« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月

2024年1月31日 (水)

コスモス寺花だより

1・31

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪五分咲き≫

「水仙のさかりや空の照おしみ」吉弘釣壷
「壺や瓶や野水仙挿しまどふほど」伊丹三樹彦

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

〇ウメ(梅):≪咲きはじめ≫白梅が咲きだしています。
〇フクジュソウ(福寿草):≪見ごろ≫
〇ロウバイ(蠟梅):≪見ごろ≫
〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記していますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、花の季節が近づいたら「般若寺公式ホーページ」か「本ブログ」でご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です。

| | コメント (0)

2024年1月30日 (火)

コスモス寺花だより

1・30

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪五分咲き≫

「水仙の花のみだれや藪屋しき」広瀬惟然
「三体の観音の残る水仙花」河東碧梧桐

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

〇ウメ(梅):≪咲きはじめ≫白梅が咲きだしています。
〇フクジュソウ(福寿草):≪見ごろ≫
〇ロウバイ(蠟梅):≪見ごろ≫
〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記していますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、花の季節が近づいたら「般若寺公式ホーページ」か「本ブログ」でご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です。

| | コメント (0)

2024年1月29日 (月)

コスモス寺花だより

1・29

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪五分咲き≫

「水仙やうき世小路の玉すだれ」加藤暁台
「水仙を遠ざかるとき近づく香」稲畑汀子

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

〇フクジュソウ(福寿草):≪咲きはじめ≫
〇ロウバイ(蠟梅):≪見ごろ≫
〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記していますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、花の季節が近づいたら「般若寺公式ホーページ」か「本ブログ」でご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です。


| | コメント (0)

2024年1月28日 (日)

コスモス寺花だより

1・28

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪五分咲き≫

「水仙の寒きかぎりを咲にけり」田川鳳朗
「水仙を遠ざかるとき近づく香」稲畑汀子

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

〇フクジュソウ(福寿草):≪咲きはじめ≫
〇ロウバイ(蠟梅):≪見ごろ≫
〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記していますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、花の季節が近づいたら「般若寺公式ホーページ」か「本ブログ」でご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です。

| | コメント (0)

2024年1月27日 (土)

コスモス寺花だより

1・27

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪五分咲き≫

「おもひ出すたぐひやはやき水仙花」榎並舎羅
「水仙や紫袱紗黒茶碗」正岡子規

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

〇フクジュソウ(福寿草):≪咲きはじめ≫
〇ロウバイ(蠟梅):≪見ごろ≫
〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記していますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、花の季節が近づいたら「般若寺公式ホーページ」か「本ブログ」でご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です。

| | コメント (0)

2024年1月26日 (金)

コスモス寺花だより

1・26

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪五分咲き≫

「水仙にあの火はゆかし障子越」各務支考
「外套の裾水仙にふちどらる」細見綾子

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

〇フクジュソウ(福寿草):≪咲きはじめ≫
〇ロウバイ(蠟梅):≪見ごろ≫
〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記していますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、花の季節が近づいたら「般若寺公式ホーページ」か「本ブログ」でご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です。

| | コメント (0)

2024年1月25日 (木)

コスモス寺花だより

1・25

今日は当山の御本尊文殊師利菩薩様の御縁日です。正月の、今年初めての御縁日なので「初文殊」と称されます。
当山の文殊様は鎌倉時代に、文観(もんかん)上人が後醍醐天皇(金輪聖王)の御願成就を祈念して造顕された尊像で、当初は秘仏として経蔵にまつられていました。
普通、文殊様の御真言は五字で「オン・ア・ラ・ハ・シャ・ノウ」と唱えますが、当寺の文殊様では八字真言「オン・アク・ビ・ラ・ウン・キャ・シャ・ラク・ダン」とお唱えします。八字文殊尊は息災法(災難苦難を取り除き、煩悩罪業を消滅してくださる)御本尊とされています。

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪五分咲き≫

「冬ごもりこの水仙や老が友」杉山杉風
「母の居間父の墓前に水仙花」星野立子

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

〇フクジュソウ(福寿草):≪咲きはじめ≫
〇ロウバイ(蠟梅):≪見ごろ≫
〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記していますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、花の季節が近づいたら「般若寺公式ホーページ」か「本ブログ」でご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です

| | コメント (0)

