« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月31日 (金)

コスモス寺花だより


〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪見ごろ≫

満開まではまだ少し日数がかかりますが、 晴れ間が続くこの時期がいちばん綺麗で見ごろです。花は豪華な複弁の「ダブルクリック」も咲き出しました。

・見ごろ:6月~7月上旬
・種類:9種(センセーション、シーシェル、ピコティ、サイケ、スーパービッキー、ダブルクリック、日の丸、ディアボロ、美色混合)
・本数:7~10万本

〔いま咲いている他の花〕

◇花菱草:≪見ごろ≫カリフォルニア・ポピー

「愛らしき金のさかづきさし上げて
   日のひかりくむ花菱草よ」木下利玄

◇山アジサイ:≪咲きはじめ≫

「山に山あじさゐ雨の降り足せる」高澤良一

◇紫陽花:≪つぼみ≫

◇ひつじ草、姫スイレン:≪咲きはじめ≫ ひつじ草は日本原産で、睡蓮の原生種です。
姫スイレンは桃色の花、未草はクリームがかった白色の花です。

「漣の吸ひ込まれゆく未草」西村和子

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1134
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)

◆【然過去帳所乗亡魂等。依共証無上道之誓。一霊不漏成仏無疑也。必一遍聴誦之有情。猶已滅十悪五逆罪。】

〔然れば、過去帳に乗る所の亡魂等、共に無上道を証さんとの誓いに依り、一霊をも漏らさず成仏疑い無きなり。必ず一遍なりとも聴誦の有情は、なお已に十悪(じゅうあく①)五逆(ごぎゃく②)の罪を滅す。〕

① 十悪=身口意の三業がつくる十種の罪悪。殺生から邪見まで。
② 五逆=五つの重い罪悪。母を殺すこと、父を殺すこと、阿羅漢を殺すこと、僧伽の和合を破ること、仏身を傷つけること。これを犯すと無間地獄に落ちるとされる。
(つづく)

| | コメント (0)

2019年5月30日 (木)

コスモス寺花だより


〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪5分咲き≫ 

・見ごろ:6月~7月上旬
・種類:9種(センセーション、シーシェル、ピコティ、サイケ、スーパービッキー、ダブルクリック、日の丸、ディアボロ、美色混合)
・本数:7~10万本

〔いま咲いている他の花〕

◇花菱草:≪見ごろ≫カリフォルニア・ポピー

「愛らしき金のさかづきさし上げて
   日のひかりくむ花菱草よ」木下利玄

◇山アジサイ:≪咲きはじめ≫

「山に山あじさゐ雨の降り足せる」高澤良一

◇紫陽花:≪つぼみ≫

◇ひつじ草、姫スイレン:≪咲きはじめ≫ ひつじ草は日本原産で、睡蓮の原生種です。
姫スイレンは桃色の花、未草はクリームがかった白色の花です。

「漣の吸ひ込まれゆく未草」西村和子

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1134
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)

◆【然過去帳所乗亡魂等。依共証無上道之誓。一霊不漏成仏無疑也。必一遍聴誦之有情。猶已滅十悪五逆罪。】

〔然れば、過去帳に乗る所の亡魂等、共に無上道を証さんとの誓いに依り、一霊をも漏らさず成仏疑い無きなり。必ず一遍なりとも聴誦の有情は、なお已に十悪(じゅうあく①)五逆(ごぎゃく②)の罪を滅す。〕

① 十悪=身口意の三業がつくる十種の罪悪。殺生から邪見まで。
② 五逆=五つの重い罪悪。母を殺すこと、父を殺すこと、阿羅漢を殺すこと、僧伽の和合を破ること、仏身を傷つけること。これを犯すと無間地獄に落ちるとされる。
(つづく)

| | コメント (0)

2019年5月29日 (水)

コスモス寺花だより


〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪5分咲き≫ 

・見ごろ:6月~7月上旬
・種類:9種(センセーション、シーシェル、ピコティ、サイケ、スーパービッキー、ダブルクリック、日の丸、ディアボロ、美色混合)
・本数:7~10万本

〔いま咲いている他の花〕

◇花菱草:≪見ごろ≫カリフォルニア・ポピー

「愛らしき金のさかづきさし上げて
   日のひかりくむ花菱草よ」木下利玄

◇山アジサイ:≪咲きはじめ≫

「山に山あじさゐ雨の降り足せる」高澤良一

◇紫陽花:≪つぼみ≫

◇ひつじ草、姫スイレン:≪咲きはじめ≫ ひつじ草は日本原産で、睡蓮の原生種です。
姫スイレンは桃色の花、未草はクリームがかった白色の花です。

「漣の吸ひ込まれゆく未草」西村和子

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1134
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)

◆【然過去帳所乗亡魂等。依共証無上道之誓。一霊不漏成仏無疑也。必一遍聴誦之有情。猶已滅十悪五逆罪。】

〔然れば、過去帳に乗る所の亡魂等、共に無上道を証さんとの誓いに依り、一霊をも漏らさず成仏疑い無きなり。必ず一遍なりとも聴誦の有情は、なお已に十悪(じゅうあく①)五逆(ごぎゃく②)の罪を滅す。〕

① 十悪=身口意の三業がつくる十種の罪悪。殺生から邪見まで。
② 五逆=五つの重い罪悪。母を殺すこと、父を殺すこと、阿羅漢を殺すこと、僧伽の和合を破ること、仏身を傷つけること。これを犯すと無間地獄に落ちるとされる。
(つづく)

| | コメント (0)

2019年5月28日 (火)

コスモス寺花だより


〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪5分咲き≫ 

今日は久しぶりの雨模様。気温も下がり、草木も人もほっと一息。
地、水、火、風、空、地球環境の大本である五大のどれ一つが欠けても自然調和は崩れます。平穏な自然であってほしいです。

・見ごろ:6月~7月上旬
・種類:9種(センセーション、シーシェル、ピコティ、サイケ、スーパービッキー、ダブルクリック、日の丸、ディアボロ、美色混合)
・本数:7~10万本

〔いま咲いている他の花〕

◇花菱草:≪見ごろ≫カリフォルニア・ポピー

「愛らしき金のさかづきさし上げて
   日のひかりくむ花菱草よ」木下利玄

◇山アジサイ:≪咲きはじめ≫

「山に山あじさゐ雨の降り足せる」高澤良一

◇紫陽花:≪つぼみ≫雨がほしいです。

◇ひつじ草、姫スイレン:≪咲きはじめ≫ ひつじ草は日本原産で、睡蓮の原生種です。
姫スイレンは桃色の花、未草はクリームがかった白色の花です。

「漣の吸ひ込まれゆく未草」西村和子

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1133
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)

◆【世間出世間自行化他有相無相浅深重々一切所願。皆悉可円満。是真言最上乗要心秘秘中深秘観。叡尊上人云。今法会。為仏道。為法界。而修不為身而修。世尊若納受。衆生悉解脱。】

〔世間出世間、自行化他、有相無相、浅深重々の一切の所願、皆ことごとく円満すべし。この真言は最上乗の要心、秘秘中の深秘観なり。叡尊上人いわく、今の法会は仏道の為、法界の為にして修し、身のためならずして修す。世尊若し納受せば、衆生ことごとく解脱す。〕
(つづく)

| | コメント (0)

2019年5月27日 (月)

コスモス寺花だより


〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪3~5分咲き≫ 

連日の真夏のような暑さのおかげで,コスモスの生長は早まっています。もくもくと生い茂る濃い緑の葉の中であざやかな色の花がひときわ引き立って見えます。

・見ごろ:6月~7月上旬
・種類:9種(センセーション、シーシェル、ピコティ、サイケ、スーパービッキー、ダブルクリック、日の丸、ディアボロ、美色混合)
・本数:7~10万本

