« コスモス寺花だより | トップページ | コスモス寺花だより »

2019年7月21日 (日)

コスモス寺花だより


〔コスモス〕
◇  2019年度 秋咲きコスモス:≪育成中≫

〇花の見ごろ;9月下旬~11月上旬

〇種類と本数;25種類。15万本。
〈秋にしか咲かない種類〉
① オータムビューティ(秋の美人);10月になれば咲き出し、11月上旬まで見ごろ。花は大きく色鮮やかな赤・白・ピンクの3色。般若寺では主力の品種。
② イエローガーデン;玉川大学農学部が20年かけて品種改良し、世界で初めて黄色いコスモスを作出。1987年品種登録される。レモンイエローと呼ばれる黄色。
③ イエローキャンパス;イエローガーデンから改良されて黄色があざやかになった。咲きはじめは白っぽいが気温が下がるにつれ黄色みが増す。
④ キャンパス・オレンジ;淡橙色。ピンクと黄色が混ざっているようにさまざまな濃淡を見せる。

〈春から秋まで季節に関係なく咲く、早咲き品種〉
⑤ センセーション混合;最も普及している品種で変化種が多い。背が高くなり、大きな花を咲かせる。赤・白・ピンクの色鮮やかな三色咲き。般若寺では2番目に多数。

〔いま咲いている他の花〕
 
◇ひつじ草、姫スイレン:≪見ごろ≫ 

ひつじ草は日本原産で、睡蓮の原生種。未の刻(午後1~3時)に咲くのでこの名がついた。クリームがかった白色の小さな花です。
姫スイレンは桃色の花。

「睡蓮の蕊の見えざる白さかな」嶋田一歩

◇秋海棠(しゅうかいどう):≪咲きはじめ≫

寛永年間(400年前)に中国から伝わる。原産は東南アジア。7月半ばから9月末まで咲き続ける。桃色花と白花の2種類あり。葉はゆがんだハート形。日陰を好む。花は「ベゴニア」に似ている。

「うなだれて花恋ふ花よ秋海棠」渡辺水巴

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1139
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺毎年七日七夜不断光明真言勤行式』
(さいだいじまいねんなぬかななよふだんこうみょうしんごんごんぎょうしき)

(休止)


|

« コスモス寺花だより | トップページ | コスモス寺花だより »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コスモス寺花だより | トップページ | コスモス寺花だより »