2024年1月24日 (水)

コスモス寺花だより

1・24

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪五分咲き≫

「行燈とれ水仙に月うけて見ん」三宅嘯山
「水仙にもつとも欲しき人ひとり」中村汀女

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

〇フクジュソウ(福寿草):≪咲きはじめ≫
〇ロウバイ(蠟梅):≪見ごろ≫
〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記していますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、花の季節が近づいたら「般若寺公式ホーページ」か「本ブログ」でご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です


| | コメント (0)

2024年1月23日 (火)

コスモス寺花だより

1・23

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪三分咲き≫

「水仙や筒の工夫に日のくるる」成田蒼虬(そうきゅう)
「句碑の径水仙咲けり野のごとく」山口青邨

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

〇フクジュソウ(福寿草):≪咲きはじめ≫
〇ロウバイ(蠟梅):≪見ごろ≫
〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記していますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、「般若寺公式ホーページ」か本ブログでご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です

| | コメント (0)

2024年1月22日 (月)

コスモス寺花だより

1・22

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪三分咲き≫

「下萌や水仙ひとり立しざり」千代尼
「水仙や朝日のあたる庭の隅」正岡子規

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

スイセンの原産地は地中海沿岸。
原名の「ナルキッソス」はギリシャ神話に残る、美青年ナルキッソスの話に由来します。

〇ロウバイ(蠟梅):≪咲きはじめ≫
〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記していますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、「般若寺公式ホーページ」か本ブログでご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です

| | コメント (0)

2024年1月21日 (日)

コスモス寺花だより

1・21

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪三分咲き≫

*今年の水仙は昨秋の暑さの影響か、開花が遅れ花数も例年より少ないです。

「一すじもあだなるはなし水仙花」岩田凉菟
「水仙や老母庭はく朝まだき」正岡子規

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

スイセンの原産地は地中海沿岸。
原名の「ナルキッソス」はギリシャ神話に残る、美青年ナルキッソスの話に由来します。

〇ロウバイ(蠟梅):≪咲きはじめ≫
〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記していますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、「般若寺公式ホーページ」か本ブログでご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です

| | コメント (0)

2024年1月20日 (土)

コスモス寺花だより

1・20

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪三分咲き≫

*今年の水仙は昨秋の暑さの影響か、開花が遅れ花数も例年より少ないです。

「水仙やものにさはらぬ身のひねり」中川乙由(おつゆう)
「水仙や古鏡の如く花をかかぐ」松本たかし

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

スイセンの原産地は地中海沿岸。
原名の「ナルキッソス」はギリシャ神話に残る、美青年ナルキッソスの話に由来します。

〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫
〇チャ(茶);≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記していますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、「般若寺公式ホーページ」か本ブログでご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です


| | コメント (0)

2024年1月19日 (金)

コスモス寺花だより

1・19

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪三分咲き≫

*今年の水仙は昨秋の暑さの影響か、開花が遅れ花数も例年より少ないです。

「水仙やぞつと出揃ふ畑のすみ」岱水
「水仙より母の白髪の白かりき」石田波郷

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

スイセンの原産地は地中海沿岸。
原名の「ナルキッソス」はギリシャ神話に残る、美青年ナルキッソスの話に由来します。

〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫
〇チャ(茶);≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記していますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、「般若寺公式ホーページ」か本ブログでご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です

| | コメント (0)

2024年1月18日 (木)

コスモス寺花だより

1・18

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪咲きはじめ≫

「茶の花の首から上や水仙花」森川許六(きょりく)
「野水仙ここに香を溜め香を放ち」稲畑汀子

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

スイセンの原産地は地中海沿岸。
原名の「ナルキッソス」はギリシャ神話に残る、美青年ナルキッソスの話に由来します。

〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫
〇チャ(茶);≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記いていますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、「般若寺公式ホーページ」か本ブログでご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です

| | コメント (0)

2024年1月17日 (水)

コスモス寺花だより

1・17

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪咲きはじめ≫

「水仙を小町が哥の姿かな」竹内十丈
「野水仙ここに香を溜め香を放ち」稲畑汀子

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

スイセンの原産地は地中海沿岸。
原名の「ナルキッソス」はギリシャ神話に残る、美青年ナルキッソスの話に由来します。

〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫
〇チャ(茶);≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記いていますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、「般若寺公式ホーページ」か本ブログでご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です


| | コメント (0)

