« コスモス寺花だより | トップページ | コスモス寺花だより »

2020年2月17日 (月)

コスモス寺花だより


〔いま咲いている花〕

◇水仙:≪満開≫

水仙は地中海沿岸が原産地で、ギリシャ神話のナルキッソスが名前の由来です。
シルクロードを通って中国まで運ばれ、泉に住まう水の精、水の仙人と名づけられたのでしょう。日本へは遣唐使が持ちかえったと言われています。
寒水仙、日本水仙、雪中花の名もあります。

・花期 12月~2月
    ・本数 3万本。
・種類は一重咲きの寒水仙と
八重咲きのチャフルネスの2種類。

「水仙や貧乏徳利缺茶碗」正岡子規 

◇侘助:≪見ごろ≫
◇椿:≪咲きはじめ≫ 
◇梅:≪咲きはじめ≫
◇福寿草:≪咲きはじめ≫

〔今年のコスモス〕
・初夏のコスモス:5月下旬~6月下旬。5万本。
・秋のコスモス:9月中旬~11月上旬。15万本。

〔四季の花暦〕
・冬:水仙(12月~2月)
・春:山吹(4月)
・夏:初夏のコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1185
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

(休止中)

|

« コスモス寺花だより | トップページ | コスモス寺花だより »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コスモス寺花だより | トップページ | コスモス寺花だより »