« コスモス寺花だより   5・6 | トップページ | コスモス寺花だより   5・8 »

2018年5月 7日 (月)

コスモス寺花だより   5・7

 

連休明けは雨となりました。

これからは静かな平常に戻ります。古都奈良の静けさが戻ってきます。梅雨入り前の1カ月が一番よい季節です。

 

「卯の花の こぼるる蕗(ふき)の 広葉かな」与謝蕪村

 

【コスモス開花情報】

「初夏咲きコスモス」は今、草丈560㎝ほど、つぼみをつけた軸は1mをこえました。もう数百本の花が咲き出そうとしています。今年の花は早いです。

 

この時期のコスモスの種類は8種類、35万本。

1. センセーション 

2. ピコティ 

3. サイケ 

4. シーシェル 

5. 美色混合

6. ダブルクリック 

7. ディアボロ 

8. カップケーキ 

いちばん早く咲いているのは、ピコティという種類でピンク色の花びらに白い斑が入り様々な変化を見せています。

 

【白鳳秘仏公開】

429日~510日。

  午前9時~午後4時。於・宝蔵堂。特別拝観料・200

重要文化財十三重石宝塔の各層から発見された宝物です。中でも五重軸石出現の金銅仏、白鳳阿弥陀如来立像は般若寺の創建時の霊宝で、聖武天皇奉納と伝承します。また二重の蓮華台座内に納入されていた平安末期の体内仏は法量2.6㎝の極小大日如来像を始め、地蔵菩薩、十一面観音の三尊は日本最小、最精巧の仏像と言われています。この極小仏像は、元々平安宮廷女人の念持仏として熱い信仰の結晶であったものを奉納されています。

 

 

〔いま咲いている花〕

 

〇蔓日日草(つるにちにちそう):≪見ごろ≫

〇矢車草:≪見ごろ≫

〇花菱草:≪咲きはじめ≫

〇梅花空木:≪咲きはじめ≫純白の四弁の花、芳香をもつ。

〇紫陽花:≪つぼみ≫

 

〔四季の花暦〕

・春:山吹(4月)

・夏:初夏咲きコスモス(5月後半~6月)

   紫陽花(5月後半~6月)

・秋:コスモス(9月~11月)

・冬:水仙(12月~2月)

 

〔小林一茶の俳句〕

「はつ袷(あはせ) にくまれ盛(ざかり)に はやくなれ」

訳:初めて袷を着たわが子、憎まれ口をたたくように早くなれ。

 

〔秋艸道人会津八一歌集『鹿鳴集』。奈良愛惜の名歌〕

〈春日野にて〉

「をぐさはむ しかのあぎとの をやみなく

       ながるるつきひ とどめかねつも」

(小草食む鹿の顎の小止みなく 流るる月日止どめかねつも)

 

≪ニュース≫

◇参詣入口の変更:

当寺の入口は、昨年8月までは旧道(京街道)に面して開かれた北門(裏口)でしたが、9月より県道754号線に面した東参道入口から入り、かつての中大門跡近くの「南正面口」に変わりました。創建当時の「四天王寺様式」の南面伽藍復活です。

バス停「般若寺」からはまっすぐ北へ50m。

 

◇参詣駐車場ご利用について:ご参詣の方の駐車は1時間まで無料。

 

《真言律宗の祖、叡尊(えいそん)興正菩薩一代記を読む》1035

『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下

(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)

『西大寺毎年七日七夜不断光明真言勤行式』

(さいだいじまいねんなぬかななよふだんこうみょうしんごんごんぎょうしき)

 

◆【一 定時節事

右以九月初四日。可為開白之日。是則当冬分長斎之月。迎本願御忌之日之故也。諸寺之僧衆。不待催促。不嬾長途。斯(期)日以前可会合。若臨時有延促者。当年行事。兼日可相觸其由於諸寺者也。】

 

〔一 時節(じせつ①)を定む事

右、九月初四日を以って開白の日となすべし。是れ則ち冬分(とうぶん②)長斎月(ちょうさいがつ③)に当たる。本願御忌(ほんがんぎょき④)の日を迎えるの故也。諸寺の僧衆、催促を待たず。長途を嬾(ものう)くせず、期日以前に会合すべし。若し臨時に延捉あらば当年行事は兼日(けんじつ⑤)、その由を諸寺の者に相触れるべきべき也。〕

 

 時節=時間。時期。物事を行うのにふさわしい機会。

 冬分=陰暦では十月から十二月までをいう。九月は秋に入るのに何故かここでは冬としている。

 長斎月=長斎は長く持斎を続けることで、正月と五月と九月をいう。

 本願御忌=西大寺を創建した本願称徳天皇の御忌日(御命日)。

 兼日=かねての日。あらかじめ。日頃。

(つづく)

 

《古都奈良の宗教的文化遺産とそれを取り巻く環境を守るために》

 

古都奈良は1300年の歴史と仏教伝来以来の宗教的、文化的伝統があります。仏教という宗教文化抜きには奈良の歴史は語れません。しかし長い歴史の中では人間の無知と欲望のため貴重な文化遺産が壊されてきました。現在を生きる私たちには、先祖から受け継いだ人類の宝としての宗教的文化遺産を未来へつなぐ責任があります。日本の文化遺産は世界に誇れる高度な精神文化のあかしです。古きよきものを大切にしましょう。

|

« コスモス寺花だより   5・6 | トップページ | コスモス寺花だより   5・8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コスモス寺花だより   5・6 | トップページ | コスモス寺花だより   5・8 »