« 2019年11月 | トップページ

2019年12月

2019年12月13日 (金)

コスモス寺花だより


◇水仙:≪咲きはじめ≫

水仙は地中海沿岸が原産地で、ギリシャ神話のナルキッソスが名前の由来です。
シルクロードを通って中国まで運ばれ、泉に住まう水の精、水の仙人と名づけられたのでしょう。日本へは遣唐使が持ちかえったと言われています。
寒水仙、日本水仙、雪中花の名もあります。

花期 12月~2月
    本数 3万本。
種類は一重咲きの寒水仙と
八重咲きのチャフルネスの2種類。

「朝霜や顔でかぞゆる水仙花」沢露川
(さわろせん、1661-1743、伊賀の人) 

◇山茶花:≪見ごろ≫
◇南天の実:≪見ごろ≫ 

〔来年のコスモス〕
・初夏のコスモス:5月下旬~6月下旬
・秋のコスモス:9月中旬~11月上旬

〔四季の花暦〕
・冬:水仙(12月~2月)
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1167
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺毎年七日七夜不断光明真言勤行式』
(さいだいじまいねんなぬかななよふだんこうみょうしんごんごんぎょうしき)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

◆【一 結番事。

右不論衆多少。必可結四番。於一番者。諸衆皆集会。自余三番者。各守番可来勤。〈但除供養法衆。〉又結番以後。中間右来勤之人者。号結縁衆。番帳之奥別可書載名字。又撰已灌頂人六人。結六番。昼夜各一時。可令勤修大法。若堪能人多之時者。撰十二人。結十二番。一昼夜之間。各可令勤一時。依人数之多少。可相計者也。】

〔一 結番(けちばん①)の事

右、衆の多少を論ぜず、必ず四番に結ぶべし。一番に於いては諸衆みな集会し、自余(じよ②)の三番はおのおの番を守って来勤すべし。〔ただし供養法衆(③)を除く〕。また結番以後、中間に来り勤むるの人は結縁衆と号す。番帳の奥に別して名字を書載すべし。また已灌頂(いかんじょう④)の人六人を撰んで、六番に結んで、昼夜おのおの一時(いっとき⑤)に大法(だいほう⑥)を勤修せしむべし。もし堪能の人多からん時は、十二人を撰び十二番に結んで。一昼夜の間におのおの一時を勤めしむべし。人数の多少によってあい計るべきものなり。〕

① 結番=供養法師が行法を担当する時番の順を決めること。
② 自余=それよりほかの。残りの。
③ 供養法衆=時番を担当した導師に随伴して、所属寺院の同法衆僧たち多数が光明真言を唱和していたのであろう。
④ 已灌頂=すでに伝法灌頂を受け終わっている。
⑤ 一時=二時間。
⑥ 大法=光明真言法
◆【一 道場荘厳事。

右座之寛狭。衆之多少。依時隨境。不可一定。臨期相議。然而於大概者。非可不存知。先中央餝密壇。其傍可安土砂箱幷過去帳。辨備香花灯明。皆如常儀。〈毎時可備四面閼伽。〉】

(つづく)

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

コスモス寺花だより


◇水仙:≪咲きはじめ≫

水仙は地中海沿岸が原産地で、ギリシャ神話のナルキッソスが名前の由来です。
シルクロードを通って中国まで運ばれ、泉に住まう水の精、水の仙人と名づけられたのでしょう。日本へは遣唐使が持ちかえったと言われています。
寒水仙、日本水仙、雪中花の名もあります。

花期 12月~2月
    本数 3万本。
種類は一重咲きの寒水仙と
八重咲きのチャフルネスの2種類。

「水仙やもとより脛は雪の肌」溝口素丸
(みぞぐちそまる、1713-1795、江戸の人) 

◇山茶花:≪見ごろ≫
◇南天の実:≪見ごろ≫ 

〔来年のコスモス〕
・初夏のコスモス:5月下旬~6月下旬
・秋のコスモス:9月中旬~11月上旬

〔四季の花暦〕
・冬:水仙(12月~2月)
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1166
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺毎年七日七夜不断光明真言勤行式』
(さいだいじまいねんなぬかななよふだんこうみょうしんごんごんぎょうしき)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

