« コスモス寺花だより | トップページ | コスモス寺花だより »

2019年9月12日 (木)

コスモス寺花だより


2019年 般若寺コスモス開花情報

◇コスモス:≪見ごろ≫
・早咲き種の「美色コスモス」、「ハッピーリング」は満開になっています。「ソナタ」、「ダブルクリック」、「ピコティ」も咲いています。
・「オータムビューティ」などの秋咲き種は9月の終わりに咲き出し、
10月10日ごろ満開となります。

「コスモスに大空の青さ暮れ初む」尾崎放哉

〇花の見ごろ;9月~11月
今年は去年にに比べ早いようです。

〇種類と本数;25種類。15万本。

① ピコティ;花びらは白にピンクのふちどりがあったり、紅色に白い絞りが入るなど変化に富んだ咲き方をする。
② ハッピーリング;草丈は80センチくらい。花は全体にピンク色であるが、花弁の中心に濃いピンクのリング状模様が入り、外側にいくほど白くなる。
③ ソナタプレミアム;草丈は60㎝と低いが大輪の花を咲かせる。色は赤紫・白・ピンクの3色。
④ 美色コスモス;草丈は100㎝程度、花の大きさ中くらいで、花数が多い種類。赤白ピンク3色。秋のはじまりから咲き出す。

〈新品種・ダブルクリック〉
草丈は100㎝くらい。種の産地はフランス。コスモスの中では最も豪華な花を咲かせる。まるでダリアか菊のような複弁を持つ。花の色彩、形は豊富で5種類ある。
⑤ ローズボンボン;形は八重咲きから八重咲きとなる。ピンク色。


*参詣駐車場のご利用について
ふだんは参詣者には無料でご利用いただいておりますが、
秋のコスモスシーズンには、安全確保とスムーズな運用を図るため、
多数の運営スタッフを雇用しなければなりません。
つきましては、ご利用の皆様に「御利用協力金」(奉賽料)を
ご負担していただきたくお願い申し上げます。

・時期は9月21日から11月中頃まで。
(門前の県道754号線は交通量が多く、危険ですから並ぶことができません。最混雑の日は入場を制限させていただきます。ピーク時を避けるなど運営スタッフの指示に従ってください。)

〔いま咲いている他の花〕
 
◇ひつじ草、姫スイレン:≪見ごろ≫ 

睡蓮の原生種。未の刻(午後1~3時)に咲くのでこの名がついた、クリームがかった白色の小さな花です。

「すはと立つ睡蓮に風とびうつり」阿波野青畝

◇秋海棠(しゅうかいどう):≪見ごろ≫

「手拭に紅のつきてや秋海棠」各務支考

◇サルスベリ(百日紅):≪見ごろ≫

「古寺の片隅占めて百日紅」渡部美峰

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1139
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺毎年七日七夜不断光明真言勤行式』
(さいだいじまいねんなぬかななよふだんこうみょうしんごんごんぎょうしき)

◆【兼復当寺幷末寺近住男女。値遇不浅之故。同可載之。其外為勤行所群集之現前僧。及当寺幷常施院近住面々。恩所雖非七衆之数。恩分難黙止之故。又可載之。】

〔兼ねてまた、当寺ならびに末寺の近住(ごんじゅう①)の男女、値遇浅からざるの故、同じく之を載すべし。そのほか勤行のため群集するところの現前の僧、および当寺ならびに常施院(じょうせいん②)の近住衆の面々、恩所(おんじょ③)は七衆(しちしゅ④)の数に非ずといえども、恩分(おんぶん⑤)は黙止(もくし⑥)しがたきの故、また之を載すべし。〕

① 近住=三宝に親近して住すの意。在家信者で八斎戒をたもつ者。
② 常施院=布施物(衣食)を常備して生活困窮者を救済する施設。忍性菩薩が西大寺に設置したと伝えるが、ここの文によれば、西大寺寺内ではないが近い場所にあったと想定される。
③ 恩所=恩はめぐみ、いつくしみの意。恩人のこと。
④ 七衆=仏の教えを奉ずる僧俗男女の七種の人。出家の比丘・比丘尼・式叉摩那・沙弥・沙弥尼、在家の優婆塞・優婆夷。
⑤ 恩分=
⑥ 黙止=口をつぐんでそのままにしておくこと。無言ですます。
(続く)

|

« コスモス寺花だより | トップページ | コスモス寺花だより »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コスモス寺花だより | トップページ | コスモス寺花だより »