« コスモス寺花だより 1・5 | トップページ | コスモス寺花だより 1・7 »

2019年1月 6日 (日)

コスモス寺花だより 1・6

 

◇水仙:≪満開≫

花の期間・12月~2月 3万本

 

「水仙の 吹かるる影の もつれけり」清崎敏郎

 

種類;一重咲きの日本水仙(寒水仙、雪中花)。

複弁咲きのチャフルネス(匂い水仙)

 

〔四季の花暦〕

・春:山吹(4月)

・夏:初夏咲きコスモス(6月)

   紫陽花(6月) 

・秋:コスモス(9月~11月)

・冬:水仙(12月~2月)

 

《真言律宗の祖、叡尊(えいそん)興正菩薩一代記を読む》1102

『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下

(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)

 

『文永六年光明真言以後恒例衆議云』

(ぶんえいろくねんこうみょうしんごんいごこうれいのしゅうぎにいう)

 

◆【自今以後。雖為老僧幷病者。不可著座。不堪行道之時者。冝出道場之外。老病之縁猶以誡之。何况於自余乎。若有違犯之輩者。為綱維幷年預之沙汰。〈此両人若不出仕者。可為当座宿老沙汰。〉告示此由。可令遣出者也〈云云〉。

 

〔今より以後、老僧ならびに病者の為といえども着座すべからず。行道に堪えざるの時はよろしく道場の外に出づべし。老病の縁はなお以って之を誡む。何ぞいわんや自余においておや。若し違犯あるの輩は綱維ならびに年預の沙汰と為す。〈この両人若し出仕せざれば、当座宿老の沙汰となすべし。〉此の由を告示し、遣り出ださしむべきもの也〈云々〉。〕

(つづく)

 

|

« コスモス寺花だより 1・5 | トップページ | コスモス寺花だより 1・7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コスモス寺花だより 1・5 | トップページ | コスモス寺花だより 1・7 »