◆【一 道場荘厳事。

右座之寛狭。衆之多少。依時隨境。不可一定。臨期相議。然而於大概者。非可不存知。先中央餝密壇。其傍可安土砂箱幷過去帳。辨備香花灯明。皆如常儀。〈毎時可備四面閼伽。〉】

〔一 道場荘厳の事

右、座の寛狭、衆の多少は時に依り境に随って、一定すべからず。期に臨んで相議すべし。しかれども大概に於いては、存知せざるべきに非ず。先ず中央に密壇(みつだん①)を餝(かざ)って、その傍に土砂の箱ならびに過去帳を安んずべし。香花灯明を弁備(べんび②)することは、みな常儀の如し。〈時ごとに四面に閼伽を備うべし。〉〕

① 密壇=現在の密壇といえば、一面器の密教法具を飾る長方形の檀を言うが、この頃は壇塔(国宝舎利塔)をまつり、四面器等をかざる正方形の大壇のことを言うのであろう。西大寺愛染堂には当時の大壇(重要文化財)が現存する。この節の最期に「四面の閼伽」とあり、四面器を用いたことが分かる。
② 弁備=わきまえ備えること。弁供。

(つづく)

| | コメント (0)

2019年12月11日 (水)

コスモス寺花だより


◇水仙:≪咲きはじめ≫

水仙は地中海沿岸が原産地で、ギリシャ神話のナルキッソスが名前の由来です。
シルクロードを通って中国まで運ばれ、泉に住まう水の精、水の仙人と名づけられたのでしょう。日本へは遣唐使が持ちかえったと言われています。
寒水仙、日本水仙、雪中花の名もあります。

花期 12月~2月
    本数 3万本。
種類は一重咲きの寒水仙と
八重咲きのチャフルネスの2種類。

「水仙になを分行やほし月夜」宝井其角
(たからいきかく、1661-1707、江戸の人、蕉門) 

◇山茶花:≪見ごろ≫
◇南天の実:≪見ごろ≫ 

〔来年のコスモス〕
・初夏のコスモス:5月下旬~6月下旬
・秋のコスモス:9月中旬~11月上旬

〔四季の花暦〕
・冬:水仙(12月~2月)
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1166
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺毎年七日七夜不断光明真言勤行式』
(さいだいじまいねんなぬかななよふだんこうみょうしんごんごんぎょうしき)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

◆【一 道場荘厳事。

右座之寛狭。衆之多少。依時隨境。不可一定。臨期相議。然而於大概者。非可不存知。先中央餝密壇。其傍可安土砂箱幷過去帳。辨備香花灯明。皆如常儀。〈毎時可備四面閼伽。〉】

〔一 道場荘厳の事

右、座の寛狭、衆の多少は時に依り境に随って、一定すべからず。期に臨んで相議すべし。しかれども大概に於いては、存知せざるべきに非ず。先ず中央に密壇(みつだん①)を餝(かざ)って、その傍に土砂の箱ならびに過去帳を安んずべし。香花灯明を弁備(べんび②)することは、みな常儀の如し。〈時ごとに四面に閼伽を備うべし。〉〕

① 密壇=現在の密壇といえば、一面器の密教法具を飾る長方形の檀を言うが、この頃は壇塔(国宝舎利塔)をまつり、四面器等をかざる正方形の大壇のことを言うのであろう。西大寺愛染堂には当時の大壇(重要文化財)が現存する。この節の最期に「四面の閼伽」とあり、四面器を用いたことが分かる。
② 弁備=わきまえ備えること。弁供。

(つづく)

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

コスモス寺花だより


◇水仙:≪咲きはじめ≫

水仙は地中海沿岸が原産地で、ギリシャ神話のナルキッソスが名前の由来です。
シルクロードを通って中国まで運ばれ、泉に住まう水の精、水の仙人と名づけられたのでしょう。日本へは遣唐使が持ちかえったと言われています。
寒水仙、日本水仙、雪中花の名もあります。