〔いま咲いている他の花〕

◇花菱草:≪見ごろ≫カリフォルニア・ポピー

「愛らしき金のさかづきさし上げて
   日のひかりくむ花菱草よ」木下利玄

◇スイカズラ:≪見ごろ≫別名、金銀花、忍冬とも言う。花は咲きはじめは白色、徐々に黄色に変わる。甘い香りを漂わせる。

「白と見し黄と見し花の忍冬」前内木耳

◇山アジサイ:≪咲きはじめ≫

「山に山あじさゐ雨の降り足せる」高澤良一

◇紫陽花:≪つぼみ≫雨がほしいです。

◇ひつじ草、姫スイレン:≪咲きはじめ≫ ひつじ草は日本原産で、睡蓮の原生種です。
姫スイレンは桃色の花、未草はクリームがかった白色の花です。

「漣の吸ひ込まれゆく未草」西村和子

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1133
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)

◆【世間出世間自行化他有相無相浅深重々一切所願。皆悉可円満。是真言最上乗要心秘秘中深秘観。叡尊上人云。今法会。為仏道。為法界。而修不為身而修。世尊若納受。衆生悉解脱。】

〔世間出世間、自行化他、有相無相、浅深重々の一切の所願、皆ことごとく円満すべし。この真言は最上乗の要心、秘秘中の深秘観なり。叡尊上人いわく、今の法会は仏道の為、法界の為にして修し、身のためならずして修す。世尊若し納受せば、衆生ことごとく解脱す。〕
(つづく)


| | コメント (0)

2019年5月26日 (日)

コスモス寺花だより


〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪3分咲き≫ 

ピコティ、美色混合に続いて、日の丸、スーパービッキーという種類も咲き出しました。
・開花時期(見ごろ):6月~7月上旬
・種類:9種(センセーション、シーシェル、ピコティ、サイケ、スーパービッキー、ダブルクリック、日の丸、ディアボロ、美色混合)
・本数:7~10万本(今年は遅霜対策のため種を蒔きすぎました。今も植え付けています。)

〔いま咲いている他の花〕

◇花菱草:≪見ごろ≫カリフォルニア・ポピー

「愛らしき金のさかづきさし上げて
   日のひかりくむ花菱草よ」木下利玄

◇スイカズラ:≪見ごろ≫別名、金銀花、忍冬とも言う。花は咲きはじめは白色、徐々に黄色に変わる。甘い香りを漂わせる。

「白と見し黄と見し花の忍冬」前内木耳

◇山アジサイ:≪咲きはじめ≫

「山に山あじさゐ雨の降り足せる」高澤良一

◇紫陽花:≪つぼみ≫雨がほしいです。

◇ひつじ草、姫スイレン:≪咲きはじめ≫ ひつじ草は日本原産で、睡蓮の原生種です。
姫スイレンは桃色の花、未草はクリームがかった白色の花です。

「漣の吸ひ込まれゆく未草」西村和子

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1133
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)

◆【世間出世間自行化他有相無相浅深重々一切所願。皆悉可円満。是真言最上乗要心秘秘中深秘観。叡尊上人云。今法会。為仏道。為法界。而修不為身而修。世尊若納受。衆生悉解脱。】

〔世間出世間、自行化他、有相無相、浅深重々の一切の所願、皆ことごとく円満すべし。この真言は最上乗の要心、秘秘中の深秘観なり。叡尊上人いわく、今の法会は仏道の為、法界の為にして修し、身のためならずして修す。世尊若し納受せば、衆生ことごとく解脱す。〕
(つづく)

| | コメント (0)

2019年5月25日 (土)

コスモス寺花だより


〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪3分咲き≫ 

ピコティ、美色混合に続いて、日の丸、スーパービッキーという種類も咲き出しました。
・開花時期(見ごろ):6月~7月上旬
・種類:9種(センセーション、シーシェル、ピコティ、サイケ、スーパービッキー、ダブルクリック、日の丸、ディアボロ、美色混合)
・本数:7~10万本(今年は遅霜対策のため種を蒔きすぎました。今も植え付けています。)

〔いま咲いている他の花〕

◇花菱草:≪見ごろ≫カリフォルニア・ポピー

「愛らしき金のさかづきさし上げて
   日のひかりくむ花菱草よ」木下利玄

◇スイカズラ:≪見ごろ≫別名、金銀花、忍冬とも言う。花は咲きはじめは白色、徐々に黄色に変わる。甘い香りを漂わせる。

「白と見し黄と見し花の忍冬」前内木耳

◇山アジサイ:≪咲きはじめ≫

「山に山あじさゐ雨の降り足せる」高澤良一

◇紫陽花:≪つぼみ≫雨がほしいです。

◇ひつじ草、姫スイレン:≪咲きはじめ≫ ひつじ草は日本原産で、睡蓮の原生種です。
姫スイレンは桃色の花、未草はクリームがかった白色の花です。

「風すぎて睡蓮の葉は又水に」水田千代子

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1133
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)

◆【世間出世間自行化他有相無相浅深重々一切所願。皆悉可円満。是真言最上乗要心秘秘中深秘観。叡尊上人云。今法会。為仏道。為法界。而修不為身而修。世尊若納受。衆生悉解脱。】

〔世間出世間、自行化他、有相無相、浅深重々の一切の所願、皆ことごとく円満すべし。この真言は最上乗の要心、秘秘中の深秘観なり。叡尊上人いわく、今の法会は仏道の為、法界の為にして修し、身のためならずして修す。世尊若し納受せば、衆生ことごとく解脱す。〕
(つづく)

| | コメント (0)

2019年5月24日 (金)

コスモス寺花だより


〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪3分咲き≫ 

ピコティ、美色混合に続いて、日の丸、スーパービッキーという種類も咲き出しました。
・開花時期(見ごろ):6月~7月上旬
・種類:9種(センセーション、シーシェル、ピコティ、サイケ、スーパービッキー、ダブルクリック、日の丸、ディアボロ、美色混合)
・本数:7~10万本(今年は遅霜対策のため種を蒔きすぎました。今も植え付けています。)

〔いま咲いている花〕

◇花菱草:≪見ごろ≫カリフォルニア・ポピー

「愛らしき金のさかづきさし上げて
   日のひかりくむ花菱草よ」木下利玄

◇山アジサイ:≪咲きはじめ≫

「山に山あじさゐ雨の降り足せる」高澤良一

◇紫陽花:≪つぼみ≫

◇ひつじ草、姫スイレン:≪咲きはじめ≫ ひつじ草は日本原産で、睡蓮の原生種です。
姫スイレンは桃色の花、未草はクリームがかった白色の花です。

「風すぎて睡蓮の葉は又水に」水田千代子

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1133
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)

◆【世間出世間自行化他有相無相浅深重々一切所願。皆悉可円満。是真言最上乗要心秘秘中深秘観。叡尊上人云。今法会。為仏道。為法界。而修不為身而修。世尊若納受。衆生悉解脱。】

〔世間出世間、自行化他、有相無相、浅深重々の一切の所願、皆ことごとく円満すべし。この真言は最上乗の要心、秘秘中の深秘観なり。叡尊上人いわく、今の法会は仏道の為、法界の為にして修し、身のためならずして修す。世尊若し納受せば、衆生ことごとく解脱す。〕
(つづく)

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

コスモス寺花だより


〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪咲きはじめ≫ 赤・白・ピンクの色があざやかで花数の多い「美色混合」という種類が咲き出しています。

・開花時期(見ごろ):6月~7月上旬
・種類:9種(センセーション、シーシェル、ピコティ、サイケ、スーパービッキィ、ダブルクリック、日の丸、ディアボロ、美色混合)
・本数:7万本

〔いま咲いている花〕

◇花菱草:≪見ごろ≫カリフォルニア・ポピー

「愛らしき金のさかづきさし上げて
   日のひかりくむ花菱草よ」木下利玄

◇山アジサイ:≪咲きはじめ≫

「山に山あじさゐ雨の降り足せる」高澤良一

◇紫陽花:≪つぼみ≫

◇ひつじ草、姫スイレン:≪咲きはじめ≫ ひつじ草は日本原産で、睡蓮の原生種です。

「風すぎて睡蓮の葉は又水に」水田千代子

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1132
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)

