« コスモス寺花だより | トップページ | コスモス寺花だより »

2022年7月 4日 (月)

コスモス寺花だより

7・4

〔開花情報〕

◇初夏コスモス:≪見ごろ≫

「コスモスにぽろんぽろんと雨の降る」高澤良一

花は7月中頃まで残します。
今月は秋のコスモスを植え付ける準備をしなければなりませんので、
花を片付けながら苗を植えていきます。

◇アジサイ(紫陽花):≪終り近し≫

「紫陽花や紫尽きて浅緑」正岡子規

昨日は曇りがちのお天気でしたが、お昼過ぎに土砂降りの大雨となって、境内の通路が川のように水が流れ、歩けない状態でした。
でも1時間ほどで雨が上がり、紫陽花をはじめ全ての草木が生き返って瑞瑞しくなりました。花は最後の残り花の状態です。

◇ひつじ草:≪咲きはじめ≫
小さな黄色がかった白い花を水に浮かべる、スイレンの原生種。日本の野山にある池に自生していたが、絶滅が危惧される貴重な花。当寺では水鉢10個ほどで育てています。

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です。

〔四季の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)

|

« コスモス寺花だより | トップページ | コスモス寺花だより »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コスモス寺花だより | トップページ | コスモス寺花だより »