花期 12月~2月
    本数 3万本。
種類は一重咲きの寒水仙と
八重咲きのチャフルネスの2種類。

「此こころ一すじやさし水仙花」岩田涼菟
(いわたりょうと、1659-1717、伊勢の人、蕉門) 

◇山茶花:≪見ごろ≫
◇南天の実:≪見ごろ≫ 

〔来年のコスモス〕
・初夏のコスモス:5月下旬~6月下旬
・秋のコスモス:9月中旬~11月上旬

〔四季の花暦〕
・冬:水仙(12月~2月)
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1166
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺毎年七日七夜不断光明真言勤行式』
(さいだいじまいねんなぬかななよふだんこうみょうしんごんごんぎょうしき)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

◆【一 道場荘厳事。

右座之寛狭。衆之多少。依時隨境。不可一定。臨期相議。然而於大概者。非可不存知。先中央餝密壇。其傍可安土砂箱幷過去帳。辨備香花灯明。皆如常儀。〈毎時可備四面閼伽。〉】

〔一 道場荘厳の事

右、座の寛狭、衆の多少は時に依り境に随って、一定すべからず。期に臨んで相議すべし。しかれども大概に於いては、存知せざるべきに非ず。先ず中央に密壇(みつだん①)を餝(かざ)って、その傍に土砂の箱ならびに過去帳を安んずべし。香花灯明を弁備(べんび②)することは、みな常儀の如し。〈時ごとに四面に閼伽を備うべし。〉〕

① 密壇=現在の密壇といえば、一面器の密教法具を飾る長方形の檀を言うが、この頃は壇塔(国宝舎利塔)をまつり、四面器等をかざる正方形の大壇のことを言うのであろう。西大寺愛染堂には当時の大壇(重要文化財)が現存する。この節の最期に「四面の閼伽」とあり、四面器を用いたことが分かる。
② 弁備=わきまえ備えること。弁供。

(つづく)

| | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

コスモス寺花だより


◇水仙:≪咲きはじめ≫

水仙は地中海沿岸が原産地で、ギリシャ神話のナルキッソスが名前の由来です。
シルクロードを通って中国まで運ばれ、泉に住まう水の精、水の仙人と名づけられたのでしょう。日本へは遣唐使が持ちかえったと言われています。
寒水仙、日本水仙、雪中花の名もあります。

花期 12月~2月
    本数 3万本。
種類は一重咲きの寒水仙と
八重咲きのチャフルネスの2種類。

「水仙にあたる朝日の廻りかな」野紅
(やこう、長野氏、1660-1741、豊後の人) 

◇山茶花:≪見ごろ≫
◇南天の実:≪見ごろ≫ 

〔来年のコスモス〕
・初夏のコスモス:5月下旬~6月下旬
・秋のコスモス:9月中旬~11月上旬

〔四季の花暦〕
・冬:水仙(12月~2月)
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1165
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺毎年七日七夜不断光明真言勤行式』
(さいだいじまいねんなぬかななよふだんこうみょうしんごんごんぎょうしき)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

◆【於此外者。輙不可載之。是雖似別親疎。若及広博者。筆紙難堪。被読有煩。還可為退転之因縁。何况廻向及法界。豈敢有漏脱乎。凡七衆位別道俗交異之間。為簡別階級。類集作十巻者也。〈十巻内前九巻者。悉可読之。至第十巻者。羊羊書載数十人亡者之間。已大巻欲之悉読。時剋推遷。還為衆会之疲労。仍有衆議自今以後者。可読当年書入之分云云。〉】

〔このほかに於いては、輙(たやす)く之を載するべからず。これ親疎を別つに似たりと雖も、もし広博(こうはく①)に及べば、筆紙は堪えがたく、披読(ひどく②)するに煩いあって還って退転(たいてん③)の因縁となるべし。いかにいわんや、廻向は法界に及ぶ。あに敢えて漏脱(ろうだつ④)あらんや。およそ七衆は位を別つに、道俗は交わり異なるのあいだ、階級を簡別せんがため、類集して十巻と作すものなり。
〈十巻の内、前の九巻は悉くこれを読むべし。第十の巻に至りては、羊羊(⑤)たるに数十人の亡者を書載するの間、已に大巻にしてこれを悉く読まんと欲すれば時刻推遷(すいせん⑥)し、かえって衆会の疲労となる。すなわち衆議あって、今より以後は当年書き入るるの分を読むべし。云々。〉〕