◆【未説教主弥陀世尊自荷負生浄土。具三十二相八十荘厳。速成正覚。如此勝劣是多。功徳又以無可計物。然住六大法界阿字不生観解。誦斯真言。】

〔いまだ教主弥陀世尊自ずから荷負して浄土に生ずと説かず。三十二相八十荘厳を具して、速やかに正覚を成ず。かくの如く勝劣これ多し、功徳はまた以って計るべき物無し。然れば六大法界阿字不生の観解に住し、斯の真言を誦す。〕
(つづく)

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

コスモス寺花だより


一昨日のまとまった雨で草木は生き返りました。植物にとっては恵みの雨でした。コスモスは葉の緑が色濃くなり、咲き始めた花の色彩を引き立てています。

〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪咲きはじめ≫ 赤・白・ピンクの色があざやかで花数の多い「美色混合」という種類が咲き出しています。

・開花時期(見ごろ):6月~7月上旬
・種類:9種(センセーション、シーシェル、ピコティ、サイケ、スーパービッキィ、ダブルクリック、日の丸、ディアボロ、美色混合)
・本数:7万本

〔いま咲いている花〕

◇花菱草:≪見ごろ≫カリフォルニア・ポピー

「愛らしき金のさかづきさし上げて
   日のひかりくむ花菱草よ」木下利玄

◇定家葛(ていかかづら):≪見ごろ≫白い小さな花からの上品な香りがあたりに漂っています。
◇山アジサイ、紫陽花:≪つぼみ≫

「山に山あじさゐ雨の降り足せる」高澤良一

◇ひつじ草、姫スイレン:≪咲きはじめ≫ ひつじ草は日本原産で、睡蓮の原生種です。

「風すぎて睡蓮の葉は又水に」水田千代子

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1132
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)

◆【未説教主弥陀世尊自荷負生浄土。具三十二相八十荘厳。速成正覚。如此勝劣是多。功徳又以無可計物。然住六大法界阿字不生観解。誦斯真言。】

〔いまだ教主弥陀世尊自ずから荷負して浄土に生ずと説かず。三十二相八十荘厳を具して、速やかに正覚を成ず。かくの如く勝劣これ多し、功徳はまた以って計るべき物無し。然れば六大法界阿字不生の観解に住し、斯の真言を誦す。〕
(つづく)

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

コスモス寺花だより


〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪咲きはじめ≫ 赤・白・ピンクの色があざやかで、花数の多い「美色混合」という種類が咲き出しています。

・開花時期(見ごろ):6月~7月上旬
・種類:9種(センセーション、シーシェル、ピコティ、サイケ、スーパービッキィ、ダブルクリック、日の丸、ディアボロ、美色混合)
・本数:7万本

〔いま咲いている花〕
◇梅花ウツギ:≪見ごろ≫ 卯の花ともいう

「卯の花腐し泣きの涙の石仏」上田五千石

◇花菱草:≪見ごろ≫カリフォルニア・ポピー

「愛らしき金のさかづきさし上げて
   日のひかりくむ花菱草よ」木下利玄

◇定家葛(ていかかづら):≪見ごろ≫白い小さな花からの上品な香りがあたりに漂っています。
◇山アジサイ、紫陽花:≪つぼみ≫

「山に山あじさゐ雨の降り足せる」高澤良一

◇ひつじ草、姫スイレン:≪咲きはじめ≫ ひつじ草は日本原産で、睡蓮の原生種です。

「風すぎて睡蓮の葉は又水に」水田千代子

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1132
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)

◆【未説教主弥陀世尊自荷負生浄土。具三十二相八十荘厳。速成正覚。如此勝劣是多。功徳又以無可計物。然住六大法界阿字不生観解。誦斯真言。】

〔いまだ教主弥陀世尊自ずから荷負して浄土に生ずと説かず。三十二相八十荘厳を具して、速やかに正覚を成ず。かくの如く勝劣これ多し、功徳はまた以って計るべき物無し。然れば六大法界阿字不生の観解に住し、斯の真言を誦す。〕
(つづく)

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

コスモス寺花だより


〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪咲きはじめ≫ 草丈は50~80センチになり、花はちらほらと咲き出しています。蕾が沢山ついてきたのであと1週間たてば3分咲き程度になるでしょう。

・開花時期(見ごろ):6月~7月上旬
・種類:9種(センセーション、シーシェル、ピコティ、サイケ、スーパービッキィ、ダブルクリック、日の丸、ディアボロ、美色混合)
・本数:7万本

〔いま咲いている花〕
◇梅花ウツギ:≪見ごろ≫ 卯の花ともいう

「卯の花の清浄濡るる夏の雨」石塚友二
「卯の花や妹か垣根の朝ぼらけ」正岡子規

◇花菱草:≪見ごろ≫カリフォルニア・ポピー

「愛らしき金のさかづきさし上げて
   日のひかりくむ花菱草よ」木下利玄

◇黄菖蒲:≪見ごろ≫
◇定家葛(ていかかづら):≪見ごろ≫白い小さな花からの上品な香りがあたりに漂っています。
◇山アジサイ、紫陽花:≪つぼみ≫

「山に山あじさゐ雨の降り足せる」高澤良一

◇ひつじ草、姫スイレン:≪咲きはじめ≫ ひつじ草は日本原産で、睡蓮の原生種です。

「山の池底なしと聞く未草」稲畑汀子

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1131
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)

◆【出人師釈。仏説未見所也。又持此陀羅尼者。阿弥陀如来手自擔負。令生極楽浄土説。余法行人臨命終時。乗観音蓮台。往生極楽浄土。隨九品差別。得覚遅速不同也。】

〔人師の釈に出づ。仏説に未だ見ざる所なり。またこの陀羅尼を持すものは、阿弥陀如来手づから自ら擔負(たんぷ①)して、極楽浄土へ生まれしむると説く。余法の行人、命終に臨むとき、観音の蓮台に乗りて極楽浄土に往生す。九品(くほん②)差別に随いて、遅速不同を覚(さと)ることを得るなり。〕

① 擔負=にないおう。
② 九品=極楽往生する者の、能力や性質の差によって受ける九つの階位。これを九品往生といい、上品上生から下品下生までの九つ。
(つづく)


| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

コスモス寺花だより


〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪栽培中≫ 草丈は30センチを超えてきて、花はちらほらと咲き出しています。蕾がついている苗が沢山あるので、あと1週間で3分咲き程度になるでしょう。

・開花時期―6月~7月上旬
・種類:9種(センセーション、シーシェル、ピコティ、サイケ、スーパービッキィ、ダブルクリック、日の丸、ディアボロ、美色混合)
・本数:7万本

〔いま咲いている花〕
◇梅花ウツギ:≪見ごろ≫ 卯の花ともいう

「卯の花はむらがり咲けど何か足らぬ」加藤楸邨
「卯の花や妹か垣根の朝ぼらけ」正岡子規

◇花菱草:≪見ごろ≫カリフォルニア・ポピー

「愛らしき金のさかづきさし上げて
   日のひかりくむ花菱草よ」木下利玄

◇黄菖蒲:≪見ごろ≫
◇定家葛(ていかかづら):≪見ごろ≫白い小さな花からの上品な香りがあたりに漂っています。
◇山アジサイ、紫陽花:≪つぼみ≫

「山あじさゐ手鏡に風あふれしめ」田中とし子

◇ひつじ草、姫スイレン:≪咲きはじめ≫ ひつじ草は日本原産で、睡蓮の原生種です。

「睡蓮や鬢に手あてて水鏡」杉田久女

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1131
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)

