« コスモス寺花だより 8・31 | トップページ | コスモス寺花だより 9・2 »

2018年9月 1日 (土)

9・1

 

〇コスモス:≪つぼみ≫

全体としてはまだ「つぼみ」の状態ですが、早い種類は「ちらほら」と花を咲かせています。

 

 

・九月、ながつき、の始まりです。今日は「防災の日」、関東大震災と室戸台風で大災害が起こり多くの方が命を落とされました。

また旧暦八月の朔日(ついたち)にあたるので、八朔(はっさく)とも呼ばれます。

今日、斑鳩の吉田寺で放生会があります。通称「鳩にがし」と呼ばれます。

午前中から御本尊丈六阿弥陀如来様に「ぽっくり往生」を祈願し、午後の法会では放生の疏が読まれ、生き物の命を尊ぶ功徳が説かれ、職衆および参列者が唱えるお念仏の中で鳩を逃がしてやり、金魚や鯉が池に放流されます。

 

 

〔四季の花暦〕

・春:山吹(4月)

・夏:初夏咲きコスモス(6月)

   紫陽花(6月) 

・秋:コスモス(9月~11月)

・冬:水仙(12月~2月)

 

〔季節の名句〕

 

「八朔の 雲見る人や 橋の上」内藤鳴雪

 

〔お知らせ〕

◇参詣入口の変更:

当寺の入口は、昨年8月までは旧道(京街道)に面して開かれた北門(裏口)でしたが、昨年9月より、県道754号線に面した東参道入口から入った「南正面口」に変わりました。

バス停「般若寺」から北へ50mのところ。

 

◇参詣駐車場ご利用について:有料化のお知らせ

本年922日より114日までのコスモス開花期の間、参詣者駐車場の維持運営のため、駐車場の有料化を実施いたします。

 

《乗用車 500円、バス 1000円》

 

2時間をこえる場合は追加料金を申し受けます。

・なお、開門9時、閉門午後5時ですので

時間厳守でお願いいたします。

 

 

《真言律宗の祖、叡尊(えいそん)興正菩薩一代記を読む》1063

『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下

(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)

 

『西大寺光明真言会縁起』

(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)

 

◆【第一。浅略釈者。大日如来与阿弥陀如来。心中秘密呪也。三世三劫諸仏。此真言誦持成正覚。利益衆生。我等又誦持此真言。滅諸罪障。徃生極楽。】

 

〔第一に浅略釈(せんりゃくしゃく①)にては、大日如来と阿弥陀如来との心中秘密の呪也。三世三劫の諸仏は此の真言を受持し、正覚を成じ衆生を利益す。我等また此の真言を誦持し、諸の罪障を滅し、極楽に往生す。

 

 浅略釈=密教でいう四重秘釈の一つ。世間通途の釈義。顕教中に処々に説けり、とされる。

(つづく)

 

 

|

« コスモス寺花だより 8・31 | トップページ | コスモス寺花だより 9・2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コスモス寺花だより 8・31 | トップページ | コスモス寺花だより 9・2 »