① 広博=ひろいこと。
② 披読=ひらいて読むこと
③ 退転=だんだんに衰えていくこと。
④ 漏脱=もれおちること。
⑤ 羊羊=洋洋。水が満ちあふれるさま。限りないさま。
⑥ 推遷=うつりかわること。推移。経過。

(つづく)

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

コスモス寺花だより


◇水仙:≪咲きはじめ≫

水仙は地中海沿岸が原産地で、ギリシャ神話のナルキッソスが名前の由来です。
シルクロードを通って中国まで運ばれ、泉に住まう水の精、水の仙人と名づけられたのでしょう。日本へは遣唐使が持ちかえったと言われています。
寒水仙、日本水仙、雪中花の名もあります。

花期 12月~2月
    本数 3万本。
種類は一重咲きの寒水仙と
八重咲きのチャフルネスの2種類。

「おもかげの透通りけり水仙花」三宅嘯山
(みやけしょうざん、1718-1803、京都の人) 

◇山茶花:≪見ごろ≫
◇南天の実:≪見ごろ≫ 

〔来年のコスモス〕
・初夏のコスモス:5月下旬~6月下旬
・秋のコスモス:9月中旬~11月上旬

〔四季の花暦〕
・冬:水仙(12月~2月)
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1165
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺毎年七日七夜不断光明真言勤行式』
(さいだいじまいねんなぬかななよふだんこうみょうしんごんごんぎょうしき)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

◆【於此外者。輙不可載之。是雖似別親疎。若及広博者。筆紙難堪。被読有煩。還可為退転之因縁。何况廻向及法界。豈敢有漏脱乎。凡七衆位別道俗交異之間。為簡別階級。類集作十巻者也。〈十巻内前九巻者。悉可読之。至第十巻者。羊羊書載数十人亡者之間。已大巻欲之悉読。時剋推遷。還為衆会之疲労。仍有衆議自今以後者。可読当年書入之分云云。〉】

〔このほかに於いては、輙(たやす)く之を載するべからず。これ親疎を別つに似たりと雖も、もし広博(こうはく①)に及べば、筆紙は堪えがたく、披読(ひどく②)するに煩いあって還って退転(たいてん③)の因縁となるべし。いかにいわんや、廻向は法界に及ぶ。あに敢えて漏脱(ろうだつ④)あらんや。およそ七衆は位を別つに、道俗は交わり異なるのあいだ、階級を簡別せんがため、類集して十巻と作すものなり。
〈十巻の内、前の九巻は悉くこれを読むべし。第十の巻に至りては、羊羊(⑤)たるに数十人の亡者を書載するの間、已に大巻にしてこれを悉く読まんと欲すれば時刻推遷(すいせん⑥)し、かえって衆会の疲労となる。すなわち衆議あって、今より以後は当年書き入るるの分を読むべし。云々。〉〕

① 広博=ひろいこと。
② 披読=ひらいて読むこと
③ 退転=だんだんに衰えていくこと。
④ 漏脱=もれおちること。
⑤ 羊羊=洋洋。水が満ちあふれるさま。限りないさま。
⑥ 推遷=うつりかわること。推移。経過。

(つづく)

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

コスモス寺花だより


◇水仙:≪咲きはじめ≫

水仙は地中海沿岸が原産地で、ギリシャ神話のナルキッソスが名前の由来です。
シルクロードを通って中国まで運ばれ、泉に住まう水の精、水の仙人と名づけられたのでしょう。日本へは遣唐使が持ちかえったと言われています。
寒水仙、日本水仙、雪中花の名もあります。

花期 12月~2月
    本数 3万本。
種類は一重咲きの寒水仙と
八重咲きのチャフルネスの2種類。

「しかもはや水仙咲て空日哉」秋之坊
(あきのぼう、加賀金沢の人、蕉門)  

