« コスモス寺花だより   6・14 | トップページ | コスモス寺花だより   6・17 »

2018年6月15日 (金)

コスモス寺花だより   6・15

 

【コスモス開花情報】

≪満開≫:

 

8種類、3万本。

1. ダブルクリック :花びらが菊かダリヤのような複弁になり、コスモスの中で最も豪華な花。三色。

2. カップケーキ :カップケーキ状の花。大きなカップ状の花の中に複弁が見られる珍しい種類。三色。

3. ピコティ :ピンクの花びらに白や赤の斑が入る。

4. サイケ :大輪で花芯からも小さな複弁を出す。三色。

5. シーシェル :花びらが巻貝のような筒状になる。三色。

6. センセーション :大輪で赤白ピンクの三色。

7. 美色混合:昔からある普通のコスモス。三色。

8. ディアボロ :黄花コスモス(サルフレアス種)の一種で、低い草丈に真っ赤な花が咲きます。

 

〔いま咲いている花〕

 

〇コスモス:≪満開≫

〇紫陽花:≪見ごろ≫

〇ひつじ草;≪咲きはじめ≫睡蓮の原種。5センチほどの白い花。

 

〔四季の花暦〕

・春:山吹(4月)

・夏:初夏咲きコスモス(6月)

   紫陽花(6月)

・秋:コスモス(9月~11月)

・冬:水仙(12月~2月)

 

〔季節の名句〕

 

「声ちかき 仏法僧に 坊舍あり」木津柳芽

 

〔お知らせ〕

◇参詣入口の変更:

当寺の入口は、昨年8月までは旧道(京街道)に面して開かれた北門(裏口)でしたが、昨年9月より、県道754号線に面した東参道入口から入った「南正面口」に変わりました。

バス停「般若寺」から北へ50mのところ。

 

◇参詣駐車場ご利用について:ご参詣の方の駐車は1時間まで無料。

 

 

《真言律宗の祖、叡尊(えいそん)興正菩薩一代記を読む》1049

『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下

(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)

『西大寺毎年七日七夜不断光明真言勤行式』

(さいだいじまいねんなぬかななよふだんこうみょうしんごんごんぎょうしき)

 

◆【一 行法前後行事可用意條々事

右当行之人者。先解了今之式文。守其雅趣。可致沙汰也。所謂若有亡者。開過去帳注載之。兼有壇越者。任其約諾記置之。又以九月四日。雖為定日。若有延促者。可相觸子細於諸寺。又期日相近者。土砂以下事。兼可用意之。勿勵越度。又勤行間道場以下処々灯明者。寺々僧衆面々奉加也。】

 

〔一、行法(ぎょうぼう①)前後の行事(ぎょうじ②)に用意すべき条々の事

右、行事に当たるの人は、先ず今の式文(しきぶん③)を解了し、その雅趣(がしゅ④)を守り沙汰を致すべき也。所謂、若し亡者あれば過去帳を開き之を注載し、兼ねて檀越あればその約諾(やくだく⑤)に任せ之を記し置く。また、九月四日をもって定日と為すと雖も、若し延捉(えんそく⑥)あらば子細を諸寺に相触れるべし。また、期日相近ければ土砂以下のこと、兼ねて之を用意すべし。度を越さしむる勿れ。また、勤行の間、道場以下処々の灯明は、寺々の僧衆面々の奉加なり。〕

 

 行法=密教の修法。ここでは光明真言法。

 行事=恒例の法会

 式文=一定の作法のある行事、儀式の文章。

 雅趣=風雅なおもむき。

 約諾=誓約して承諾する内容。

 延捉=延長すること。

(つづく)


Img_5566


Img_5574

 

|

« コスモス寺花だより   6・14 | トップページ | コスモス寺花だより   6・17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コスモス寺花だより   6・14 | トップページ | コスモス寺花だより   6・17 »