« コスモス寺花だより | トップページ | コスモス寺花だより »

2022年7月 3日 (日)

コスモス寺花だより

7・3

〔開花情報〕

◇初夏コスモス:≪見ごろ≫

「コスモスにぽろんぽろんと雨の降る」高澤良一

背が高く花が大きい「センセーション」という品種が見ごろとなっています。コスモスの花を見ていると、なんだか秋の庭に迷い込んだようです。
見ごろは7月初旬までです。
今月は秋のコスモスを植え付ける準備をしなければなりません。
花があっても片付けていきますが、作業は少しずつしかできませんので月の半ばまでかかると思います。苗の植え付けは20日からの予定です。

◇アジサイ(紫陽花):≪終り近し≫

「紫陽花や紫尽きて浅緑」正岡子規

今年の空梅雨、異常高温は紫陽花にとって厳しい気象となりました。
早い目に剪定をして枝葉を減らし、水分の蒸散を減らしてやらなければ本体が枯れるおそれがあります。
*人気の「アジサイガラスボール」は本堂の上り口付近と、境内の大樹の木蔭などに飾られています。ご参詣者に差し上げている絵葉書が新しくなりました。イメージ一新、暗さの中に浮かび上がる、赤・青・紫色のアジサイボールが神秘的です。

◇ひつじ草:≪咲きはじめ≫
小さな黄色がかった白い花を水に浮かべる、スイレンの原生種。日本の野山にある池に自生していたが、絶滅が危惧される貴重な花。当寺では水鉢10個ほどで育てています。

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です。

〔四季の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)

|

« コスモス寺花だより | トップページ | コスモス寺花だより »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コスモス寺花だより | トップページ | コスモス寺花だより »