« コスモス寺花だより 9・4 | トップページ | コスモス寺花だより 9・6 »

2018年9月 5日 (水)

コスモス寺花だより 9・5

 

〇コスモス:≪つぼみ≫

全体としてはまだ「つぼみ」の状態ですが、早い種類は「ちらほら」と花を咲かせています。

 

・台風は強い勢力を保ちながら四国、近畿を直撃し、日本海へと通り過ぎました。各地に被害を与えていますが、奈良も春日大社で樹木が建物に倒れ文化財に損傷を与えています。

当寺でも建物が若干損傷し、樹木が折れる被害が出ています。

 

〔四季の花暦〕

・春:山吹(4月)

・夏:初夏咲きコスモス(6月)

   紫陽花(6月) 

・秋:コスモス(9月~11月)

・冬:水仙(12月~2月)

 

〔季節の名句〕

「野分やむで 人声生きぬ ここかしこ」原石鼎

 

〔お知らせ〕

◇参詣入口の変更:

当寺の入口は、昨年8月までは旧道(京街道)に面して開かれた北門(裏口)でしたが、昨年9月より、県道754号線に面した東参道入口から入った「南正面口」に変わりました。

バス停「般若寺」から北へ50mのところ。

 

 

《真言律宗の祖、叡尊(えいそん)興正菩薩一代記を読む》1067

『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下

(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)

 

『西大寺光明真言会縁起』

(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)

 

◆【第三。第四。重々義。此神呪五智如来惣呪四種曼荼円満真言也。又六大法界源底法性塔婆玄極也。是故一一声字暦劫談不盡。一一名実塵滴仏無極。六大無礙也。】

 

〔第三、第四は重々の義。この神呪は五智如来の惣呪、四種曼荼円満の真言なり。また六大法界の源底(げんてい①)、法性塔婆の玄極なり。是の故、一々の声字は暦劫(りゃくごう②)に談じても尽きず。一々の名実は塵滴すれども仏は極り無く、六大は無礙(むげ③)なり。〕

 

 源底=根元のところ。根本。真底。

 暦劫=歴劫。多くの劫を経ること。

 無礙=さしさわりのないこと。

(つづく)

|

« コスモス寺花だより 9・4 | トップページ | コスモス寺花だより 9・6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コスモス寺花だより 9・4 | トップページ | コスモス寺花だより 9・6 »