〔四季の花暦〕
・冬:水仙(12月~2月)
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1165
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺毎年七日七夜不断光明真言勤行式』
(さいだいじまいねんなぬかななよふだんこうみょうしんごんごんぎょうしき)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

◆【於此外者。輙不可載之。是雖似別親疎。若及広博者。筆紙難堪。被読有煩。還可為退転之因縁。何况廻向及法界。豈敢有漏脱乎。凡七衆位別道俗交異之間。為簡別階級。類集作十巻者也。〈十巻内前九巻者。悉可読之。至第十巻者。羊羊書載数十人亡者之間。已大巻欲之悉読。時剋推遷。還為衆会之疲労。仍有衆議自今以後者。可読当年書入之分云云。〉】

〔このほかに於いては、輙(たやす)く之を載するべからず。これ親疎を別つに似たりと雖も、もし広博(こうはく①)に及べば、筆紙は堪えがたく、披読(ひどく②)するに煩いあって還って退転(たいてん③)の因縁となるべし。いかにいわんや、廻向は法界に及ぶ。あに敢えて漏脱(ろうだつ④)あらんや。およそ七衆は位を別つに、道俗は交わり異なるのあいだ、階級を簡別せんがため、類集して十巻と作すものなり。
〈十巻の内、前の九巻は悉くこれを読むべし。第十の巻に至りては、羊羊(⑤)たるに数十人の亡者を書載するの間、已に大巻にしてこれを悉く読まんと欲すれば時刻推遷(すいせん⑥)し、かえって衆会の疲労となる。すなわち衆議あって、今より以後は当年書き入るるの分を読むべし。云々。〉〕

① 広博=ひろいこと。
② 披読=ひらいて読むこと
③ 退転=だんだんに衰えていくこと。
④ 漏脱=もれおちること。
⑤ 羊羊=洋洋。水が満ちあふれるさま。限りないさま。
⑥ 推遷=うつりかわること。推移。経過。

(つづく)

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

コスモス寺花だより


◇水仙:≪咲きはじめ≫

水仙は地中海沿岸が原産地で、ギリシャ神話のナルキッソスが名前の由来です。
シルクロードを通って中国まで運ばれ、泉に住まう水の精、水の仙人と名づけられたのでしょう。日本へは遣唐使が持ちかえったと言われています。
寒水仙、日本水仙、雪中花の名もあります。

花期 12月~2月
    本数 3万本。
種類は一重咲きの寒水仙と
八重咲きのチャフルネスの2種類。

「水仙や花好な子の手もつけず」田川鳳朗
(たがわほうろう、1762-1845、肥後熊本の人)  

〔四季の花暦〕
・冬:水仙(12月~2月)
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1164
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺毎年七日七夜不断光明真言勤行式』
(さいだいじまいねんなぬかななよふだんこうみょうしんごんごんぎょうしき)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

◆【凡於出家之五衆者。広通諸寺。近住男女者。限当寺及末寺。注載恩所事者。唯当寺会合現前僧。及当寺幷常施院近住衆而已。如之於此行法。運志合力。営斎粥。供灯明之輩。幷当寺浄人等。結縁已厚之故。又可載之。】

〔およそ出家の五衆(しゅっけのごしゅう①)に於いては、広く諸寺に通じ、近住の男女は当寺および末寺に限る。恩所を注し載することは、ただ当寺へ会合の現前の僧、および当寺ならびに常施院の近住衆のみ(写本には、ならくのみ)。加うるに、この行法において志を運び力を合わせ、斎粥(さいしゅく②)を営み、灯明を供するの輩、ならびに当寺の淨人(じょうにん③)等、結縁已に厚きが故に、また之を載すべし。〕

① 出家の五衆=比丘・比丘尼・式叉摩那・沙弥・沙弥尼の五衆。
② 斎粥=斎食。正しい決められた時にとる食事。
③ 淨人=在俗のままで寺に住み、僧たちに仕える者。寺で働く人。

