« コスモス寺花だより 3・6 | トップページ | コスモス寺花だより  3・9 »

2019年3月 8日 (金)

コスモス寺花だより 3・8

 

〔いま咲いている花〕

◇侘助(わびすけ):≪見ごろ≫

◇椿:≪咲きはじめ≫

◇福寿草:≪見ごろ≫

◇梅:≪見ごろ≫桃色の豊後梅も咲いています

◇水仙:≪終わり近し≫

 

「水仙や 寒き都の ここかしこ」与謝蕪村

 

〔コスモス〕

◇初夏咲きコスモス:≪栽培中≫

苗床へ種まきをして育成しています。大きくなれば境内の花壇に植え付けます。

・開花時期―5月下旬~7月上旬

・種類と本数―8種類、3万本

・特徴―種類、本数は秋に比べ少ないが、葉っぱの緑が鮮やかなので、赤・白・ピンクの花の色が際立ちきれいです。また、同時に紫陽花の花も楽しめます。

 

〔四季の花暦〕

・春:山吹(4月)

・夏:初夏咲きコスモス(6月)

   紫陽花(6月) 

・秋:コスモス(9月~11月)

・冬:水仙(12月~2月)

 

《真言律宗の祖、叡尊(えいそん)興正菩薩一代記を読む》1113

『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下

(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)

 

『西大寺光明真言会縁起』

(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)

 

◆【受五戒八戒浄法。入近事近住之内道。是則播園塵不摂清浄説法。剰陪後嵯峨院等五朝国師。奉授大乗戒珠。崇六十余州戒律之棟梁。】

 

〔五戒八戒(ごかいはっかい①)の淨法を受け、近事近住(ごんじごんじゅう②)の内道(ないどう③)に入る。これ則ち播(うつ)り、園塵を摂(とら)ずして清浄説法す。剰(あまつさ)え後嵯峨院等五朝の国師を陪(かさ)ね、大乗の戒珠(だいじょうのかいしゅ④)を授け奉り、六十余州戒律の棟梁と崇めらる。〕

 

 五戒八戒=五戒は在家信者が守るべき五つのいましめ。不殺生、不偸盗、不邪婬、妄語、不飲酒。八戒は八斎戒ともいう。月に六日間八戒を守るので六斎日と云う。五戒に⒍不着華瓔珞、不香油塗身、不歌舞観聴。⒎不坐高広大牀。⒏不非時食。を加える。

 近事近住=近事は三宝に近づき仕える者の意。近住は三宝に親近して住すの意。五戒を受けた在家信者。

 内道=仏道。

 大乗の戒珠=大乗菩薩戒。

(つづく)

|

« コスモス寺花だより 3・6 | トップページ | コスモス寺花だより  3・9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コスモス寺花だより 3・6 | トップページ | コスモス寺花だより  3・9 »