◆【出人師釈。仏説未見所也。又持此陀羅尼者。阿弥陀如来手自擔負。令生極楽浄土説。余法行人臨命終時。乗観音蓮台。往生極楽浄土。隨九品差別。得覚遅速不同也。】

〔人師の釈に出づ。仏説に未だ見ざる所なり。またこの陀羅尼を持すものは、阿弥陀如来手づから自ら擔負(たんぷ①)して、極楽浄土へ生まれしむると説く。余法の行人、命終に臨むとき、観音の蓮台に乗りて極楽浄土に往生す。九品(くほん②)差別に随いて、遅速不同を覚(さと)ることを得るなり。〕

① 擔負=にないおう。
② 九品=極楽往生する者の、能力や性質の差によって受ける九つの階位。これを九品往生といい、上品上生から下品下生までの九つ。
(つづく)

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

コスモス寺花だより


〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪栽培中≫ ちらほら咲き出しています。蕾がいっぱいついているのであと1週間で3分咲き程度になるでしょう。

・開花時期―6月~7月上旬
・種類:9種(センセーション、シーシェル、ピコティ、サイケ、スーパービッキィ、ダブルクリック、日の丸、ディアボロ、美色混合)
・本数:7万本

〔いま咲いている花〕
◇梅花ウツギ:≪見ごろ≫ 卯の花ともいう

「卯の花の咲けばそぞろに旅心」星野立子
「卯の花や月夜となればこぼれ立つ」正岡子規

◇花菱草:≪見ごろ≫カリフォルニア・ポピー

「愛らしき金のさかづきさし上げて
   日のひかりくむ花菱草よ」木下利玄

◇黄菖蒲:≪見ごろ≫
◇山アジサイ、紫陽花:≪つぼみ≫

「山あじさゐ手鏡に風あふれしめ」田中とし子

◇ひつじ草、姫スイレン:≪咲きはじめ≫ ひつじ草は日本原産で、睡蓮の原生種です。

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1131
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)

◆【出人師釈。仏説未見所也。又持此陀羅尼者。阿弥陀如来手自擔負。令生極楽浄土説。余法行人臨命終時。乗観音蓮台。往生極楽浄土。隨九品差別。得覚遅速不同也。】

〔人師の釈に出づ。仏説に未だ見ざる所なり。またこの陀羅尼を持すものは、阿弥陀如来手づから自ら擔負(たんぷ①)して、極楽浄土へ生まれしむると説く。余法の行人、命終に臨むとき、観音の蓮台に乗りて極楽浄土に往生す。九品(くほん②)差別に随いて、遅速不同を覚(さと)ることを得るなり。〕

① 擔負=にないおう。
② 九品=極楽往生する者の、能力や性質の差によって受ける九つの階位。これを九品往生といい、上品上生から下品下生までの九つ。
(つづく)

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金)

コスモス寺花だより


〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪栽培中≫ ちらほら咲き出しています。

・開花時期―6月~7月上旬
・種類:9種(センセーション、シーシェル、ピコティ、サイケ、スーパービッキィ、ダブルクリック、日の丸、ディアボロ、美色混合)
・本数:7万本

〔いま咲いている花〕
◇梅花ウツギ:≪見ごろ≫ 卯の花ともいう

「ところどころの卯の花に触れてゆく」岡井省二
「卯の花に昨日の人をまた見たり」橋閒石

◇花菱草:≪見ごろ≫カリフォルニア・ポピー

「愛らしき金のさかづきさし上げて
   日のひかりくむ花菱草よ」木下利玄

◇黄菖蒲:≪見ごろ≫
◇山アジサイ、紫陽花:≪つぼみ≫
◇ひつじ草、姫スイレン:≪咲きはじめ≫ ひつじ草は日本原産で、睡蓮の原生種です。

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1131
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)

◆【出人師釈。仏説未見所也。又持此陀羅尼者。阿弥陀如来手自擔負。令生極楽浄土説。余法行人臨命終時。乗観音蓮台。往生極楽浄土。隨九品差別。得覚遅速不同也。】

〔人師の釈に出づ。仏説に未だ見ざる所なり。またこの陀羅尼を持すものは、阿弥陀如来手づから自ら擔負(たんぷ①)して、極楽浄土へ生まれしむると説く。余法の行人、命終に臨むとき、観音の蓮台に乗りて極楽浄土に往生す。九品(くほん②)差別に随いて、遅速不同を覚(さと)ることを得るなり。〕

① 擔負=にないおう。
② 九品=極楽往生する者の、能力や性質の差によって受ける九つの階位。これを九品往生といい、上品上生から下品下生までの九つ。
(つづく)


| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

コスモス寺花だより


〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪栽培中≫ ちらほら咲き出しています。

・開花時期―6月~7月上旬
・種類:9種(センセーション、シーシェル、ピコティ、サイケ、スーパービッキィ、ダブルクリック、日の丸、ディアボロ、美色混合)
・本数:7万本

〔いま咲いている花〕
◇梅花ウツギ:≪見ごろ≫ 卯の花ともいう

「めにたちて卯つ木の花のましろにぞ」日野草城
「卯の花にねむりの浅き旅をゆく」上村占魚

◇花菱草:≪見ごろ≫カリフォルニア・ポピー

「愛らしき金のさかづきさし上げて
   日のひかりくむ花菱草よ」木下利玄

◇黄菖蒲:≪見ごろ≫
◇山アジサイ、紫陽花:≪つぼみ≫
◇ひつじ草、姫スイレン:≪咲きはじめ≫ ひつじ草は日本原産で山間の池泉に自生しますが、絶滅が危惧されています。

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1130
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)

◆【弘法大師釈一無量一也。抑真言功能勝余法。得益越諸教。且出一二分勝劣。不撰浄不浄。常誦持。仏親勧事。此真言独勝余行。彼他力易行称名不論不浄。不撰時処。】

〔弘法大師の釈に、一は無量の一なりと。そもそも真言の功能は余法に勝れり。得益は諸教を越ゆ。且つは一二分の勝劣を出づ。淨不浄を撰ばず。常に誦持すれば、仏は親しく事を勧む。この真言独り余行に勝れり。彼の他力易行の称名は不淨を論ぜず。時処を撰ばず。〕
(つづく)

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

コスモス寺花だより


昨夕からの雨で草木は生き返ったように緑があざやかになりました。コスモスの苗はグイっと伸びて早いものは5,60センチほどになりました。背丈が1メートルを超えると花が見ごろとなります。

〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪栽培中≫ ちらほら咲き出しています。

・開花時期―6月~7月上旬
・種類:9種(センセーション、シーシェル、ピコティ、サイケ、スーパービッキィ、ダブルクリック、日の丸、ディアボロ、美色混合)
・本数:7万本

〔いま咲いている花〕
◇梅花ウツギ:≪見ごろ≫ 卯の花ともいう

「かすみつつこころ山ゆく花うつぎ」飯田龍太
「おしあふて又卯の花の咲きこぼれ」正岡子規

◇花菱草:≪見ごろ≫カリフォルニア・ポピー

「愛らしき金のさかづきさし上げて
   日のひかりくむ花菱草よ」木下利玄

◇黄菖蒲:≪見ごろ≫
◇山アジサイ、紫陽花:≪つぼみ≫
◇ひつじ草、姫スイレン:≪咲きはじめ≫ ひつじ草は日本原産で山間の池泉に自生しますが、絶滅が危惧されています。

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1130
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)

◆【弘法大師釈一無量一也。抑真言功能勝余法。得益越諸教。且出一二分勝劣。不撰浄不浄。常誦持。仏親勧事。此真言独勝余行。彼他力易行称名不論不浄。不撰時処。】

〔弘法大師の釈に、一は無量の一なりと。そもそも真言の功能は余法に勝れり。得益は諸教を越ゆ。且つは一二分の勝劣を出づ。淨不浄を撰ばず。常に誦持すれば、仏は親しく事を勧む。この真言独り余行に勝れり。彼の他力易行の称名は不淨を論ぜず。時処を撰ばず。〕
(つづく)

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

コスモス寺花だより


〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪栽培中≫ ちらほら咲き出しています。
・開花時期―6月~7月上旬
・種類:9種(センセーション、シーシェル、ピコティ、サイケ、スーパービッキィ、ダブルクリック、日の丸、ディアボロ、美色混合)
・本数:5~7万本

〔いま咲いている花〕
◇梅花ウツギ:≪見ごろ≫ 卯の花ともいう

「卯の花のこぼるる蕗の広葉かな」与謝蕪村

◇花菱草:≪見ごろ≫カリフォルニア・ポピー

「愛らしき金のさかづきさし上げて
   日のひかりくむ花菱草よ」木下利玄

◇黄菖蒲:≪見ごろ≫
◇山アジサイ:≪つぼみ≫
◇ひつじ草、姫スイレン:≪咲きはじめ≫ ひつじ草は日本原産で山間の池泉に自生しますが、絶滅が危惧されています。

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1130
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)

◆【弘法大師釈一無量一也。抑真言功能勝余法。得益越諸教。且出一二分勝劣。不撰浄不浄。常誦持。仏親勧事。此真言独勝余行。彼他力易行称名不論不浄。不撰時処。】

〔弘法大師の釈に、一は無量の一なりと。そもそも真言の功能は余法に勝れり。得益は諸教を越ゆ。且つは一二分の勝劣を出づ。淨不浄を撰ばず。常に誦持すれば、仏は親しく事を勧む。この真言独り余行に勝れり。彼の他力易行の称名は不淨を論ぜず。時処を撰ばず。〕
(つづく)


| | コメント (0)

2019年5月13日 (月)

コスモス寺花だより


奈良は連日の夏日、30度になりました。まだ5月半ばというのに少し暑すぎます。平年並みの25度くらいが過ごしやすい気温ですね。
でも植物の生長には、高温で日照があるのが一番よい環境なのかも。もう一つ、雨があれば言うことなしです。

〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪栽培中≫ちらほら咲き出しています。
・開花時期―6月~7月上旬
・種類:9種(センセーション、シーシェル、ピコティ、サイケ、スーパービッキィ、ダブルクリック、日の丸、ディアボロ、美色混合)
・本数:5万本(当初3万本の予定でしたが、遅霜対策に種を多くまいたため、予想外に苗が多くなってしまいました。そのため最終5~7万本程度になりそうです。)

〔いま咲いている花〕
◇矢車菊:≪見ごろ≫ドイツの花。
◇花菱草:≪見ごろ≫カリフォルニア・ポピー

「愛らしき金のさかづきさし上げて
   日のひかりくむ花菱草よ」木下利玄

◇グラジオラス:≪見ごろ≫
◇唐種小賀玉:≪咲きはじめ≫別名バナナの木とも言う。芳香あり。
◇梅花ウツギ、桜ウツギ:≪つぼみ≫卯の花ともいう
◇山アジサイ:≪つぼみ≫
◇ひつじ草:≪咲きはじめ≫

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1130
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)

◆【弘法大師釈一無量一也。抑真言功能勝余法。得益越諸教。且出一二分勝劣。不撰浄不浄。常誦持。仏親勧事。此真言独勝余行。彼他力易行称名不論不浄。不撰時処。】

〔弘法大師の釈に、一は無量の一なりと。そもそも真言の功能は余法に勝れり。得益は諸教を越ゆ。且つは一二分の勝劣を出づ。淨不浄を撰ばず。常に誦持すれば、仏は親しく事を勧む。この真言独り余行に勝れり。彼の他力易行の称名は不淨を論ぜず。時処を撰ばず。〕
(つづく)

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

コスモス寺花だより

〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪栽培中≫ちらほら咲き出しています。
・開花時期―6月~7月上旬
・種類:9種(センセーション、シーシェル、ピコティ、サイケ、スーパービッキィ、ダブルクリック、日の丸、ディアボロ、美色混合)
・本数:5万本(当初3万本の予定でしたが、遅霜対策に種を多くまいたため、予想外に苗が多くなってしまいました。そのため最終5~7万本程度になりそうです。)

 

〔いま咲いている花〕
◇金鳳華(きんぽうげ):≪見ごろ≫野の花「うまのあしがた」の一種。

 

「きんぽうげこの地たづぬる神ありて」角川源義

 

◇矢車菊:≪見ごろ≫ドイツの花。
◇花菱草:≪見ごろ≫カリフォルニア・ポピー

 

「愛らしき金のさかづきさし上げて
   日のひかりくむ花菱草よ」木下利玄

 

◇蔓日日草:≪見ごろ≫
◇グラジオラス:≪見ごろ≫
◇唐種小賀玉:≪咲きはじめ≫別名バナナの木とも言う。芳香あり。
◇梅花ウツギ:≪つぼみ≫
◇ひつじ草:≪つぼみ≫

 

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

 

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1130
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

 

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)

 

◆【弘法大師釈一無量一也。抑真言功能勝余法。得益越諸教。且出一二分勝劣。不撰浄不浄。常誦持。仏親勧事。此真言独勝余行。彼他力易行称名不論不浄。不撰時処。】

 

〔弘法大師の釈に、一は無量の一なりと。そもそも真言の功能は余法に勝れり。得益は諸教を越ゆ。且つは一二分の勝劣を出づ。淨不浄を撰ばず。常に誦持すれば、仏は親しく事を勧む。この真言独り余行に勝れり。彼の他力易行の称名は不淨を論ぜず。時処を撰ばず。〕
(つづく)

 

| | コメント (0)

2019年5月11日 (土)

コスモス寺花だより

〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪育成中≫ちらほら咲き出しています。
・開花時期:6月~7月上旬
・種類:9種(センセーション、シーシェル、ピコティ、サイケ、スーパービッキィ、ダブルクリック、日の丸、ディアボロ、美色混合) 
・本数:5万本(当初3万本と見込んでいましたが、種をまきすぎて予想外に苗が多くなってしまい、最終5~7万本程度になりそうです。)

〔いま咲いている花〕
◇金鳳華(きんぽうげ):≪見ごろ≫野の花で「うまのあしがた」ともいう。

「あるけばきんぽうげすわればきんぽうげ」種田山頭火
「金鳳華咲き故郷の道そつくり」右城暮石

◇矢車菊:≪見ごろ≫ドイツ原産
◇花菱草:≪見ごろ≫カリフォルニア・ポピー

「愛らしき金のさかづきさし上げて 日のひかりくむ花菱草よ」木下利玄

◇射干(しゃが):≪見ごろ≫日本の野草
◇蔓日日草(つるにちにちそう):≪見ごろ≫
◇グラジオラス:≪見ごろ≫
◇唐種小賀玉(からたねおがたま):≪咲きはじめ≫バナナのような芳香あり。
◇梅花空木:≪つぼみ≫

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   あじさい(6月)
・秋:コスモス(9月下旬~11月上旬)
・冬:水仙(12月~2月)

〔真言律宗宗祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)一代記を読む〕1129
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんえんぎ)

◆【元暁大姉釈云。雖他造自無受在縁起難思力。不可不信。後悔勿及事。次光明真言廿三字明。含五字真言。二字要縮終二字撰一阿字。極此一多円融惣持秘術広略無礙瑜伽妙法也。】

〔元暁(がんぎょう①)大姉の釈に云う。他の造り、自ら受くること無しと雖も、縁起難思の力在り。信ぜざるべからず。後悔に及ぶこと勿れ。次に光明真言廿三字を明かす。五字真言を含む。二字を要縮すれば、終に二字は一阿字を撰ぶ。此の一多円融、惣持秘術、広略無礙の瑜伽の妙法なり。〕

① 元暁=七世紀の新羅の僧。華厳を中心に多数の著作を残す。戒律関係では『菩薩戒本持犯要記』を著わす。
(つづく)


| | コメント (0)

2019年5月10日 (金)