2024年1月16日 (火)

コスモス寺花だより

1・16

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪咲きはじめ≫

「水仙は清く豆腐の寒哉」各務支考
「野水仙ここに香を溜め香を放ち」稲畑汀子

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

スイセンの原産地は地中海沿岸。
原名の「ナルキッソス」はギリシャ神話に残る、美青年ナルキッソスの話に由来します。

〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫
〇チャ(茶);≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記いていますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、「般若寺公式ホーページ」か本ブログでご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です

| | コメント (0)

2024年1月15日 (月)

コスモス寺花だより

1・15

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪咲きはじめ≫

「おもかげの透通りけり水仙花」三宅嘯山
「野水仙ここに香を溜め香を放ち」稲畑汀子

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

スイセンの原産地は地中海沿岸。
原名の「ナルキッソス」はギリシャ神話に残る、美青年ナルキッソスの話に由来します。

〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫
〇チャ(茶);≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記いていますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、「般若寺公式ホーページ」か本ブログでご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です

| | コメント (0)

2024年1月14日 (日)

コスモス寺花だより

1・14

 

〔今、咲いている花〕

 

◎ スイセン(水仙):≪咲きはじめ≫

 

 

「おく霜の敵をみかたに水仙花」乙訓
「真中(まんなか)の小さき黄色のさかづきに
甘き香もれる水仙の花」木下利玄

 

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

 

スイセンの原産地は地中海沿岸。
原名の「ナルキッソス」はギリシャ神話に残る、美青年ナルキッソスの話に由来します。

 

〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫
〇チャ(茶);≪見ごろ≫

 

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

 

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記いていますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、「般若寺公式ホーページ」か本ブログでご確認ねがいます。

 

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

 

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

 

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です

 

 

 

 

| | コメント (0)

2024年1月13日 (土)

コスモス寺花だより

1・13

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪咲きはじめ≫


「此こころ一すじやさし水仙花」岩田凉菟
「真中(まんなか)の小さき黄色のさかづきに
甘き香もれる水仙の花」木下利玄

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

スイセンの原産地は地中海沿岸。
原名の「ナルキッソス」はギリシャ神話に残る、美青年ナルキッソスの話に由来します。

〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫
〇チャ(茶);≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記いていますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、「般若寺公式ホーページ」か本ブログでご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です


| | コメント (0)

2024年1月12日 (金)

コスモス寺花だより

1・12

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪咲きはじめ≫


「水仙の花の高さの日かげ哉」千代尼
「真中(まんなか)の小さき黄色のさかづきに
甘き香もれる水仙の花」木下利玄

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

スイセンの原産地は地中海沿岸。
原名の「ナルキッソス」はギリシャ神話に残る、美青年ナルキッソスの話に由来します。

〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫
〇チャ(茶);≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記いていますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、「般若寺公式ホーページ」か本ブログでご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です

| | コメント (0)

2024年1月11日 (木)

コスモス寺花だより

1・11

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪咲きはじめ≫

水仙の開花は例年にくらべ2週間ほどおくれています。
現在で二、三分咲程度なので、見ごろは今月中旬以降だと思われます。

「水仙の台に三世のほとけ哉」渡辺吾仲
「真中(まんなか)の小さき黄色のさかづきに
甘き香もれる水仙の花」木下利玄

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

スイセンの原産地は地中海沿岸。
原名の「ナルキッソス」はギリシャ神話に残る、美青年ナルキッソスの話に由来します。

〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫
〇チャ(茶);≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記いていますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、「般若寺公式ホーページ」か本ブログでご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です

| | コメント (0)

2024年1月10日 (水)

コスモス寺花だより

1・10

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪咲きはじめ≫

水仙の開花は例年にくらべ2週間ほどおくれています。
現在で二、三分咲程度なので、見ごろは今月中旬以降だと思われます。

「水仙に霜の白さをつたへけり」夏目成美
「真中(まんなか)の小さき黄色のさかづきに
甘き香もれる水仙の花」木下利玄

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

スイセンの原産地は地中海沿岸。
原名の「ナルキッソス」はギリシャ神話に残る、美青年ナルキッソスの話に由来します。
ナルキッソスは泉に映る自分の顔に魅せられ恋をします。
毎日、泉の水面に映る己が美貌に恋焦がれ、とうとう泉に身を投じて死んでしまったそうです。
そのあとには真っ白な美しい花が咲きましたが、花はみなうつむいて咲き、水面に映る己が姿を愛でているようでした。まるでナルキッソスの精霊が花に宿ったように。

〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫
〇チャ(茶);≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記いていますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、「般若寺公式ホーページ」か本ブログでご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です

| | コメント (0)

2024年1月 9日 (火)

コスモス寺花だより

1・9

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪咲きはじめ≫

水仙の開花は例年にくらべ2週間ほどおくれています。
現在で二、三分咲程度なので、見ごろは今月中旬以降だと思われます。

「水仙の花たてまつる仏かな」各務支考
「真中(まんなか)の小さき黄色のさかづきに
甘き香もれる水仙の花」木下利玄

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

スイセンの原産地は地中海沿岸。
原名の「ナルキッソス」はギリシャ神話に残る、美青年ナルキッソスの話に由来します。
ナルキッソスは泉に映る自分の顔に魅せられ恋をします。
毎日、泉の水面に映る己が美貌に恋焦がれ、とうとう泉に身を投じて死んでしまったそうです。
そのあとには真っ白な美しい花が咲きましたが、花はみなうつむいて咲き、水面に映る己が姿を愛でているようでした。まるでナルキッソスの精霊が花に宿ったように。

〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫
〇チャ(茶);≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記いていますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、「般若寺公式ホーページ」か本ブログでご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です


| | コメント (0)

2024年1月 8日 (月)

コスモス寺花だより

1・8

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪咲きはじめ≫

水仙の開花は例年にくらべ2週間ほどおくれています。
現在で二、三分咲程度なので、見ごろは今月中旬以降だと思われます。

「水仙にあたる朝日の廻りかな」長野野紅(やこう)
「真中(まんなか)の小さき黄色のさかづきに
甘き香もれる水仙の花」木下利玄

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

スイセンの原産地は地中海沿岸。
原名の「ナルキッソス」はギリシャ神話に残る、美青年ナルキッソスの話に由来します。
ナルキッソスは泉に映る自分の顔に魅せられ恋をします。
毎日、泉の水面に映る己が美貌に恋焦がれ、とうとう泉に身を投じて死んでしまったそうです。
そのあとには真っ白な美しい花が咲きましたが、花はみなうつむいて咲き、水面に映る己が姿を愛でているようでした。まるでナルキッソスの精霊が花に宿ったように。

〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫
〇チャ(茶);≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記いていますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、「般若寺公式ホーページ」か本ブログでご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です

| | コメント (0)

2024年1月 7日 (日)

コスモス寺花だより

1・7

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪咲きはじめ≫

「水仙に口髭さはるほとけかな」三浦樗良
「真中(まんなか)の小さき黄色のさかづきに
甘き香もれる水仙の花」木下利玄

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

スイセンの原産地は地中海沿岸。
原名の「ナルキッソス」はギリシャ神話に残る、美青年ナルキッソスの話に由来します。
ナルキッソスは泉に映る自分の顔に魅せられ恋をします。
毎日、泉の水面に映る己が美貌に恋焦がれ、とうとう泉に身を投じて死んでしまったそうです。
そのあとには真っ白な美しい花が咲きましたが、花はみなうつむいて咲き、水面に映る己が姿を愛でているようでした。まるでナルキッソスの精霊が花に宿ったように。

〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫
〇チャ(茶);≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記いていますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、「般若寺公式ホーページ」か本ブログでご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です

| | コメント (0)

2024年1月 6日 (土)

コスモス寺花だより

1・6

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪咲きはじめ≫

「水仙や藪の付いたる売屋敷」浪化(ろうか、井波瑞泉寺住職、蕉門)
「真中(まんなか)の小さき黄色のさかづきに
甘き香もれる水仙の花」木下利玄

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

スイセンの原産地は地中海沿岸。
原名の「ナルキッソス」はギリシャ神話に残る、美青年ナルキッソスの話に由来します。
ナルキッソスは泉に映る自分の顔に魅せられ恋をします。
毎日、泉の水面に映る己が美貌に恋焦がれ、とうとう泉に身を投じて死んでしまったそうです。
そのあとには真っ白な美しい花が咲きましたが、花はみなうつむいて咲き、水面に映る己が姿を愛でているようでした。まるでナルキッソスの精霊が花に宿ったように。

〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫
〇チャ(茶);≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記いていますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、「般若寺公式ホーページ」か本ブログでご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です

| | コメント (0)

2024年1月 5日 (金)

コスモス寺花だより

1・5

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪咲きはじめ≫

「水仙は名さへつめたう覚えけり」千代尼
「真中(まんなか)の小さき黄色のさかづきに
甘き香もれる水仙の花」木下利玄

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

スイセンの原産地は地中海沿岸。
原名の「ナルキッソス」はギリシャ神話に残る、美青年ナルキッソスの話に由来します。
ナルキッソスは泉に映る自分の顔に魅せられ恋をします。
毎日、泉の水面に映る己が美貌に恋焦がれ、とうとう泉に身を投じて死んでしまったそうです。
そのあとには真っ白な美しい花が咲きましたが、花はみなうつむいて咲き、水面に映る己が姿を愛でているようでした。まるでナルキッソスの精霊が花に宿ったように。

〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫
〇チャ(茶);≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記いていますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、「般若寺公式ホーページ」か本ブログでご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です


| | コメント (0)

2024年1月 4日 (木)

コスモス寺花だより

1・4

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪咲きはじめ≫

「水仙や武士風俗の美少年」三宅嘯山
「真中(まんなか)の小さき黄色のさかづきに
甘き香もれる水仙の花」木下利玄

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

スイセンの原産地は地中海沿岸。
原名の「ナルキッソス」はギリシャ神話に残る、美青年ナルキッソスの話に由来します。
ナルキッソスは泉に映る自分の顔に魅せられ恋をします。
毎日、泉の水面に映る己が美貌に恋焦がれ、とうとう泉に身を投じて死んでしまったそうです。
そのあとには真っ白な美しい花が咲きましたが、花はみなうつむいて咲き、水面に映る己が姿を愛でているようでした。まるでナルキッソスの精霊が花に宿ったように。

〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫
〇チャ(茶);≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記いていますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、「般若寺公式ホーページ」か本ブログでご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です

| | コメント (0)

2024年1月 3日 (水)

コスモス寺花だより

1・3

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪咲きはじめ≫

「真中(まんなか)の小さき黄色のさかづきに
甘き香もれる水仙の花」木下利玄
「寒いめにあふてひらくや水仙花」岩田涼菟

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

スイセンの原産地は地中海沿岸。
原名の「ナルキッソス」はギリシャ神話に残る、美青年ナルキッソスの話に由来します。
ナルキッソスは泉に映る自分の顔に魅せられ恋をします。
毎日、泉の水面に映る己が美貌に恋焦がれ、とうとう泉に身を投じて死んでしまったそうです。
そのあと泉の畔には真っ白な美しい花が咲きましたが、花はみなうつむいて咲き、水面に映る己が姿を愛でているようでした。まるでナルキッソスの精霊が花になったように。

〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫
〇チャ(茶);≪見ごろ≫

〔今年の あじさい・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・9月下旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*それぞれの花期は今までの平均的な時期を表記していますが、近年の天候異変で大きく変わってきています。
今年の正確な花期は、過去のあやふやな古い情報に頼らず、「般若寺公式ホーページ」か本ブログでご確認ねがいます。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です

| | コメント (0)

2024年1月 2日 (火)

コスモス寺花だより

1・2

昨日、元旦早々の地震には驚かされました。奈良でも大きな揺れでした。被災地の皆さまのご無事をお祈りいたします。
地震では、けがをしない、火を出さない、みんなで助け合う、これが大原則です。南海トラフの巨大地震も近づいているようですからくれぐれもご用心。

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪咲きはじめ≫

「小鳥来るほどに晴れたり水仙花」村山古郷
「寒いめにあふてひらくや水仙花」岩田涼菟

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

暖冬で開花が遅れていましたが、ようやくスイセンの花が咲いてきました。これからお正月に向けて花数が増えていき、1月半ばには満開になると思われます。
スイセンの原産地は地中海沿岸。
原名の「ナルキッソス」はギリシャ神話に残る、美青年ナルキッソスの話に由来します。
ナルキッソスは泉に映る自分の顔に魅せられ恋をします。
毎日、泉の水面に映る己が美貌に恋焦がれ、とうとう泉に身を投じて死んでしまったそうです。
そのあと泉の畔には真っ白な美しい花が咲きましたが、花はみなうつむいて咲き、水面に映る己が姿を愛でているようでした。まるでナルキッソスの精霊が花になったように。

〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫
〇チャ(茶);≪見ごろ≫

〔来年の紫陽花・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・10月上旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*秋咲きは夏の猛暑の影響で開花が遅れるかもしれません。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です。

| | コメント (0)

2024年1月 1日 (月)

コスモス寺花だより

1・1

明けましておめでとうございます。
世の中の安穏と皆さまの幸多からんことを祈念いたします。
本年もよろしく。

〔今、咲いている花〕

◎ スイセン(水仙):≪咲きはじめ≫

「寒いめにあふてひらくや水仙花」岩田涼菟
「風を聞きをり水仙の香ほのかなる」種田山頭火

2万本。2種類(単弁花の日本水仙と複弁花のチャフルネス)
日本水仙は雪中花、寒水仙とも呼ばれ、
チャフルネスは匂い水仙とも

暖冬で開花が遅れていましたが、ようやくスイセンの花が咲いてきました。これからお正月に向けて花数が増えていき、1月半ばには満開になると思われます。
スイセンの原産地は地中海沿岸。
原名の「ナルキッソス」はギリシャ神話に残る、美青年ナルキッソスの話に由来します。
ナルキッソスは泉に映る自分の顔に魅せられ恋をします。
毎日、泉の水面に映る己が美貌に恋焦がれ、とうとう泉に身を投じて死んでしまったそうです。
そのあと泉の畔には真っ白な美しい花が咲きましたが、花はみなうつむいて咲き、水面に映る己が姿を愛でているようでした。まるでナルキッソスの精霊が花になったように。

〇サザンカ(山茶花):≪見ごろ≫
〇チャ(茶);≪見ごろ≫

〔来年の紫陽花・コスモス開花予想〕

〇あじさい
・5月下旬~6月下旬
・1000本。20種類。
〇初夏咲きコスモス
・5月下旬~6月下旬。
・3万本。5種類。
〇秋咲きコスモス
・10月上旬~11月中旬。
・15万本。8種類。
*秋咲きは夏の猛暑の影響で開花が遅れるかもしれません。

〔般若寺の花暦〕
・春:梅(2~3月)、椿・桜・桃(3~4月)、
山吹(4月)、梅花うつぎ(5月)
・夏:初夏のコスモス・紫陽花(5月~6月)
   未草・百日紅・秋海棠(6月~8月) 
・秋:萩・紫苑・彼岸花(9月)
コスモス(10月~11月)
   お茶(10月~12月)
・冬:水仙(12月~2月)

〔駐車場ご利用について〕
《駐車料金》:乗用車・大型バイク
*当寺の参拝専用駐車場は「般若寺護持会」によって運営されています。護持会の取り決めにより、
◎ 1時間500円
を申し受けることになりました。
(バスは1時間2000円)
*般若寺駐車場は一般駐車場ではございません。
あくまで般若寺参拝のために設けられた駐車場なので、
本駐車場に駐車して刑務所、牧場、奈良公園等、外へ出かけることは固くお断りいたします。
(この駐車場用地は明治維新で国に没収された旧境内地3万6千坪の一部737坪を、ほかの全てを犠牲にして、2度にわたり2億円を投じて失地回復したものです)

〔お茶の名産地復興をめざして〕
茶の産地を記した日本最古の文献『異制庭訓往来』(いせいていきんおうらい)によると、般若寺は鎌倉時代、お茶栽培の七名山(栂尾、仁和寺、醍醐、宇治、葉室、般若寺、神尾寺)の一つに数えられていました。この由緒ある「般若寺の茶」を今によみがえらせようと茶樹を増やしています。境内に自生する、忍性さん(鎌倉時代に病者救済の活動をされた高僧)以来の「般若寺茶」、そして現代の品種、「やぶきた」、「さやまかおり」、「べにふうき」、「おくみどり」、「せいめい」、「さえあかり」、「はると34」です。


| | コメント (0)

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »