんしゅうじょうだ)。鹿のかよはう所を馬の通はぬ様やある。やがてなんぢ(ほかの者でなく、おまえ)案内者仕つれ〉とぞの給ひける。此の身は年老いてかなうまじゐ由を申す。〈汝が子はないか〉。〈候〉とて、熊王といふ童の、生年十八歳になるをたてまつる。やがてもとどりとりあげ(もとどりは頭髪を頭の上で束ねた所。元服によってまげに結う)、父をば鷲尾庄司武久と名のらせ、先打ち(馬に乗って先頭に立つこと)せさせて案内者にこそ具せられけれ。平家追討の後、鎌倉殿に仲違うて、奥州でうたれ給ひし時、鷲尾三郎義久とて、一所で死にける兵物(つはもの)也。」

 (この段終わり)

 

*秋艸道人、会津八一先生の歌集より、奈良愛惜の歌。

『山光集』

〈大仏讃歌 昭和十八年三月〉

「あまたらす おほきほとけを きづかむと

         こぞりたちけむ いにしへのひと」

『鹿鳴集』

〈南京新唱 奈良坂にて〉

「ならさかの いしのほとけの おとかひに

         こさめなかるる はるはきにけり」

〈同 東京にかへるとて〉

「あをによし ならやまこへて さかるとも

         ゆめにしみえこ わかくさのやま」

〈同 東京にかへりて後に〉

「ならやまを さかりしひより あさにけに

         みてらみほとけ おもかげにたつ」

 「夢にまで見える若草山」「面影にたつ御寺御仏」はいつまでもたいせつに残しておきたいものです。

 

*今、若草山の北麓、浄瑠璃寺や正倉院、東大寺、春日山に近い「中ノ川・東鳴川」に奈良市のごみ焼却場を建設するというとんでもない計画があります。ここに焼却場ができ、高い煙突から煙が吐き出されることになれば、日本の宝、世界の宝である神聖な古都の風景と文化財が破壊されます。

悠久の大和、奈良の山々は日本人の心のふるさと、国のまほろばです。

 

「やまとは 国のまほろば たたなづく

青垣やまごもれる やまとしうるはし」

  日本武尊(やまとたけるのみこと)・古事記

 

この問題を詳しく知りたい方は、

ホームページ『奈良市クリーンセンター建設計画に関する課題について』をご覧ください。本計画の問題点が的確にまとめられています。

Img_1908_2

Img_1907_4

|

« 般若寺 水仙花だより  2・14 | トップページ | 般若寺 水仙花だより  2・16 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 般若寺 水仙花だより  2・15:

« 般若寺 水仙花だより  2・14 | トップページ | 般若寺 水仙花だより  2・16 »