コスモス寺花だより


〔いま咲いている花〕
◇金鳳華(きんぽうげ):≪見ごろ≫野の花で「うまのあしがた」ともいう。

「あるけばきんぽうげすわればきんぽうげ」種田山頭火
「金鳳華風吹くたびに黄を加へ」飯田隆太

◇矢車菊:≪見ごろ≫ドイツ原産
◇花菱草:≪見ごろ≫カリフォルニア・ポピー

「愛らしき金のさかづきさし上げて 日のひかりくむ花菱草よ」木下利玄

◇射干(しゃが):≪見ごろ≫日本の野草
◇蔓日日草(つるにちにちそう):≪見ごろ≫
◇グラジオラス:≪見ごろ≫
◇唐種小賀玉(からたねおがたま):≪咲きはじめ≫バナナのような芳香あり。
◇梅花空木:≪つぼみ≫

〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪育成中≫ちらほら咲き出しています。
・開花時期:6月~7月上旬
・種類:9種(センセーション、シーシェル、ピコティ、サイケ、スーパービッキィ、ダブルクリック、日の丸、ディアボロ、美色混合) 
・本数:5万本(当初3万本と見込んでいましたが、種をまきすぎて予想外に苗が多くなってしまい、最終5~7万本程度になりそうです。)

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   あじさい(6月)
・秋:コスモス(9月下旬~11月上旬)
・冬:水仙(12月~2月)

〔春の秘仏公開〕

・期間:4月29日~5月10日
・時間:10時~16時
・会場:般若寺宝蔵堂
・内容:十三重大石塔より出現の「白鳳阿弥陀如来像と体内仏」をはじめ平素非公開の秘仏秘宝を特別御開帳しています。
・特別拝観料:200円(入山拝観料とは別途に頂戴しています)

〔真言律宗宗祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)一代記を読む〕1129
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんえんぎ)

◆【元暁大姉釈云。雖他造自無受在縁起難思力。不可不信。後悔勿及事。次光明真言廿三字明。含五字真言。二字要縮終二字撰一阿字。極此一多円融惣持秘術広略無礙瑜伽妙法也。】

〔元暁(がんぎょう①)大姉の釈に云う。他の造り、自ら受くること無しと雖も、縁起難思の力在り。信ぜざるべからず。後悔に及ぶこと勿れ。次に光明真言廿三字を明かす。五字真言を含む。二字を要縮すれば、終に二字は一阿字を撰ぶ。此の一多円融、惣持秘術、広略無礙の瑜伽の妙法なり。〕

① 元暁=七世紀の新羅の僧。華厳を中心に多数の著作を残す。戒律関係では『菩薩戒本持犯要記』を著わす。
(つづく)

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

コスモス寺花だより


〔いま咲いている花〕
◇金鳳華(きんぽうげ):≪見ごろ≫野の花で「うまのあしがた」ともいう。

「山坂やうまのあしがた右ひだり」星野麥丘人
「金鳳華照りて空しき天守かな」阿波野青畝

◇矢車菊:≪見ごろ≫ドイツ原産
◇花菱草:≪見ごろ≫カリフォルニア・ポピー
◇射干(しゃが):≪見ごろ≫日本の野草
◇蔓日日草(つるにちにちそう):≪見ごろ≫
◇リナリア(紫雲蘭):≪見ごろ≫大石塔の基壇石畳に自生する。
◇唐種小賀玉(からたねおがたま):≪咲きはじめ≫バナナのような芳香あり。
◇梅花空木:≪つぼみ≫

〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪育成中≫ちらほら咲き出しています。
・開花時期:6月~7月上旬
・9種類(センセーション、シーシェル、ピコティ、サイケ、スーパービッキィ、ダブルクリック、日の丸、ディアボロ、美色混合) 3万本

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   あじさい(6月)
・秋:コスモス(9月下旬~11月上旬)
・冬:水仙(12月~2月)

〔春の秘仏公開〕

・期間:4月29日~5月10日
・時間:10時~16時
・会場:般若寺宝蔵堂
・内容:十三重大石塔より出現の「白鳳阿弥陀如来像と体内仏」をはじめ平素非公開の秘仏秘宝を特別御開帳しています。
・特別拝観料:200円(入山拝観料とは別途に頂戴しています)

〔真言律宗宗祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)一代記を読む〕1129
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんえんぎ)

◆【元暁大姉釈云。雖他造自無受在縁起難思力。不可不信。後悔勿及事。次光明真言廿三字明。含五字真言。二字要縮終二字撰一阿字。極此一多円融惣持秘術広略無礙瑜伽妙法也。】

〔元暁(がんぎょう①)大姉の釈に云う。他の造り、自ら受くること無しと雖も、縁起難思の力在り。信ぜざるべからず。後悔に及ぶこと勿れ。次に光明真言廿三字を明かす。五字真言を含む。二字を要縮すれば、終に二字は一阿字を撰ぶ。此の一多円融、惣持秘術、広略無礙の瑜伽の妙法なり。〕

① 元暁=七世紀の新羅の僧。華厳を中心に多数の著作を残す。戒律関係では『菩薩戒本持犯要記』を著わす。
(つづく)

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

コスモス寺花だより


〔いま咲いている花〕
◇金鳳華(きんぽうげ):≪見ごろ≫野の花「うまのあしがた」の一種。

「夕方の明るき花の金鳳華」星野立子
「燦燦と愛してゐるかきんぽうげ」平井照敏

◇ヤグルマギク:≪見ごろ≫ドイツの花。
◇シャガ:≪見ごろ≫日本の山野草。
◇ツルニチニチソウ:≪見ごろ≫
◇リナリア(紫雲蘭):≪見ごろ≫大石塔の基壇石畳に自生する。
◇カラタネオガタマ:≪咲きはじめ≫別名バナナの木とも言う。芳香あり。
◇梅花ウツギ:≪つぼみ≫

〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪栽培中≫
ピコティという種類は咲き始めました。
・開花時期―6月~7月上旬
・8種類、3万本

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔春の秘仏特別公開〕
・期間:4月29日~5月10日
・時間:10時~16時
・会場:般若寺宝蔵堂
・内容:十三重大石塔より出現の「白鳳秘仏・金銅製阿弥陀如来立像と体内仏」「水晶製舎利塔」「宋版法華経」等のほか、
「嵯峨天皇宸翰扁額」「平安時代木造阿弥陀如来立像」「丈六文殊の脇侍手首と太刀」「青銅製相輪」「清涼寺式釈迦如来画像」「神功皇后大絵馬」など。
・特別拝観料:200円(入山拝観料とは別途に納めていただきます)


《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1129
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)


◆【元暁大師釈云。雖他造自無受在縁起難思力。不可不信。後悔勿及事。次光明真言廿三字明。含五字真言。二字要縮終二字撰一阿字。極此一多円融惣持秘術広略無礙瑜伽妙法也。】

〔元暁(がんぎょう①)大師の釈に云う。他の造り、自ら受くること無しと雖も、縁起難思の力在り。信ぜざるべからず。後悔に及ぶこと勿れ。次に光明真言廿三字を明かす。五字真言を含む。二字を要縮すれば、終に二字は一阿字を撰ぶ。此の一多円融、惣持秘術、広略無礙の瑜伽の妙法なり。〕

① 元曉=七世紀の新羅の僧。華厳を中心に多数の著作を残す。戒律では注釈書『菩薩戒本持犯要記』がある。
(つづく)

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

コスモス寺花だより

長い連休が終わり、行楽地にも静けさが戻ります。これからは新緑の美しい季節です。当寺では6月が近づくと、初夏のコスモスが見ごろとなります。この時期は秋に比べ人出は少なく、ゆっくりとお花を愛でていただけます。
〔いま咲いている花〕
◇金鳳華(きんぽうげ):≪見ごろ≫野の花「うまのあしがた」の一種。

「だんだんに己かがやき金鳳華」中村汀女
「ぬれるだけぬれてきたきんぽうげ」種田山頭火

◇ヤグルマギク:≪見ごろ≫ドイツの花。
◇シャガ:≪見ごろ≫日本の山野草。
◇ツルニチニチソウ:≪見ごろ≫
◇リナリア(紫雲蘭):≪見ごろ≫大石塔の基壇石畳に自生する。
◇カラタネオガタマ:≪咲きはじめ≫別名バナナの木とも言う。芳香あり。
◇梅花ウツギ:≪つぼみ≫

〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪栽培中≫
ピコティという種類は咲き始めました。
・開花時期―6月~7月上旬
・8種類、3万本

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔春の秘仏特別公開〕
・期間:4月29日~5月10日
・時間:10時~16時
・会場:般若寺宝蔵堂
・内容:十三重大石塔より出現の「白鳳秘仏・金銅製阿弥陀如来立像と体内仏」「水晶製舎利塔」「宋版法華経」等のほか、
「嵯峨天皇宸翰扁額」「平安時代木造阿弥陀如来立像」「丈六文殊の脇侍手首と太刀」「青銅製相輪」「清涼寺式釈迦如来画像」「神功皇后大絵馬」など。
・特別拝観料:200円(入山拝観料とは別途に納めていただきます)


《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1128
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)


◆【有声鼓書此陀羅尼打之。四重五逆罪人聞之速滅罪。至見仏聞法位。是則法爾六大内証薫力遍一切処難思縁起也。】

〔声有りて鼓に此の陀羅尼を書いて之を打つに、四重五逆(しじゅうごぎゃく①)の罪人も之を聞き速やかに罪を滅し、見仏聞法(けんぶつもんぼう②)の位に至る。これ則ち法爾(ほうに③)六大内証の薫力は一切処に遍く、難思の縁起なり。〕

① 四重五逆=四重は四重罪。殺生、偸盗、邪婬、妄語の四つの禁戒を犯した重罪。五逆は五逆罪。父、母、阿羅漢を殺すこと、僧の和合を破ること、仏身を傷つけることの五つ。これを犯すと無間地獄に落ちるとされる。
② 見仏聞法=見仏は仏の姿、または光明、浄土の荘厳なさまを見ること。聞法は仏法を聴聞すること。
③ 法爾=本来あるがままの姿。
(つづく)

| | コメント (0)

2019年5月 6日 (月)

コスモス寺花だより


〔いま咲いている花〕
◇ヤグルマギク:≪見ごろ≫ドイツの花。
◇シャガ:≪見ごろ≫日本の山野草。
◇ツルニチニチソウ:≪見ごろ≫
◇リナリア(紫雲蘭):≪見ごろ≫大石塔の基壇石畳に自生する。
◇カラタネオガタマ:≪咲きはじめ≫別名バナナの木とも言う。芳香あり。
◇梅花ウツギ:≪つぼみ≫

〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪栽培中≫
・開花時期―6月~7月上旬
・8種類、3万本

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔春の秘仏特別公開〕
・期間:4月29日~5月10日
・時間:10時~16時
・会場:般若寺宝蔵堂
・内容:十三重大石塔より出現の「白鳳秘仏・金銅製阿弥陀如来立像と体内仏」「水晶製舎利塔」「宋版法華経」等のほか、
「嵯峨天皇宸翰扁額」「平安時代木造阿弥陀如来立像」「丈六文殊の脇侍手首と太刀」「青銅製相輪」「清涼寺式釈迦如来画像」「神功皇后大絵馬」など。
・特別拝観料:200円(入山拝観料とは別途に納めていただきます)


《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1128
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)


◆【有声鼓書此陀羅尼打之。四重五逆罪人聞之速滅罪。至見仏聞法位。是則法爾六大内証薫力遍一切処難思縁起也。】

〔声有りて鼓に此の陀羅尼を書いて之を打つに、四重五逆(しじゅうごぎゃく①)の罪人も之を聞き速やかに罪を滅し、見仏聞法(けんぶつもんぼう②)の位に至る。これ則ち法爾(ほうに③)六大内証の薫力は一切処に遍く、難思の縁起なり。〕

① 四重五逆=四重は四重罪。殺生、偸盗、邪婬、妄語の四つの禁戒を犯した重罪。五逆は五逆罪。父、母、阿羅漢を殺すこと、僧の和合を破ること、仏身を傷つけることの五つ。これを犯すと無間地獄に落ちるとされる。
② 見仏聞法=見仏は仏の姿、または光明、浄土の荘厳なさまを見ること。聞法は仏法を聴聞すること。
③ 法爾=本来あるがままの姿。
(つづく)


| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

コスモス寺花だより


〔いま咲いている花〕
◇ヤグルマギク:≪見ごろ≫ドイツの花。
◇シャガ:≪見ごろ≫日本の山野草。
◇ツルニチニチソウ:≪見ごろ≫
◇リナリア(紫雲蘭):≪見ごろ≫大石塔の基壇石畳に自生する。
◇カラタネオガタマ:≪咲きはじめ≫別名バナナの木とも言う。芳香あり。
◇梅花ウツギ:≪つぼみ≫

〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪栽培中≫
・開花時期―6月~7月上旬
・8種類、3万本

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔春の秘仏特別公開〕
・期間:4月29日~5月10日
・時間:10時~16時
・会場:般若寺宝蔵堂
・内容:十三重大石塔より出現の「白鳳秘仏・金銅製阿弥陀如来立像と体内仏」「水晶製舎利塔」「宋版法華経」等のほか、
「嵯峨天皇宸翰扁額」「平安時代木造阿弥陀如来立像」「丈六文殊の脇侍手首と太刀」「青銅製相輪」「清涼寺式釈迦如来画像」「神功皇后大絵馬」など。
・特別拝観料:200円(入山拝観料とは別途に納めていただきます)


《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1128
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)


◆【有声鼓書此陀羅尼打之。四重五逆罪人聞之速滅罪。至見仏聞法位。是則法爾六大内証薫力遍一切処難思縁起也。】

〔声有りて鼓に此の陀羅尼を書いて之を打つに、四重五逆(しじゅうごぎゃく①)の罪人も之を聞き速やかに罪を滅し、見仏聞法(けんぶつもんぼう②)の位に至る。これ則ち法爾(ほうに③)六大内証の薫力は一切処に遍く、難思の縁起なり。〕

① 四重五逆=四重は四重罪。殺生、偸盗、邪婬、妄語の四つの禁戒を犯した重罪。五逆は五逆罪。父、母、阿羅漢を殺すこと、僧の和合を破ること、仏身を傷つけることの五つ。これを犯すと無間地獄に落ちるとされる。
② 見仏聞法=見仏は仏の姿、または光明、浄土の荘厳なさまを見ること。聞法は仏法を聴聞すること。
③ 法爾=本来あるがままの姿。
(つづく)

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

コスモス寺花だより


〔いま咲いている花〕
◇山吹:≪終わり近し≫
「行く春の山吹散って蝶白し」正岡子規
◇ヤグルマギク:≪見ごろ≫ドイツの花。
◇シャガ:≪見ごろ≫日本の山野草。
◇ツルニチニチソウ:≪見ごろ≫
◇ニホンタンポポ:≪見ごろ≫山野草。
◇ニホンオドリコソウ:≪見ごろ≫山野草。
◇リナリア(紫雲蘭):≪見ごろ≫大石塔の基壇石畳に自生する。
◇カラタネオガタマ:≪咲きはじめ≫別名バナナの木とも言う。芳香あり。

〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪栽培中≫
ピコティという種類は背丈は低いながらも花を咲かせています。レンゲソウのように。
・開花時期―6月~7月上旬
・8種類、3万本

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔春の秘仏特別公開〕
・期間:4月29日~5月10日
・時間:10時~16時
・会場:般若寺宝蔵堂
・内容:十三重大石塔より出現の「白鳳秘仏・金銅製阿弥陀如来立像と体内仏」「水晶製舎利塔」「宋版法華経」等のほか、
「嵯峨天皇宸翰扁額」「平安時代木造阿弥陀如来立像」「丈六文殊の脇侍手首と太刀」「青銅製相輪」「清涼寺式釈迦如来画像」「神功皇后大絵馬」など。
・特別拝観料:200円(入山拝観料とは別途に納めていただきます)


《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1128
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)


