« コスモス寺花だより | トップページ | コスモス寺花だより »

2020年5月 1日 (金)

コスモス寺花だより


5・1

5月、「さつき」「さなえづき」となりました。気候は春から夏に向かい、自然界は新緑の生命感あふれる季節です。しかし、人間界では新しいウィルスが猛威を振るい、人間を押し込めてしまいました。
私たちは健康を維持するための免疫力を養うしかしょうがないのでしょうか。早く検査・隔離治療の態勢を作り、ワクチン完成の日が来るまでウィルスを封じ込めてほしいものです。

〔いま咲いている花〕

◇山吹:≪見ごろ≫種類・・・一重咲、八重咲、白山吹

「やまぶきの露のおもみやちる便」立花北枝 

◇花菱草:≪見ごろ≫別名・・・カリフォルニアポピー

「愛らしき金のさかづきさしあげて
日のひかりくむ花菱草よ」木下利玄

◇ツルニチニチソウ(蔓日々草):≪見ごろ≫ 
◇矢車菊:≪見ごろ≫
◇紫雲蘭(リナリア):≪見ごろ≫
◇その他、しゃが(射干)、日本踊子草、日本たんぽぽ、きらんそう(地獄の釜の蓋)、きんぽうげ(馬の足形)など在来の山野草も花盛りです。

〔今年のコスモス〕

・初夏のコスモス:5月下旬~6月下旬。5万本。

*只今、苗を育成中です。苗はようやく5~20センチくらいになってきました。
昨日、つぼみの付いた苗を見つけました。

・秋のコスモス:9月中旬~11月上旬。15万本。

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏のコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(9月~11月)
・冬:水仙(12月~2月)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1185
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

(休止中)

|

« コスモス寺花だより | トップページ | コスモス寺花だより »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コスモス寺花だより | トップページ | コスモス寺花だより »