« コスモス寺花だより   5・16 | トップページ | コスモス寺花だより   5・18 »

2018年5月17日 (木)

コスモス寺花だより   5・17

 

「うつむくは 一花もあらず 花菖蒲」長谷川秋子

 

【コスモス開花情報】

≪咲きはじめ・12分咲き≫

「初夏咲きコスモス」は草丈780㎝ほどで咲き出しています。中には1mをこえるものもあり、日に日に花数を増やしています。

みずみずしい緑の葉っぱの中で鮮やかな赤、ピンクの花が目を引きます。

今年の花は早いですから、今月末には見ごろを迎えるでしょう。

 

この時期のコスモスの種類は8種類、35万本。

1. センセーション :大輪で赤白ピンクの三色。

2. ピコティ :ピンクの花びらに白や赤の斑が入る。

3. サイケ :大輪で花芯からも小さな複弁を出す。三色。

4. シーシェル :花びらが巻貝のような筒状になる。三色。

5. 美色混合:昔からある普通のコスモス。三色。

6. ダブルクリック :花びらが菊かダリヤのような複弁で豪華に咲く。三色。

7. ディアボロ 

8. カップケーキ 

いちばん早く咲くのはピコティという種類で、ピンク色の花びらに白い斑が入り様々な変化を見せています。その他、赤白ピンクで大輪のセンセーション、小ぶりで花数が多い美色コスモスも咲いています。

 

〔いま咲いている花〕

 

〇矢車草:≪見ごろ≫

〇花菱草:≪見ごろ≫

〇定家葛:≪見ごろ≫芳香あり。

〇梅花空木:≪散りはじめ≫純白の四弁の花、芳香あり。

〇コスモス:≪咲きはじめ≫

〇紫陽花:≪つぼみ≫

 

〔四季の花暦〕

・春:山吹(4月)

・夏:初夏咲きコスモス(5月後半~6月)

   紫陽花(5月後半~6月)

・秋:コスモス(9月~11月)

・冬:水仙(12月~2月)

 

≪ニュース≫

◇参詣入口の変更:

当寺の入口は、昨年8月までは旧道(京街道)に面して開かれた北門(裏口)でしたが、9月より県道754号線に面した東参道入口から入った「南正面口」に変わりました。

バス停「般若寺」から北へ50mのところ。

 

◇参詣駐車場ご利用について:ご参詣の方の駐車は1時間まで無料。

 

《真言律宗の祖、叡尊(えいそん)興正菩薩一代記を読む》1037

『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下

(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)

『西大寺毎年七日七夜不断光明真言勤行式』

(さいだいじまいねんなぬかななよふだんこうみょうしんごんごんぎょうしき)

 

◆【一 結番事。

右不論衆多少。必可結四番。於一番者。諸衆皆集会。自余三番者。各守番可来勤。〈但除供養法衆。〉又結番以後。中間右来勤之人者。号結縁衆。番帳奥別可書載名字。又撰已灌頂人六人。結六番。昼夜各一時。可令勤修大法。若堪能人多之時者。撰十二人。結十二番。一昼夜之間。各可令勤一時。依人数之多少。可相計者也。】

 

〔一 結番の事

右、衆の多少を論ぜず、必ず四番を結ぶべし。一番に於いては、諸衆みな集会し自余(じよ①)、三番はおのおの番を守り来勤すべし。〔ただし供養法衆を除く〕又、結番以後、中間に来勤ある人は結縁衆と号す。番帳の奥に別して名字を書載すべし。又、灌頂の人六人を撰び已(や)み、六番を結ぶ。昼夜おのおの一時、大法(だいほう②)を勤修せしむべし。もし堪能の人多き時は、十二人を撰び十二番を結ぶ。一昼夜の間、おのおの一時を勤めしむべし。人数の多少により相計るべきものなり。〕

 

 自余=爾余。そのほか。その他。

 大法=光明真言法

(つづく)

|

« コスモス寺花だより   5・16 | トップページ | コスモス寺花だより   5・18 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コスモス寺花だより   5・16 | トップページ | コスモス寺花だより   5・18 »