(つづく)

| | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

コスモス寺花だより


◇水仙:≪咲きはじめ≫

水仙は地中海沿岸が原産地で、ギリシャ神話のナルキッソスが名前の由来です。
シルクロードを通って中国まで運ばれ、泉に住まう水の精、水の仙人と名づけられたのでしょう。日本へは遣唐使が持ちかえったと言われています。
寒水仙、日本水仙、雪中花の名もあります。

花期 12月~2月
    本数 3万本。
種類は一重咲きの寒水仙と
八重咲きのチャフルネスの2種類。

「水仙の花たてまつる仏かな」各務支考
  (美濃の人、1665-1731、蕉門)

〔四季の花暦〕
・冬:水仙(12月~2月)
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1164
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺毎年七日七夜不断光明真言勤行式』
(さいだいじまいねんなぬかななよふだんこうみょうしんごんごんぎょうしき)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

◆【凡於出家之五衆者。広通諸寺。近住男女者。限当寺及末寺。注載恩所事者。唯当寺会合現前僧。及当寺幷常施院近住衆而已。如之於此行法。運志合力。営斎粥。供灯明之輩。幷当寺浄人等。結縁已厚之故。又可載之。】

〔およそ出家の五衆(しゅっけのごしゅう①)に於いては、広く諸寺に通じ、近住の男女は当寺および末寺に限る。恩所を注し載することは、ただ当寺へ会合の現前の僧、および当寺ならびに常施院の近住衆のみ(写本には、ならくのみ)。加うるに、この行法において志を運び力を合わせ、斎粥(さいしゅく②)を営み、灯明を供するの輩、ならびに当寺の淨人(じょうにん③)等、結縁已に厚きが故に、また之を載すべし。〕

① 出家の五衆=比丘・比丘尼・式叉摩那・沙弥・沙弥尼の五衆。
② 斎粥=斎食。正しい決められた時にとる食事。
③ 淨人=在俗のままで寺に住み、僧たちに仕える者。寺で働く人。

(つづく)

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

コスモス寺花だより


◇水仙:≪咲きはじめ≫

水仙は地中海沿岸が原産地で、ギリシャ神話のナルキッソスが名前の由来です。
シルクロードを通って中国まで運ばれ、泉に住まう水の精、水の仙人と名づけられたのでしょう。日本へは遣唐使が持ちかえったと言われています。
寒水仙、日本水仙、雪中花の名もあります。

花期 12月~2月
    本数 3万本。
種類は一重咲きの寒水仙と
八重咲きのチャフルネスの2種類。

「水仙や囲ひの花を藪に見る」志田野バ(土+皮)
  (しだやば、1663-1740、越前福井の人、蕉門)

〔四季の花暦〕
・冬:水仙(12月~2月)
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1163
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺毎年七日七夜不断光明真言勤行式』
(さいだいじまいねんなぬかななよふだんこうみょうしんごんごんぎょうしき)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

◆【兼復当寺幷末寺近住男女。値遇不浅之故。同可載之。其外為勤行所群集之現前僧。及当寺幷常施院近住面々。恩所雖非七衆之数。恩分難黙止之故。又可載之。】

〔兼ねてまた、当寺ならびに末寺の近住(ごんじゅう①)の男女、値遇浅からざるの故、同じく之を載すべし。そのほか勤行のため群集するところの現前の僧、および当寺ならびに常施院(じょうせいん②)の近住の面々の恩所(おんじょ③)は七衆(しちしゅ④)の数に非ずといえども、恩分(おんぶん⑤)は黙止(もくし⑥)しがたきの故に、また之を載すべし。〕

① 近住=三宝に親近して住すの意。在家信者で八斎戒をたもつ者。斎戒の衆。
半僧半俗の衆ではあるが、比丘の下働きなど、寺の活動にはなくてはならない役割に従事した人々。
② 常施院=布施物(衣食)を常備して生活困窮者を救済する施設。忍性菩薩が西大寺に設置したと伝えるが、この文によれば西大寺寺内ではないが近い場所にあったものと想定される。
③ 恩所=恩のあるところ。恩人。恩はめぐみ、いつくしみの意。
④ 七衆=仏の教えを奉じ教団を構成する七種類の僧俗の男女。出家五衆と優婆塞(男性)、優婆夷(女性)の在家二衆。
⑤ 恩分=こうむった恩。            
⑥ 黙止=口をつぐんでそのままにしておくこと。無視と同意。

