« コスモス寺花だより 8・31 | トップページ | コスモス寺花だより 9・2 »

2015年9月 1日 (火)

コスモス寺花だより 9・1

秋のコスモス:

≪見ごろ・五分咲き≫

今日から9月、長月になります。秋桜であるコスモスは、涼しさのせいか2週間早く咲き出しました。また秋雨のため背丈は15メートルに達しています。

・花の時期:9月~11月上旬 

・種類:センセーション、シーシェル、サイケ、ベルサイユなど30品種。秋咲き種と四季咲き種があります。

・花数:15万~20万本(今年は例年に比べ多く植えました)

・花のピーク、満開は9月下旬から10月中旬ごろ

・花と灯りと音の祭典「コスモス花あかり」は1017日(土)と18日(日)午後5時から7時まで。

〇ヒツジ草:≪見ごろ≫

〇秋海棠(しゅうかいどう):≪満開≫

〇百日紅(さるすべり):≪満開≫

〇紫苑(しおん):≪つぼみ≫

〔俳句〕

「日ぐらしや 急に明(あかる)き 湖(うみ)の方」一茶

・訳:日ぐらし蝉が鳴き始めたよ。急に明るくなった湖の方で。

〔秋艸道人会津八一歌集『鹿鳴集』。奈良愛惜の名歌〕

〈東大寺〉

「おほらかに もろてのゆびを ひらかせて

       おほきほとけは あまたらしたり」

(おおらかに諸手の指を開かせて 大き仏は天照らしたり )

〈西大寺〉

「まがつみは いまのうつつに ありこせど

       ふみしほとけの ゆくえしらずも」

(邪つ神は今の現に在りこせど 踏みし仏は行方知らずも)

・まがつみ=四天王の踏む邪鬼。西大寺四王金堂には奈良時代に称徳女帝が造顕された銅製の四体の邪鬼像が残る。残念ながら四天王は焼失したため後世の作である

*来年(西暦2016年平成28年)は真言律宗の祖師、忍性菩薩(にんしょうぼさつ)の生誕800年、信空慈眞和尚(しんくうじしんわじょう)の没後700年に当たります。お二人は叡尊師の高弟。忍性さんは鎌倉極楽寺に、慈真信空さんは西大寺奥ノ院に御廟塔があります。どちらも菩薩行に生涯をささげられた高僧です。

*興正菩薩の御教誡

「たとい我をころし打つものありとも、痛きばかりを忍んでにくむ心あるべからず。たとえば幼き子の手をのべて、母を打つにこれを喜ぶがごとし。菩提心もまたしかるべし。愚癡無慙のものありて打ち罵るとも、かえりてこれをいとおしくすべし。」

・菩提心=悟りを求めて修行し、自己を高めようとする心。無上道心。発菩提心。

・愚癡=愚かで道理が判らないこと。

・無慙=残酷なこと。

《真言律宗の祖、叡尊(えいそん)興正菩薩一代記を読む》522

『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』

(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)

『興正菩薩講式』(こうしょうぼさつこうしき)

教興寺比丘阿一 謹んで之を草す

◆第三に。万行一門(まんぎょういちもん①)の徳とは。菩薩朝夕の諺(ことわざ)に云う。仏は一音を以って法を演説したもう。衆生は類に隨って各(おのおの)解を得(②)。常に屢(しばしば)之を言う。上は上根上乗の徒より、下は下根下智の輩に至るまで、毫釐(ごうり③)も之を隔てず。繊芥(せんかい④)も之を捨てず。是の故に七十二人(⑤)の僧尼は老いも少(わか)きも入壇灌頂の素懐を遂ぐ。

 

 万行一門=一切の行は一つの同じ法門にある。

 仏は~解を得=維摩経仏国品に出る文。

 毫釐=きわめて小さい数量。

 繊芥=細かいちり。

 七十二人=伝法灌頂を授けた人数。比丘六十四人、比丘尼六人、院家二人。

(つづく)

 

《古都奈良と浄瑠璃寺・岩船寺の文化財、歴史的自然環境を守るために》

日本全国の古都奈良を愛する人たちは、奈良市クリーンセンター(ごみ焼却場)を「中ノ川・東鳴川」地区に建設することに反対しています。

*奈良市クリーンセンター建設計画の問題点

1.奈良市クリーンセンター建設計画について、現環境清美工場からの排ガス等による科学的に立証される健康影響がなかったこと、公害調停に至る経過と公害調停自体に問題があること、候補地選定過程において歴史的・文化的遺産の保全等についての重要な議論がいっさいなされていないこと。

2.平安期の高僧、中ノ川実範(じつはん)上人開基の中川寺成身院跡など中ノ川地域の歴史的文化的、及び宗教的観点からの重要性を認識せず、その保全を全く考慮していないこと。

3.石仏の里として有名な当尾、平安時代の浄土式庭園(特別名勝及び史跡)、九体阿弥陀仏堂(本尊九体仏と本堂ともに国宝)、三重塔(国宝)など多数の国宝重要文化財を有する浄瑠璃寺、平安時代の丈六阿弥陀仏(重文)、木造三重塔(重文)、石造十三重塔(重文)、石龕不動明王(重文)など豊富な文化財を残す岩船寺を保存し後世に伝えるためには、周辺の自然生態系を含め、焼却施設からの有害ガス等による影響からこれらを保全する必要があること。

❍奈良市クリーンセンター建設予定地に隣接する当尾地区、数百メートルの距離にある浄瑠璃寺・岩船寺は、京都府の条例で「歴史的自然環境保全地域」に指定され、大切に保護されています。かつてこの地は南都仏教の奥ノ院的な聖地で山間修行の場でした。今も自然豊かな野山に巡礼者が歩いた石仏の道が残っています。

〇予定候補地の地元、東鳴川町には浄土真宗大谷派の「応現寺」があり、平安時代の重要文化財・木造不空羂索観音菩薩座像が安置されています。奈良県企画「巡る奈良 祈りの回廊」によると、興福寺南円堂御本尊の摸刻といわれ、地元観音講の方々により大切に守られてきたもので、毎月第1日曜日(9時~16時)に特別公開されています。奈良はどんな山の中にも宝物が残されています。

中ノ川寺址、応現寺、浄瑠璃寺、岩船寺。ごみ焼却施設の移転推進者たちはこれだけの歴史文化遺産があっても「なにもないところ」と言い張るのでしょうか。策定委員の先生方の見識が疑われますね。応現寺は奈良市のHPでも、奈良市トップページ>観光>文化財>お知らせ>東鳴川町「木造不空羂索観音坐像」の公開、として出ています。

*〈浄瑠璃寺と当尾の里をまもる会〉へ賛同を寄せられた京都大学名誉教授加藤尚武先生(哲学・応用倫理学)のメッセージ。

「毎日歩きつづけているだけで美しい想い出となるような里を残して下さい。」

910日は中川寺成身院を開基した実範上人の御命日です。般若寺からは午前11時に中ノ川の御廟塔へお参りします。興福寺からも墓参があります。奈良仏教史上の碩徳である実範師の業績を偲び「南山進流」の声明をお唱えしたいと思います。

Dsc04071


Dsc04069


Dsc04076


|

« コスモス寺花だより 8・31 | トップページ | コスモス寺花だより 9・2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コスモス寺花だより 8・31 | トップページ | コスモス寺花だより 9・2 »