« コスモス寺花だより | トップページ | コスモス寺花だより »

2020年12月 5日 (土)

コスモス寺花だより

12・5

◇水仙:≪咲きはじめ≫

「むらがれる水仙の芽に荷を解かん」中村汀女

するどい剣のような緑葉に小さな白い花が咲いています。これからお正月に向けて花数が増えていきます。そして水仙のさわやかな香りが境内に漂って。
・種類:日本水仙(一重咲き、白色)
チャフルネス(八重咲、白色、匂い水仙)
・本数:3万本

・花の期間:12月~2月

◇コスモス:≪終わり近し≫

「うらがれのコスモス一花まくれなゐ」佐藤鬼房

花はまだがんばって咲いています。霜が降りるまでは咲き続けるつもりでしょうか。

◇さざんか(山茶花):≪見ごろ≫
◇茶:≪見ごろ≫

「茶の花や庭のうしろの東山」正岡子規

椿の花を小さくしたような可愛い白い花。
かすかな香りを持った清楚な花です。
・花の期間:10月~12月

〔お茶の名産地般若寺の復活をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山の一つ(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)に数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。

〔四季の花暦〕
・春:山吹(4月)
・夏:初夏のコスモス(6月)
   紫陽花(6月) 
・秋:コスモス(例年は9月下旬~11月上旬)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月上旬)

《真言律宗の祖、叡尊興正菩薩(えいそんこうしょうぼさつ)
一代記を読む》1185
『西大勅謚興正菩薩行実年譜附録』巻の下
(さいだいちょくしこうしょうぼさつぎょうじつねんぷふろく)
    京都葉室浄住寺沙門 慧日房慈光 編録

(休止中)

|

« コスモス寺花だより | トップページ | コスモス寺花だより »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コスモス寺花だより | トップページ | コスモス寺花だより »