(つづく)

| | コメント (0)

2019年12月 3日 (火)

コスモス寺花だより


◇水仙:≪咲きはじめ≫

水仙は地中海沿岸が原産地で、ギリシャ神話のナルキッソスが名前の由来です。
シルクロードを通って中国まで運ばれ、泉に住まう水の精、水の仙人と名づけられたのでしょう。日本へは遣唐使が持ちかえったと言われています。
寒水仙、日本水仙、雪中花の名もあります。

花期 12月~2月
    本数 3万本。
種類は一重咲きの寒水仙と
八重咲きのチャフルネスの2種類。

「水仙をまつ命なし霜の蝶」秋山文鳥
  (あきやまぶんちょう、?―1743、美濃の人、蕉門)

〔四季の花暦〕
・冬:水仙(12月~2月)
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1163
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺毎年七日七夜不断光明真言勤行式』
(さいだいじまいねんなぬかななよふだんこうみょうしんごんごんぎょうしき)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

◆【兼復当寺幷末寺近住男女。値遇不浅之故。同可載之。其外為勤行所群集之現前僧。及当寺幷常施院近住面々。恩所雖非七衆之数。恩分難黙止之故。又可載之。】

〔兼ねてまた、当寺ならびに末寺の近住(ごんじゅう①)の男女、値遇浅からざるの故、同じく之を載すべし。そのほか勤行のため群集するところの現前の僧、および当寺ならびに常施院(じょうせいん②)の近住の面々の恩所(おんじょ③)は七衆(しちしゅ④)の数に非ずといえども、恩分(おんぶん⑤)は黙止(もくし⑥)しがたきの故に、また之を載すべし。〕

① 近住=三宝に親近して住すの意。在家信者で八斎戒をたもつ者。斎戒の衆。
半僧半俗の衆ではあるが、比丘の下働きなど、寺の活動にはなくてはならない役割に従事した人々。
② 常施院=布施物(衣食)を常備して生活困窮者を救済する施設。忍性菩薩が西大寺に設置したと伝えるが、この文によれば西大寺寺内ではないが近い場所にあったものと想定される。
③ 恩所=恩のあるところ。恩人。恩はめぐみ、いつくしみの意。
④ 七衆=仏の教えを奉じ教団を構成する七種類の僧俗の男女。出家五衆と優婆塞(男性)、優婆夷(女性)の在家二衆。
⑤ 恩分=こうむった恩。            
⑥ 黙止=口をつぐんでそのままにしておくこと。無視と同意。

(つづく)

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

コスモス寺花だより


◇水仙:≪咲きはじめ≫

水仙は地中海沿岸が原産地で、ギリシャ神話のナルキッソスが名前の由来です。
シルクロードを通って中国まで運ばれ、泉に住まう水の精、水の仙人と名づけられたのでしょう。日本へは遣唐使が持ちかえったと言われています。
寒水仙、日本水仙、雪中花の名もあります。

花期 12月~2月
    本数 3万本。
種類は一重咲きの寒水仙と
八重咲きのチャフルネスの2種類。

「水仙やものにさはらぬ身のひねり」中川乙由
  (なかがわおつゆう、1675-1739、伊勢の人、蕉門)

〔四季の花暦〕
・冬:水仙(12月~2月)
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1162
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺毎年七日七夜不断光明真言勤行式』
(さいだいじまいねんなぬかななよふだんこうみょうしんごんごんぎょうしき)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

◆【一 可載亡者於過去帳事

右此勤行之起。専為訪同法也。依之。録名字於過去帳。期祈念於未来際。然則従律法興行。以降同韻修行之亡者。不簡専寺他寺。不論僧衆尼衆。於出家五衆者。隨聞及悉可載之。】