◆【有声鼓書此陀羅尼打之。四重五逆罪人聞之速滅罪。至見仏聞法位。是則法爾六大内証薫力遍一切処難思縁起也。】

〔声有りて鼓に此の陀羅尼を書いて之を打つに、四重五逆(しじゅうごぎゃく①)の罪人も之を聞き速やかに罪を滅し、見仏聞法(けんぶつもんぼう②)の位に至る。これ則ち法爾(ほうに③)六大内証の薫力は一切処に遍く、難思の縁起なり。〕

① 四重五逆=四重は四重罪。殺生、偸盗、邪婬、妄語の四つの禁戒を犯した重罪。五逆は五逆罪。父、母、阿羅漢を殺すこと、僧の和合を破ること、仏身を傷つけることの五つ。これを犯すと無間地獄に落ちるとされる。
② 見仏聞法=見仏は仏の姿、または光明、浄土の荘厳なさまを見ること。聞法は仏法を聴聞すること。
③ 法爾=本来あるがままの姿。
(つづく)

| | コメント (0)

2019年5月 3日 (金)

コスモス寺花だより


連休の後半に入りお天気は定まったようです。今日も晴れ予報です。
〔いま咲いている花〕
◇山吹:≪終わり近し≫
「行く春の山吹散って蝶白し」正岡子規
◇ヤグルマギク:≪見ごろ≫ドイツの花。
◇シャガ:≪見ごろ≫日本の山野草。
◇ツルニチニチソウ:≪見ごろ≫
◇ニホンタンポポ:≪見ごろ≫山野草。
◇ニホンオドリコソウ:≪見ごろ≫山野草。
◇リナリア(紫雲蘭):≪見ごろ≫大石塔の基壇石畳に自生する。
◇カラタネオガタマ:≪咲きはじめ≫別名バナナの木とも言う。芳香あり。

〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪栽培中≫

・開花時期―6月~7月上旬
・8種類、3万本

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔春の秘仏特別公開〕
・期間:4月29日~5月10日
・時間:10時~16時
・会場:般若寺宝蔵堂
・内容:十三重大石塔より出現の「白鳳秘仏・金銅製阿弥陀如来立像と体内仏」「水晶製舎利塔」「宋版法華経」等のほか、
「嵯峨天皇宸翰扁額」「平安時代木造阿弥陀如来立像」「丈六文殊の脇侍手首と太刀」「青銅製相輪」「清涼寺式釈迦如来画像」「神功皇后大絵馬」など。
・特別拝観料:200円(入山拝観料とは別途に納めていただきます)


《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1127
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)


◆【此陀羅尼誦一遍。成誦万億無量大乗経万億無量陀羅尼万億無量法門。是故無心砂。以此真言加持。六道四生亡者悉施徃生成仏益。】

〔此の陀羅尼を誦すること一遍なりとも、万億無量の大乗経、万億無量の陀羅尼、万億無量の法門を誦することに成る。是の故に無心に砂を、此の真言を以って加持すれば、六道四生の亡者に悉く往生成仏の益を施さん。〕

(つづく)


| | コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

コスモス寺花だより


〔いま咲いている花〕
◇山吹:≪終わり近し≫
「行く春の山吹散って蝶白し」正岡子規
◇ヤグルマギク:≪見ごろ≫ドイツの花。
◇シャガ:≪見ごろ≫日本の山野草。
◇ツルニチニチソウ:≪見ごろ≫
◇ニホンタンポポ:≪見ごろ≫山野草。
◇ニホンオドリコソウ:≪見ごろ≫山野草。
◇リナリア(紫雲蘭):≪見ごろ≫大石塔の基壇石畳に自生する。
◇カラタネオガタマ:≪咲きはじめ≫別名バナナの木とも言う。芳香あり。

〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪栽培中≫

・開花時期―6月~7月上旬
・8種類、3万本

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔春の秘仏特別公開〕
・期間:4月29日~5月10日
・時間:10時~16時
・会場:般若寺宝蔵堂
・内容:十三重大石塔より出現の「白鳳秘仏・金銅製阿弥陀如来立像と体内仏」「水晶製舎利塔」「宋版法華経」等のほか、
「嵯峨天皇宸翰扁額」「平安時代木造阿弥陀如来立像」「丈六文殊の脇侍手首と太刀」「青銅製相輪」「清涼寺式釈迦如来画像」「神功皇后大絵馬」など。
・特別拝観料:200円(入山拝観料とは別途に納めていただきます)


《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1127
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)


◆【此陀羅尼誦一遍。成誦万億無量大乗経万億無量陀羅尼万億無量法門。是故無心砂。以此真言加持。六道四生亡者悉施徃生成仏益。】

〔此の陀羅尼を誦すること一遍なりとも、万億無量の大乗経、万億無量の陀羅尼、万億無量の法門を誦することに成る。是の故に無心に砂を、此の真言を以って加持すれば、六道四生の亡者に悉く往生成仏の益を施さん。〕

(つづく)

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

コスモス寺花だより


新天皇に代替わりで新しい時代が始まろうとしています。しかし、私達が前代から抱える諸問題は山積みの状態で、明るい未来を切り開くには大きな展望と努力が必要です。

〔いま咲いている花〕
◇山吹:≪終わり近し≫

「山吹や庫裡の暮しの音立てず」右城暮石
今年の山吹は桜と同じく長期間咲いてくれましたが、いよいよ終わりを迎えようとしています。
◇ヤグルマギク:≪見ごろ≫ドイツの花。
◇シャガ:≪見ごろ≫日本の山野草。
◇ツルニチニチソウ:≪見ごろ≫
◇ニホンタンポポ:≪見ごろ≫山野草。
◇ニホンオドリコソウ:≪見ごろ≫山野草。
◇リナリア(紫雲蘭):≪見ごろ≫大石塔の基壇石畳に自生する。
◇カラタネオガタマ:≪咲きはじめ≫別名バナナの木とも言う。芳香あり。

〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪栽培中≫

・開花時期―6月~7月上旬
・8種類、3万本

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔春の秘仏特別公開〕
・期間:4月29日~5月10日
・時間:10時~16時
・会場:般若寺宝蔵堂
・内容:十三重大石塔より出現の「白鳳秘仏・金銅製阿弥陀如来立像と体内仏」「水晶製舎利塔」「宋版法華経」等のほか、
「嵯峨天皇宸翰扁額」「平安時代木造阿弥陀如来立像」「丈六文殊の脇侍手首と太刀」「青銅製相輪」「清涼寺式釈迦如来画像」「神功皇后大絵馬」など。
・特別拝観料:200円(入山拝観料とは別途に納めていただきます)


《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1126
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)

◆【何処非此真言哉。五智輪円何物可離此陀羅尼哉。此真言不出五大五仏約六大平等実体。明及上法身下六道。而猶具足六大。仏説六大為法界体性。】

〔何処(いづこ)にても此の真言に非ざる哉。五智輪円(ごちりんえん①)の何物かは此の陀羅尼を離るべき哉。此の真言は五大五仏(ごだいごぶつ②)を出でず。六大(ろくだい③)平等の実体を約す。明(みょう④)は上は法身、下は六道に及びて猶六大を具足す。仏は六大を法界体性(ほっかいたいしょう⑤)たりと説けり。〕

① 五智輪円=五智は大日如来が備え持つという五種の智恵(法界体性智など)。輪円は輪円具足の曼荼羅。曼荼羅は諸仏如来の真実の功徳を円満具足して欠けることがないことをいう。
② 五大五仏=五大は地・水・火・風・空の万物をつくり出す五元素。五仏は法身大日如来と、如来から生じた、それをとりまく四仏。
③ 六大=五大に識を加える。法界に遍満していて、一切のより所となる宇宙の主体として具体的実在であるとし、これによって大日如来を象徴する。
④ 明=密教の真言、陀羅尼。愚闇を除くところからいう。
⑤ 法界体性=無尽の諸法を法界と名づけ、その諸法の所依たる体性を法界体性と名づく。

(つづく)

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »