« コスモス寺花だより | トップページ | コスモス寺花だより »

2019年6月 2日 (日)

コスモス寺花だより


〔コスモス〕
◇初夏咲きコスモス:≪見ごろ≫

この時期は秋と違ってほんとうに静かです。秋は大勢の人でひしめき合ってますが、今は花を独り占めできます。

・見ごろ:6月~7月上旬
・種類:9種(センセーション、シーシェル、ピコティ、サイケ、スーパービッキー、ダブルクリック、日の丸、ディアボロ、美色混合)
・本数:10万本

〔いま咲いている他の花〕

◇花菱草:≪見ごろ≫カリフォルニア・ポピー

「愛らしき金のさかづきさし上げて
   日のひかりくむ花菱草よ」木下利玄

◇山アジサイ:≪咲きはじめ≫

「山に山あじさゐ雨の降り足せる」高澤良一

◇紫陽花:≪つぼみ≫

◇ひつじ草、姫スイレン:≪咲きはじめ≫ ひつじ草は日本原産で、睡蓮の原生種です。
姫スイレンは桃色の花、未草はクリームがかった白色の花です。

「漣の吸ひ込まれゆく未草」西村和子

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1135
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺光明真言会縁起』
(さいだいじこうみょうしんごんええんぎ)

◆【况七日不退之勤行。何不除三途八難苦。乃至発因起縁成順成逆。皆以毎年七朝作善。將為来世張本。我等与衆生。皆共成仏道。敬白。】

〔況や七日不退の勤行は、何ぞ三途(さんず①)八難(はちなん②)の苦を除かざらんや。乃至、発因起縁は順と成り逆と成る。皆、毎年七朝の作善(さぜん③)を以って、将に来世の張本(ちょうぼん④)たり。我等と衆生と、皆共に仏道を成ぜんことを。敬って白す。〕

① 三途=熱苦を受ける火途、刀・剣・杖などで脅迫される刀途、互いに相食む血途の三つで、これを地獄・餓鬼・畜生の三悪道に配す。
② 八難=仏道修行の妨げとなる八つの障難。地獄・餓鬼・畜生の三悪道と、長寿天・辺地・盲聾瘖瘂(もうろういんあ)・世智弁聡(せちべんそう)・仏前仏後を数え、三途八難と成語する。
③ 作善=善根を積むこと。造仏・造塔、仏事供養を営むなど、一切の善事をなすこと。
④ 張本=あとになって起こることに備えて、前もって準備しておくこと。あらかじめ後の素地を築いておくこと。

(終わり)

|

« コスモス寺花だより | トップページ | コスモス寺花だより »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コスモス寺花だより | トップページ | コスモス寺花だより »