〔一 亡者を過去帳に載すべき事

右、この勤行の起こりは、もっぱら同法(どうぼう①)を訪(とむら②)わんがためなり。これに依りて、名字を過去帳に録して祈念を未来際に期す。しかれば則ち律法興行(りっぽうこうぎょう③)より以降(このかた)、同韻(どういん④)修行の亡者、専寺(せんじ⑤)他寺をえらばず、僧衆尼衆を論ぜず、出家五衆(しゅっけごしゅう⑥)においては聞き及ぶにしたがって、ことごとく之を載すべし。〕

① 同法=法(おしえ)を同じくしてともに仏道修行する僧衆、尼衆。
② 訪=弔う。「訪」と「弔」は同訓の「とぶらう」から音変化して「とむらう」になった。訪問と弔問のように語意は違うが文字を代用している。
③ 律法興行=戒律(菩薩戒・三聚浄戒)を復興したこと。
④ 同韻=韻はひびき。おもむき。趣旨、目的を同じくする。
『興正菩薩御教誡聴聞集』に「学問は韻を得べき事」、「学問は韻に入るべき事」の教誡があり、趣意、本質、目的の意で用いられている。
⑤ 専寺=当寺、西大寺のこと。
⑥ 出家五衆=比丘・比丘尼・沙弥・沙弥尼・式叉摩那。

(つづく)

| | コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

コスモス寺花だより


今日から一年最後の月、師走のはじまりです。旧の暦では冬の終わる月ですが、自然界ではまだ紅葉が見られますし、コスモスも咲き残っています。
一方では山茶花、水仙、ヤツデなど冬の花が咲き出していて、秋と冬が同居しているようです。

◇水仙:≪咲きはじめ≫

水仙は地中海沿岸が原産地で、ギリシャ神話のナルキッソスが名前の由来です。
シルクロードを通って中国まで運ばれ、泉に住まう水の精、水の仙人と名づけられたのでしょう。日本へは遣唐使が持ちかえったと言われています。
寒水仙、日本水仙、雪中花の名もあります。

花期 12月~2月
    本数 3万本。
種類は一重咲きの寒水仙と
八重咲きのチャフルネスの2種類。

「水仙や女ごころの一トねぢれ」文里
  (田辺氏、伊予大洲藩士、芭蕉の研究家)

〔四季の花暦〕
・冬:水仙(12月~2月)
・春:山吹(4月)
・夏:初夏咲きコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1161
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

『西大寺毎年七日七夜不断光明真言勤行式』
(さいだいじまいねんなぬかななよふだんこうみょうしんごんごんぎょうしき)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                


◆【一 定時節事

右以九月初四日。可為開白之日。是則当冬分長斎之月。迎本願御忌之日之故也。諸寺之僧衆。不待催促。不嬾長途。期日以前可会合。若臨時有延促者。当年行事。兼日可相觸其由於諸寺者也。】

〔一 時節(じせつ①)を定む事

右、九月の初めの四日を以って開白の日となすべし。是れ則ち冬分(とうぶん②)長斎の月(ちょうさいのつき③)に当たり、本願御忌(ほんがんぎょき④)の日を迎えるの故也。諸寺の僧衆、催促を待たず、長途(ちょうと⑤)を嬾(ものう)くせず、期日以前に会合すべし。若し時に臨んで延促(えんそく⑥)あらば、当年の行事(ぎょうじ⑦)は兼日(けんじつ⑧)、その由を諸寺に相触れるべきべきもの也。〕

① 時節=時間。時期。物事を行うのにふさわしい機会。
② 冬分=陰暦では十月から十二月までをいう。九月は秋に入るのに何故かここでは冬としている。
③ 長斎の月=長斎は長く持斎を続けることで、正月と五月と九月をいう。
④ 本願御忌=西大寺を創建した本願称徳天皇の御忌日(御命日)。
⑤ 長途=長い旅路。遠路。
⑥ 延促=法会の期日を遅らせたり、早めたりすること。
⑦ 行事=法会を執り行う責任者、会行事。
⑧ 兼日=かねての日。あらかじめ。
(つづく)


| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